サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

なんとか生きてますッ 1

なんとか生きてますッ 1 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.7

評価内訳

14 件中 1 件~ 14 件を表示

2016/03/23 13:07

投稿元:ブクログ

「なんとか生きてます」よりは「楽しく生きてます」って感じなんだけどね。エリーさん的には財布を忘れたサザエさん
の連続なんでしょうが、読んでると笑っちゃう。エリーさんと友達になりたいわ。

2016/01/10 18:45

投稿元:ブクログ

大宮エリーさん、恐るべし。
酒を飲んで記憶を失った話は良く聞くけれど、
彼女の場合その頻度と度合いが半端ない(笑)
何しろ白ワイン一杯目で、どこの店に誰と行ったか
すべてきれいさっぱり記憶から無くなってしまうというのだから!!
エリーさんのお母さんが洗濯をしにマンションに来てくれて
なぜかエリーさんのパンツを、部屋のドアノブに一枚ずつかけて干していったというお話。。。
こちらも腹の皮がよじれるほど笑わせて頂きました。
続編も発売されたみたいなので、さっそく読むべし♪

2016/04/12 12:32

投稿元:ブクログ

エリーさん。
ほんと好き。

【とくべつ好きなもの抜粋】

・記憶がない!
マックのAppleロゴがごはんだと思ってカレーのルーをかけたエリーさん。それに対する旅人さんの言葉があたたかかった。「俺はエリーさんにライブのことをいろいろ褒めてもらって、それがとても響いたから、カレーをかけている時、俺は慌てなかったよ。むしろ、好きなだけかけたらいいって見守ってたんだ」

・サザエさん状態
エリーさん、海へゆく。
待っていたタクシーの運転手さんも穏やかな顔だった。
とても好きなエッセイ。

・インディアンの儀式

・冬眠のススメ
どうしてもアニマルカードに行きつくのがおもしろかった。

・電通マンに聞きました
ダメな人が愛される。よいなあー。

2016/02/27 08:21

投稿元:ブクログ

エリーのトホホな日常が詰まったエッセイ集。「記憶がない!」「サザエさん状態」「ブスとブサイクのはざまで」「東京タワーになる」など、『サンデー毎日』連載から“迷”エッセイを厳選収録。

自由に生きてるなぁ。

2015/01/10 20:52

投稿元:ブクログ

エリーさんのエッセイ、待っていました!愉快に笑えて肩が凝らない読みものです。生きるコントから随分経ちましたが、こうやってエリーさんの私生活を題材にした内容は今後も楽しみにしています。

2015/04/06 10:42

投稿元:ブクログ

エリーさんはこんなおかしな楽しいことを書いても
”東大だし電通だし”ってところがあるから受け入れられるんだろなー。これが高卒、三流大学の人が同じことしても受け入れられないよ。そこが計算なのか自然なのか。。
どちらにしても面白くてすぐに読めた。
酔って鍵を壁に指しまくるところとか、”あたしはねぇ、鍵が刺さらない女なんですよぉ~”ってところは読んで笑えた。
しかし、この人は独身でもすんごく楽しい人生で充実しているんだろうなぁ~。。うらやましい。。。

2015/05/07 17:19

投稿元:ブクログ

「生きるコント」の時に比べて、
テレビで拝見することが多くなったので、
実物と乖離がなくなったかんじ。
魅力的な人柄だなぁ。
断食してみたい。

2015/01/13 02:09

投稿元:ブクログ

大宮エリーさん。気になってはいたが、よく知らないお方。人となりを知る術のひとつとして、エッセイかな、と思い図書館より拝借。即読了。おもしろいね。いろーんなジャンルの人に好かれる理由がわかる。特に酔っぱらい→記憶喪失話がすごい。世の女子は勇気出る、かも?でもそれも人となりがベースかとは思うけど。

2014/11/24 09:20

投稿元:ブクログ

失礼ながら、時間がなく選ぶという意識もないまま図書館で引っ掴んだ本。大宮エリーさんの名は『板尾日記』によく出てきて、だからなんとなく板尾さんと同年輩の方かと思っていたら、そうではなく(相対的に)お若く、著名な方々とごく普通にお付き合いし、頭が良く、なんだかすごい方らしい。

2014/11/24 01:15

投稿元:ブクログ

多才な大宮エリーさんのエッセイ。
生きるコント以来。久々のエリーさんですが、相変わらず走ってるなぁ。面白い。生きるコントは過去あった事に対して、今回のエッセイは、(掲載当時の)現在進行なので余計ライブ感があるのかも。そして、会社時代の尊敬する先輩やら、走ってるエリーさんを生暖かく見守っている人々やらジーンとくるお話もたくさん。

2014/12/09 17:09

投稿元:ブクログ

この人、面白いエピソードには事欠かないね。
だから、日常を書くエッセイもこんなに面白いんだ。

タクシーに乗ってお財布忘れるのも、一度や二度じゃないし。よかったね、板尾さんに偶然会って(新幹線の中で)

また、エッセイが出たら読みます。そう思わせる本。

2015/04/22 01:02

投稿元:ブクログ

安定の大宮エリーさん。
おかんSTORYが面白すぎる。

なんとか生きてますシリーズも面白くて
人にわざわざ貸してしまった。

おかんとのやりとり、
ほっこり。
大宮エリーさんの人柄の良さと
面白さ。愛されてる感のある好い人。

生きてるだけでこんなに面白い事起きるなら、
会ってみたい、話してみたい。

ネタのストック、酒のつまみになって、
武勇伝になって語り継がれるのって、
生きてる証な気がしてきた。

そして、
おかんの謎なところ、
自分の母にかぶる。
あーおかんってこんなんこんなん。って
思ってしまう。

そして、読み終わったら、
まっ人生なんとかなるって思っちゃう。

2015/02/01 22:16

投稿元:ブクログ

以前展示の本を読んだときに、なんだこの雰囲気で乗り切る女子的なの…と思ってしまったのだけど、これは読めるような気がして挑戦。
いろんな有名な人と知り合いでみんなに好かれていて少し苦手意識が減ったかも。
でも泥酔やおかんのはなしなど、なんかデジャブ?
インディアンのが面白かったかな。

2015/03/20 16:49

投稿元:ブクログ

相変わらず文章がめちゃくちゃ上手い!
さすがは元コピーライター、どんどんと話に
引き込まれていく。

ただ、内容的には「生きるコント」の方が
個人的には好きかな。

14 件中 1 件~ 14 件を表示