サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

手紙物語

手紙物語 みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

電子書籍

分からなすぎた…

2016/09/07 01:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんだろう…短編集なんですが 誰が読んでもスッと分かる話の閉じ方ではなくて、続きが見えそうで見えないような不思議な感じでした。



余韻が、あるような。

その続きを自分で想像・創造する才能が手に取った読者にあれば、無人島に持って行った時にも退屈しないんでしょうが、スラスラっと読もうとすると ハァ!!?とモヤモヤしてしまうかもしれません。

小説を読む人にオススメです。フツーのマンガのように絵やセリフで全てスパッと理解したい人には…どうでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/26 00:23

投稿元:ブクログ

鳥野しのという漫画家の懐の広さはよくわかった。
ただ、もうちょっと踏み込んだモノが読みたかったなぁ・・・とは。我が儘。

2015/01/20 21:23

投稿元:ブクログ

1話目でぎゅっと持ってかれたなー。
恋愛ものはよほどなまぐさいやつじゃないと楽しめないわたしですが、ファンタジー混ざったやつは別。きゅんとしました。

鳥野しのさんの漫画は初めて読みましたが、少年がめっちゃ可愛い。萩尾望都さんとか好きな方面にはたまらんのではないでしょうか。

手紙ってやっぱいいよなあ…
メールなどリアルタイムな通信が普及すればするほど、人によっては手紙の手触りやタイムラグへの愛が募るとおもいます。

いちばんグッときたのは1話だったんだけど、根底に流れる優しい雰囲気と「手紙」というテーマだけは変わらぬままこれだけ毛色の違うお話を描ける鳥野さん、凄いと思う。デビュー作も気になります。

2014/11/15 23:20

投稿元:ブクログ

オハナホロホロの作者さんの短編集。
現在日本からヨーロッパ、宇宙まで、色んな世界観を描ける人だな~とビックリ。

オークションの話が面白かったけど、せっかくミステリ色の強い話なので、読者も推理に参加できたら尚楽しかっただろうな~
たとえば「彼女」の正体を匂わせるような行動や訛りが入って、探偵役がハッとする描写があったり、手紙の背面を描写したり。

指名手配犯と坊の話も好き。

2015/03/13 18:40

投稿元:ブクログ

今現在は休刊してしまっているジャンプ改で、リアルタイムで読んでいた時も、しみじみと思ったが、温かな絵柄で切ない優しさをストーリーから引き出せる先生なんだな、鳥野先生は
代表作であるらしい、『オハナホロホロ』は恥ずかしながら未読ではあるが、この『手紙物語』に劣らぬほど、心が癒される作品に違いないだろう
まず、帯に偽りなしってのが、高ポイント。確かに、この作品は無人島でヒシヒシと襲ってくるであろう孤独感を消すまではいかないにしても、紛らわせてくれるに違いない(まぁ、私みたいな漫画読みは、もっとイイ漫画を読みたくなって、余計にモヤモヤしちゃう可能性大だが)
この『手紙物語』にはタイトル通り、人から人へ贈られる「手紙」が深く関わってくる「物語」が収められている。多分、『五番街の白やぎさん』(結月さくら先生)が好きな読み手には、ドンピシャだろう
この作品の凄い点は、五編のジャンルが被っていないトコだ
ファンタジー要素が絡んだ、相手を愛しく思う故に哀しい結末になってしまう純愛モノの『苺とアネモネ』、主がたった一人の女性を想って綴った手紙を全力で運ぶ、誇り高き使者の姿に胸を打たれる『白き使者』、許されざる罪を負った男が、一人の少年の傷付いた心を癒し、救う為に優しい嘘を重ねた末に平穏を得る『日雀(ひがら)』、様々な人間の思惑が絡み合って生まれる疑心暗鬼と、巧みな虚偽の中だからこそ、美しい青い光を放つ父と娘の真実の絆に探偵小説好きの女性が迫る『シュレディンガーの恋人』、今は無き星の最期の光を追うからこそ、気を遠くなるほどの時が過ぎ去っても褪せない、燦然とした友情が美しい『星の林に月の舟』
どれもジャンルが違うからこそ、お互いの話の好さを邪魔していない
男性も、女性も、読んだらきっと、ウルウルしてしまうな
また、ベタな反応ではあるが、手紙を大事な誰かに送りたくなってしまうだろうし、逆に欲しくなってしまうだろう
メールやライン、それに対してケチはつけないけど、ペンを取って、自分の字で、自分らしい文章を書くからこそ、相手にしっかりと気持ちが伝わる時もある、と私は思いたい
『手紙物語』で泣ける読み手が必ずいる以上、きっと、手紙の文化は廃れない
この台詞を引用に選んだのは、己に誇れる任を果たす為なら命を惜しまぬほどの誓いとは、誰でもなく自らの魂に向かってするものなんだな、と胸を打たれたから

2014/12/19 16:45

投稿元:ブクログ

なんだろ?
読んだんだよな?ってくらい印象に残る作品がないな。
読んだときはああ、いいなーって思うんだけどな。
不思議だ。

絵は相変わらず綺麗。

2014/11/10 11:12

投稿元:ブクログ

なんですか?!!この短編集!!
すごいです。
一話目の「苺とアネモネ」でいきなりがつんとやられました。
短い物語なのに、すでに涙。
「日雀」もよかった。
その他の作品もみんなタイプの違う話だというのにどれもすごく魅力的で温かくて心を揺さぶった。
すごい宝石箱みたいな短編集。
これはすごい。

2014/11/23 22:44

投稿元:ブクログ

レビュー評価が高く、気になって購入しました。

決してつまらなくはないんだけど、目新しさも特筆する面白さもないかな、というのが正直な感想です。
新海誠とか九井諒子とかの類の、
あーゆーちょっと不思議なストーリーテラーとしても、私イケるんですよ!(ドヤ)
っていう筆者のアピールを感じてしまいました…
短編なだけあって、話の展開が唐突で不自然な部分も(*_*)

あくまで主観ですのであしからずw

2014/11/27 01:31

投稿元:ブクログ

ありきたりかな〜とは思うし真新しくは無い。全体的にほんわかし過ぎてメリハリが感じられないけど一番好きな短編は「シュレンディンガーの恋人」このタイプの主人公好きだなぁ。これで連載してほしいって思う。切ないなぁとは思いつつ良く分からなかったのが「星の林に月の船」私はSFは好きなんだけどこういった何処かしら暈した表現の話が苦手なんですよね(汗 …この手としてはもう一歩踏み込むべきモノが足りない(綺麗だけど浅い)てのが全体の印象。

2016/07/28 22:31

投稿元:ブクログ

手紙に纏わる短編集。ん?なんだ?ポ○ョか?ジブ○か?と思った作品が続いたり、オチがよめる作品があったりで、期待してたほど響かなかった~。でも時代や国は違えど共通して手紙ってやっぱりロマンがあって素敵よねってのが詰まった作品

10 件中 1 件~ 10 件を表示