サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍

認知症を見る新しい観点

2016/10/25 20:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三葉虫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

認知症といえば、記憶障害、見当識障害、実行機能障害で特徴付けられるのだと思っていたら、最近では社会脳の障害も中核症状の一つと考えられるようになったのだそうだ。それを紹介している本である。社会脳というのは、他者との関係を築くために必要な様々な社会的認知機能をうけもつ部分で、脳のいろいろな部分に分散して存在している。認知症というのは、脳が縮小するような現象だから、縮小する場所によってさまざまの社会脳機能が損なわれてゆく。ただし、どのような社会的認知機能が損なわれるかは、人によるらしい。このように考えられるようになった背景には SPECT など脳の画像化技術が発達して、脳のいろいろな部分が受け持つ機能がだいぶんわかるようになってきたということがあるようだ。

脳の科学とか精神医学というのは、最近でもわりとよく常識が変化していることに驚く。社会脳と認知症と結びつけるということは、私はこれまで聞いたことがなかった。脳は、それだけ今までよくわかっていなかったということだろうし、これからもまたどんどん見方が変わってゆくのだろうと予想される。

注目すべきことの一つは、著者が脳神経外科医だということだ。認知症といえば、ずっと精神科の領分だったはずだが、最近では脳神経外科からもアプローチしてきているということのようだ。近所にも脳神経外科で認知症に力を入れている病院がある。といっても、治療の仕方は精神科と変わらないようだ。本書の特色としては、SPECT などの脳の画像を多用していることがあるが、これが脳神経外科医としての特色なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/19 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/17 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/09 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/30 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/25 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

6 件中 1 件~ 6 件を表示