サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

たった1日で即戦力になるExcelの教科書 みんなのレビュー

専門書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.3

評価内訳

28 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

とても参考になりました

2016/01/31 23:22

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:晴れたらいいね - この投稿者のレビュー一覧を見る

エクセルの本は何冊も買って読み、関数もある程度知っているつもりでしたが、組み合わせることで、より実用的になりました。また変動していく部分を、いかに短時間で間違いなく作業していくためにはどうするかが書かれていて、さっそく活用して今まで作った表に使ってきた関数をより良いものにすることができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1日というわけには...

2016/01/31 16:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earthbound - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルどおり一日でと言うわけにはいきませんが、Excelが苦手な人には辞書として使うのに最適です。
今更入門書読んで一から勉強する必要は無いけど、ちょっとしたことを知っているか知らないかでExcelの見栄えは大きく変わります。
そういった点で、辞書代わりにこの本を使うのはお薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わかりやすい

2015/11/12 12:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほし☆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

説明がわかりやすく、資料作成にすぐ役立つ内容でした。スキルアップを考えている友達にもプレゼントして喜ばれましたよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実用的な教科書

2015/03/18 11:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SA - この投稿者のレビュー一覧を見る

エクセルの教本は数多くありますが、これは非常に実用的だと思いました。
現場で良く使う関数をピックアップしたりもして、初心者にも判りやすいです。
関数を丸覚えするのでなく、いかに工夫して組み合わせるかなど、
読んでて参考になりました。 エクセルを使うにあたっての発想の仕方など、実際の業務
をするにあたってのヒント等があちらこちらに散らばっていると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/28 14:28

投稿元:ブクログ

引用続き ADDRESS/INDIRECT/OFFSET/ROW/COLUMN/LEN/FIND/LEFT/MID/RIGHT/SUBSTITUTE/ASC/JIS/UPPER/LOWER/PROPER/TEXT/CODE/CHAR/CLEAN/PHONETIC/CONCATENATE/ISERROR/REPLACE/TRIM/VALUE/NETWORKDAYS

2015/04/23 17:04

投稿元:ブクログ

[三葛館一般 007.6||YO]

エクセルは使っているけど、機能を理解して使えこなせているとは思えない人!注目~!!
本書は、よくあるエクセルの基本操作を解説した入門書ではありません。日頃エクセルを使っていて、「Excelぐらい、まあなんとかなるよ」と思っている読者に、なんとかなっていることも、こうすればエクセルの機能を使って、画期的に効率よく作業が進められることを教えてくれます。
まあなんとかなっているあなたも、なんともなっていないあなたも、はじめから順番に、あなたのエクセルの知識を確認していきましょう!仕事、研究など、あらゆるエクセルを使った作業に役立つはずです。

目次------------------------------
はじめに
第1章 最初に知っておくべき7つのポイント
第2章 数式を制する者はExcelを制す
第3章 真っ先に知っておきたい6大関数
第4章 応用と組み合わせで関数の威力を10倍高める
第5章 日付と時刻の落とし穴を知らずにExcelを使う恐ろしさ
第6章 文字を自在に扱う
第7章 表作成の極意 ~日々の資料作成を効率化するには
第8章 成果につながるExcel仕事の本質をおさえる
おわりに
-----------------------------------
(もも)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=80468

2016/08/11 12:25

投稿元:ブクログ

ショートカットや関数などは実用的なものが中心的で、明日から使えるものが多かった。

こういうデータが欲しいなら、こういう関数をこういう風に使えば良い、とまとめてあるので、イメージしやすかった。

2015/02/17 12:21

投稿元:ブクログ

ほとんど知ってることだったが、いくつかは役立つことがあった。
25:00表記できる書式設定
不連続な空白をまとめて埋める方法
相対参照を絶対参照に置換するショートカット
など。
知ってると思っていることでも、勉強し直してみると、新たな発見があったりしますね。

