サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

僕は犬

僕は犬 みんなのレビュー

  • 米代 恭
  • 税込価格:6486pt
  • 出版社:秋田書店
  • 発売日:2014/11/07
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2016/07/10 22:42

投稿元:ブクログ

キャラクターのギラギラした目元だとかアングルの付け方とかが河内遙の作品を連想させる絵柄。

ストーリーのほうはへんてこな(?)テーマです。「友達代行サービス」の会社で働く主人公がある日担当することになったクライアントは「引きこもり」のお嬢様。「私のペットになって」という依頼に主人公の青年の生活はめちゃくちゃになってしまいます。しかししつけに厳しい父親への服従にひとつの「安心」を抱いていた彼──そして父親の再婚とともに父親の支配が弱まり不安を抱いていた主人公はそこに、新しい代替となる主従関係を見出す。その飼主-ペット関係は実のところお嬢様が大好きな青年のために、彼の鬱屈を読み取った結果たぶんに意図的に演出したものでもあるらしく…という感じ。ある種の「救い」がないわけでもないですが、とりあえず「課題解決型」(?)のストーリーではないです。

『あげくの果てのカノン』もそうですが屈折のある主人公たちが屈折しっぱなしで身を破滅させていくストーリーは見ていてはらはら愉しいものですね。

1 件中 1 件~ 1 件を表示