サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

スパイの世界とは身内ですら疑い、場合によっては騙さなければならない世界であることを良く表現しています。

2016/12/13 10:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

スパイの世界とは身内ですら疑い、場合によっては騙さなければならない世界であることを良く表現しています。但し、007のそれは無関係な人間の命を失わせないためであり、基本的には平和主義者であるという点では全シリーズ共通してますね。本作でも、ほぼテロリストの正体を特定したにも拘らず、確実性を重視して泳がせようとする007と、上部や他機関との騙し合いなどに、スパイ組織の複雑さ、組織と個人との矛盾などが良く表現されています。本作でも、結局テロリスト達を泳がせておき、より多くの情報を蓄積した結果、裏に隠れていたより大きな陰謀に辿り着くという構成になっていました。このジェフリー・ディーヴァーという作家ですが、情景描写などが実に巧みですが、私のような理系的頭の人にはちょっと苦手かも。もっと直球勝負でズバズバと活劇調での展開の方が嬉しいです。
 
 冒頭からテロ防止のために出動した007は、そのまま重大テロ捜査に投入される。上司や周囲を巧みに翻弄しながらテロリストの懐に忍び込みその計画全貌を探っていく。数千人規模のテロが計画されていることまでは掴むが、何時・何処で・どういう方法でが分からないまま下巻へと。
 下巻も中盤でやっとその内容が判明。恐るべき爆弾テロを防ぐことは出来なかったが、数千人と想定された人的被害は回避できて一件落着と思ったところで、突然ピースが余ってることに気付くとは。(下P-266)余ったピースは“ノア”だけで、何処で何が計画されているのかが全く不明のまま、残された時間は12時間を切っている。この急展開には驚かされました。しかも、真の黒幕は最も怪しくない人間“フェリシティ・ウィリング”であり、仕掛けたのはテロではなく中部アフリカでの“戦争”だったとは。要は、真の目的である“戦争”を隠すため、他の人間セヴェラン・ハイトが計画していたイギリスでの巨大爆弾テロを12時間前に設定して隠れ蓑にしたという何とも恐るべき緻密な作戦だったのである。ただ残念ながら、緻密な作戦だった割には007の活躍の前にあっさりと(40ページほどで)瓦解してしまったのは拍子抜けでした。なお、各所に007の両親の死に関する情報収集の話が織り込まれている。その要点は、冷戦終了期に複数のスパイがその痕跡を消す目的で殺されており、その一環として007の両親も殺されたのではという謎の解明である。007の生い立ちに関しては他の作家の「007」でも取り上げられているが、ジェフリー・ディーヴァーもその辺に焦点を当てた続編を構想しているのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/16 20:35

投稿元:ブクログ

ジェフリー・ディーヴァーらしく、どんでん返しの連続で、読者を楽しませてくれる。
007にふさわしく、美女も多数出てくる。スマホのアプリで情報を得たりするところは、まさしく現代版007である。映画化の予定はないということだが、読者としては期待したいところ。

2016/01/27 21:32

投稿元:ブクログ

 リンカーン・ライムシリーズのディーヴァーによる、007

 いやあ、想像以上に面白かった。
 でもって、流石ディーヴァー。どんでん返しをこうもってきたかと、感嘆しました。

 ある意味、007はテンプレートであり、ステレオであり、一つのベクトルなのだと思う。
 それらから、逸脱することなくディーヴァーらしさを出しながら面白くする、ってどれだけの難題なんだと思うけれど、端々から楽しく書いてる感じがうかがわれて、それも面白くしている要因のように感じた。
 うん。ある種の束縛というかくくりは、面白くする要因なのか?
 そういや、パスティーシュって面白いものが多いし、音楽でも変奏曲は多い。

 にしても、最後の最後にとんでもなく今日的な事をもってきて、それのリアリティに恐怖したのである。
 実際、世界は燃え上がろうとしているのかもしれない。
 少なくとも、たとえ虚構の世界の話だとしても、燃え上がる要因はすでにできあがっているのだと知ること、気づくことが炎上を阻止するささやかな力なのかもしれない。

2015/06/05 09:17

投稿元:ブクログ

007がディーヴァーのストーリーに登場。
普通におもしろくて一気に読破ですが、007の読みがあたりすぎな感はありますね。

2015/01/19 20:46

投稿元:ブクログ

あちこち移動する度に登場人物が増えて、その人となりを紹介してるうちに終わってしまった感じ。まずはシリーズ取っ掛かりって感じかしら。男性より女性キャラクターの方がより魅力的なのは、ボンドを巡る人々だからなのかしら。もててるようで、浅見光彦並みにふられまくるボンドに好感は持てました。

2014/12/28 20:38

投稿元:ブクログ

ディーヴァーの新作として充分堪能できる一作。
映画だとひたすら退屈な銃撃戦も、小説なら一発一発に意味を込めてくれるから面白い。格闘シーンもそう。
キザったらしいワインやカクテルの講釈も007なら許せる。
どんでん返しもこれくらいがちょうどいいです。

2014/11/07 14:56

投稿元:ブクログ

【あのディーヴァーが放つ、まったく新たな007の冒険!】世界最高のヒーローに世界最高のサスペンス作家が挑む。9・11後の世界でジェームズ・ボンドが殺戮を阻止すべく世界を駆ける。

2015/07/23 16:20

投稿元:ブクログ

リンカーン・ライムシリーズが好きで、作者&訳者コンビにハマった延長で読みました。
当たり前のことですが、シリーズ作品と比べるとかなり物語の構成が違うな、と感じました。
ボンド視点で物語が展開していくため、映画のように読める作りになっています。その中で作者の持ち味であるどんでん返しを持ちこんだのは、流石と言わざるを得ないです。
それが007という世界的に有名なキャラクターや設定などの世界観にマッチしているかどうかは別として、この作者が書くならこうなるだろうな、という点ではとても納得できました。
007は本家や映画を含め、これまでにたくさんの作家が受け継いできたブランドなので、読む人の最初の窓口によってかなり印象と評価が分かれるのではないかと思います。
どんでん返しはひかえめです。

8 件中 1 件~ 8 件を表示