2015/12/27 21:48

投稿元:ブクログ

タイトル通り、実践的で役に立つexcelの教科書。
自分には非常にちょうどよい教科書だった。
わかりやすく良著。

<メモ>
・知っておきたい機能9つ 条件付き書式、データの入力規則、並び替え、オートフィルタ、ピボットテーブル、オートフィル、シートの保護、検索と置換、ジャンプ
・ショートカット ctrl+1→書式設定  ctrl+enter→複数セルに一括入力
・ファイル→オプション→保存→ブックの保存自動回復データ感覚
・オートコレクト設定
・xlsxファイルはマクロが使えない。場合によってはxlsファイルが望ましい。容量はxlsxが軽くなる
・count関数 数値が入力されているセルの数を数える
 counta関数 空白以外のセルの数を数える。
・引数設定は列全体にすることでメンテナンスを楽に。
・重複セルを判定する。COUNTIF関数を使い、左のデータの重複数を数える。一括で削除するには、重複カウントの数式をそれまでに出てきている数にし、1以外となっている行を一括で削除すればよい。
・vlookupで数字を入れずに処理をうまくするにはcolumn関数を用い、もってくる列番号を設定する。ただし、元データと列順が違う場合は用いられず。
・match関数、1つ目の引数が2つ目の引数の何番目にあるのかを取得する。→vlookupの順番のところでmatch関数を用いて指定する。
・同じ検索値が複数ある場は、検索値を合体させて新しい数字を作って、それで検索値を指定する。
・offset関数 1つ目の引数から二つ目の引数の分行を移動し、三つめの引数の分列を移動する。
・エラー値を表示しないiferror関数。F2を押して、イコールの後にiを入力すると選択できる。その後tabを押すと補完入力される
・見やすい表を作るには。
 設定したい範囲を選択。条件付き書式で数式を使用して書式設定するセルを決定MOD(ROW(),2)=1と指定し、塗りつぶしを選択する。
・データ入力規則で日本語入力で無効にすると半角英数以外選択できなくなる。
・数式タブ→名前の定義→名前入力参照範囲設定→名前の定義が完了する。
・offset関数はセルの範囲も指定可能。4引数が高さ、5引数が幅。参照範囲にこのoffset関数の範囲指定を活用することで、追加に対応した流動的な範囲設定を行うことが可能になる。
・まとめて演算したいとき、例えば1000倍したいとき、1000と入力したセルをコピーし、1000倍したいセルをまとめて選択、右クリック形式選択貼り付けで値、乗算を選択すると1000倍されてはりつけられる。
・コメントを一発削除するには、ctrl+gでジャンプを起動し、セル選択をクリック→空白セルを選択してOK→表内の空白セルがすべて選択される。そのまま=↑とし、ctrl+enterとすると、選択されたすべてのセルに同様の入力が反映される。
・シート保護 セル選択→ctrl+1→ロックからチェック外す→ロックされたセル範囲の選択からチェックを外す。
・印刷で複数印刷の際に、見出し行だけ前頁印刷するには、シートタブでタイトル行ボックスで範囲していする。
・分析用に変換マスタを別シートで作っておく。
・ピボットテーブルだと自動更新や再現性に難があるため、データ��ーブルベースですべて数式反映の法がのぞましいかも。

2015/04/02 22:00

投稿元:ブクログ

とても良かった。付箋多数。
早速、仕事で役立ってます。

ビジネスにおいてよく使われる(使われるべき)基本的な関数がメイン。
便利なショートカットキーも。
(「Ctrl+1」=セルの書式設定でヤラれた)

いくつかの関数とそれらを組み合わせるアイデアがあれば大抵のデータ集計・分析はできる。

マクロは出てこない。ピボットテーブルも否定派。

2015/04/27 22:28

投稿元:ブクログ

エクセルを仕事で扱う人は読んで損はない。それくらい、使える技術が多く入っている。

力技で表をデコレーションする必要もなく、関数で多くのことができるようになり非常に便利。

手元に置いておきたい一冊。

2015/04/22 23:39

投稿元:ブクログ

「すべてのエクセルの関数とかを知る必要はない!」として、実用的なものだけを教えますみたいな本だったが、どれもこれも本当に役立つスキルだったし、本当にこれ1冊読めばかなりエクセルが使いこなせるようになる。とても役に立ちました。

2015/09/29 00:58

投稿元:ブクログ

まず一章読んでみた。知らないことがけっこうあって、ほうほうなるほど、と読み進められた。有用。
たとえば、CTRL+G(ジャンプ):一定の条件に合うセル(コメントがはいっているとか)を一括選択して処理することができる。

2015/01/24 14:02

投稿元:ブクログ

最近やけに売れていて気になっていたのだけど、図書館にあったので読んでみた。
自分は仕事でもそんなにエクセル使うことないのだけれども、数時間かかる作業を数分ですますことができたなんて経験してみたい。もしくは、他人が数時間かかってる作業を、「こうしたら早くできますよ」なんて言って数分で終わらすような。Excelにかぎらず。
読んでみると、アルゴリズムに通じるものがあったような気がする。こういうのが思いつく人は、プログラマに向いてるんじゃないだろうか。
OFFSETとMATCH関数の併用でVLOOKUPでできなかった検索値の左側の値を取得できるとかね。VLOOKUP関数ってややこしいから、右側でもこのやりかたでいいんじゃないか?
F4キーで絶対参照入力ができるということを初めて知った。絶対参照の記号って&だっけ? #だっけ? とよくなるからこのキーは覚えておきたい。
後、自分、Excelに標準でついてる『重複の削除』機能をよく使ってるんのだけれども、バグがあるのか・・・。

2014/11/02 10:54

投稿元:ブクログ

この本は単にExcelの機能を説明することではなく、「ビジネスの場面でいかに効率化を進めるか、有益な情報を与えるか」という点からスタートしてる。だからこそ生まれる細やかなポイントが参考になります。

具体的に「ここは使える!」と思ったのは次の点。

・集計後、定型のフォーマットに落とし込む場合はピボットテーブルよりフォーマットにsumifを組み込むほうが効率的&ミス減る

・パレートの法則(全体の2割で8割を説明できる)をExcelを使っていかに見出すか

・重くないはずのデータが重い場合に検証する方法&軽くする方法


その他にも、文中でちょこちょこ小ネタがあり、本当に実務のシーンを捉えていると感じる本です。

Excelで面倒な作業を扱っている人は必見の一冊です。

28 件中 1 件~ 15 件を表示