サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

バンクーバーの朝日(マガジンハウス文庫)

バンクーバーの朝日 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

13 件中 1 件~ 13 件を表示

2015/08/02 23:32

投稿元:ブクログ

国とは国民全体の利益を守る仕組み。
国が国民を守れなかったとき、国民は国民で無くなり、民族に戻る。
そして民族のリーダーが民族を守れなかったとき、その民族は滅亡もしくは併合される。
地球上では繰り返されていることではあるが、日本からの移住者達は、それが国により半ば恣意的に引き起こされたという点でより悲愴感を増す。

秦の始皇帝により中国が統一されなように、武力をもってしか国境を無くすことは出来ないのでは無いかと悲観的な思考
にならざるを得ない。

2014/12/11 23:37

投稿元:ブクログ

戦前のカナダの日系移民人達がこんなにも大変な思いをしていたなんて、知らなかった。

夢を見て移住した先での差別、戦争に翻弄される中、野球チーム「朝日」は人々の心の支えとなっていたに違いない。

2014/12/31 11:00

投稿元:ブクログ

2014/12/30
めっちゃ良かった!
3点
○時代は違えどいろんな面で自分のライフとオーバーラップする
○妹役の子めちゃ演技うまい
○なんかここに人生の本質があるような気がしてしまう

2015/04/18 11:49

投稿元:ブクログ

カナダに渡った日本人の存在など知らなかった。
日系移民たちの野球チームが彼らの支えとなったようだ。

2015/02/08 16:48

投稿元:ブクログ

映画は観ていませんが、薦められたので読んでみました。
そして映画も是非観たいと思いました。

野球を信じて生き抜く強さ、逞しさに野球をそれほど知らない私も感動しました。
また、野球だけでなく、「写真婚」で夢見てカナダに来た和子や奨学生として信じたせいの話は衝撃でした。こんなことが実際にあったなんて。。もちろん、男性の力も凄いけれど、その裏には寡黙にその男性達を支える日本人女性の逞しさがあったのだと思います。

2015/01/21 21:07

投稿元:ブクログ

別に映画が好きなわけではなく。
この映画を見たいわけではないのですが。。。
本屋でこの本を見た時。作者が伊集院静氏の娘さん
が書いてるんだ!!とおもって買いました。
特に彼女の作品というわけではないようで。

2015/01/18 21:51

投稿元:ブクログ

映画「バンクーバーの朝日」の公式の小説。作者は史実をよく調べその辺はうまく表現しているけれど、登場人物の心情の表現は何か薄い感じで,言葉をその心を表現する言葉ではあるが、読み手の心に迫ってこない。またこれは私のうがった見方かもしれないが、出ると負けの日本人野球チームが、カナダへ移民した日本人、とりわけ子どもにとって「あこがれのチーム」であるごときの表現は違和感がある。もし本当にそうであるならば、その事情が他にあったのではないかと思う。日本人移民の厳しい環境、生きていくための手段など表現はされているが中身が薄いのか,表現力が弱いのか,私の心に響いてこなかった。

2015/06/27 12:08

投稿元:ブクログ

"海の向こうで三年働けば、日本で一生楽に暮らせる"。100年前バンクバーに渡った日系移民たちの希望の星となった伝説の日本人野球チームの物語。まともに勝てる相手ではないカナダチームに果敢に挑む。そして編み出した秘策とは。。読出しは、青春スポコン小説かと思いきや、読み進めるにつれ、時代と国家に翻弄された日系移民の苦悩が浮き彫りにされていく。過酷な労働、人種差別そして想像を絶する貧困。悲壮感を漂わせず、野球を通じて逞しく前向きに生きる様をテンポよく記す。真実の重みゆえ、どんな境遇でもあきらめない強い気持ちになれる感動、人間賛歌の物語ですよ~。

2015/10/17 19:07

投稿元:ブクログ

日系移民の方々は相当な苦労があったんだろうと想像はできますが、本書を読んで特に差別社会や戦時中での苦しみを改めて認識。半ば騙されて渡航してしまったのはひどい話だが、日本に残っていても辛い時代だったようですね。
そんな厳しい状況の心の拠り所にである野球で奮起する二世の奮闘…よくある構図ですが、素直に感動します。
チームメンバーにレジーの妹が歌を披露する場面とか特によいですね。

2015/05/06 09:49

投稿元:ブクログ

フランクが撃たれるシーンでほんとに戦争は嫌だなって思った。誰のために戦っているのかも理解できないし、憎くもない人を戦争という理由で殺すなんてやっぱりわからない。人から思考を奪うってことは戦地でなくても仕事場でもあるかもしれないけど‥‥。清二がレジーのためにグローブを買うシーンが好きだ。野球が大勢の人たちを繋いでいく。素敵なことだと思う。

2015/01/06 18:40

投稿元:ブクログ

この時代には生きていなかったけれども、現実を知れた気がします。
野球があるから頑張れた。
何かを励みに辛いことも頑張る。
明るい光を探して努力する。
この2つは今も昔も共通だなと思います。
私達の知らない、忘れてはいけない時代の出来事を映画や本を通して知れることは素晴らしいことだと思います。

2015/01/10 07:59

投稿元:ブクログ

(映画)
時代の運命に従順な人々の話。
抗っても仕方がないと思っていたのか、何かもやもやする作品でした。

2016/03/16 23:10

投稿元:ブクログ

映画のノベライズらしいです。表紙が妻夫木聡だったから原作かなと思ったんですがね〜。

第二次世界大戦前にカナダへ移住した日本人たちが作った弱小野球チームが、頭脳プレー、チームプレーで次第に頭角を現してくる。そしてそのフェアプレイで次第に受け入れられていく。だが時代は戦争に向かい転がり落ちてゆき、他国で暮らす敵性外国人である彼らに暗い影が落ちる事になるのであった。

小さな体で大きなカナダ人達に対等の勝負をした彼らの活躍にはぐっとくるものがありました。

13 件中 1 件~ 13 件を表示