サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

エバーアフター (ボーイズDuOセレクション)

エバーアフター (ボーイズDuOセレクション) みんなのレビュー

  • えすとえむ
  • 税込価格:7026pt
  • 出版社:アイプロダクション
  • 発売日:2014/11/25
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

おとぎ話に味付けしたBL作品

2017/03/31 01:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編でBLな落ちをつけなきゃいけないため、ちょっと詰め込みみたいな印象を受けました

が、面白かったです。
かぐや姫のしっとりした雰囲気が良かったです。
シンデレラのアルバート王子は……これは検索してみましょうw痛い…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/17 16:53

投稿元:ブクログ

シンデレラ、赤ずきん、人魚姫、美女と野獣、かぐや姫、カルメンの話を現代BL風にアレンジした短編集。


【シンデレラ】王子様→王子様、シンデレラ→エラード
ある夜、エラードと王子様の二人はキャッスルというSMクラブで出会う。
相手のことが忘れられない王子様はエラードが忘れたハイヒールを手がかりに、結婚相手としてエラードのことを探すことに……

プリンス・アルバートがこの話のキーワードです。
シンデレラの話を、SMを織り交ぜて描かれています。


【赤ずきん】赤ずきん→赤ずきん、狼→おばあさんの遺産を狙う男、狩人→弁護士
おばあさんの遺産を狙い、お菓子と毒入り葡萄酒を手土産にお見舞いにいく赤ずきん。
おばあさんの家に着くと一人の男がいた。
おばあさんはその男に遺産を相続させると言う。
おばあさんの遺産の行方は———?

後半のBL展開が見所です。
赤ずきんちゃんがエロ可愛い。


【人魚姫】人魚姫→人魚、王子様→社長
ある日、自分のことを人魚だと言い張る男を拾った。
その男は素性を明かさぬまま突然いなくなってしまう。
再び現れた男は社長が進めていたシーサイドリゾート計画の撤回を求めてきて——。

結末が変わってしまうのでオリジナル要素が強いと思います。
ハッピーエンドでよかった。
人魚とヤレるのかが唯一の疑問。


【美女と野獣】美女→新人編集者・ベルモント、野獣→小説家
決して人前に姿を見せない小説家の原稿を取りに来た新人編集者のベルモント。
元々先生のファンであったベルモントは先生のために献身的に尽くそうと努力する。
先生の本棚を見ると先生の作品で読んだことのないものを見つける。
この本になにか秘密が隠されているはずだが、それが何かわからなくて…

ベルモントがデブ専で先生の努力が実らなかったところが面白かったです。
笑顔で高カロリーな物を食べさせるベルモントがえぐい。


【かぐや姫】かぐや姫→モデル・香具山輝也、竹取翁→デザイナー・大木直人、満月→カメラマンの男
デザイナーの大木直人はある夜、美しい男を見つける。
男の名前は香具山輝也。
彼を自分のブランドのモデル“KAGUYA”としてデビューさせる。
パリでOKINAのファッションショーがあった日、輝也はある男と出会う。
その日は満月の夜だった———。

この話の中で描かれている満月が人間だというところがいい。
月に還るかぐや姫の話が現実的な話に感じられると思います。


【カルメン】
話はほぼ原作と変わらないです。
違うところはホセとリュカスが身体の関係であり、ホセはカルメンではなくリュカスを愛しているという点です。
これに伴って、ホセが嫉妬故にカルメンを刺す理由も少し変わっています。
原作とは違った三角関係の結末が短いページの中で上手く纏められていて読みやすかった。

2014/12/09 04:08

投稿元:ブクログ

──全てのおとぎ話は1%の真実と99%のボーイズラブからできている

「シンデレラ」
「赤ずきん」
「人魚姫」
「かぐや姫」
「美女と野獣」
「カルメン」(描き下ろし)

という誰もが知っているおとぎ話をBL風にアレンジした短編集です。

美女と野獣とカルメン以外の作品は電子書籍の方で読んだ事があるので
どういう話かは既に知っていたのですが、どれも凄く面白いお話だったので
いつか単行本化してくれないだろうかと密かに願っておりました。
なので単行本化されると聞いた時はもう嬉しくて嬉しくて…!(笑)

手元に届いて改めて全てのお話を読み直しましたが、どのお話にも
えすとえむ先生特有のスパイスとひねりが利いていて
やっぱり面白いなぁ…としみじみ感じました。そして安定のお洒落感。
BLの童話パロは世に沢山出回ってると思いますが、私はここまで
アダルティ且つビターでお洒落な童話を読んだ事がありません。
まさに”BLを嗜む大人の為の童話”って感じです(笑)

中でも個人的にお気に入りなのがシンデレラと赤ずきん。
どちらも現代風にアレンジされているのですが、シンデレラの方は
プリンス・アルバートと王子をかけたお話で、オチの意味が分かった瞬間、
ある意味凄く感動してしまいました。よくこんな話を思い付くな…と。
そしてプリンス・アルバートというおそらく生きて行く中で無駄であろう…
というか人に言えない知識がまた一つ増えたのは私だけじゃないはず(笑)

赤ずきんの方はお話全体がかなりブラックで面白いです。
登場人物(ほぼ)全員”悪”って感じです。
この可哀想な狼さんと赤ずきんの行く末がとても気になっていたのですが
どうやら近々おまけ漫画をWebの方で公開されるらしいので
同じように気になる方はチェックしてみると良いかと思います。

とりあえず私はこの人の描く曲線と横顔がとてもエロティックで
好きだという事を声高に主張したいです…!!

3 件中 1 件~ 3 件を表示