サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

脱・限界集落株式会社

脱・限界集落株式会社 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー35件

みんなの評価3.5

評価内訳

35 件中 1 件~ 15 件を表示

2016/04/10 15:23

投稿元:ブクログ

今度は止村ではなく、幕悦の商店街が舞台。
前作がかかわってくるので、『限界集落株式会社』は読んでおいたほうがいい内容。
商店街の活性化は、正直あまりイメージできないが、こういう形ならありかも、と思わせてくれる。
少々うまく行き過ぎ感もあるが、楽しく経済について考えられる一冊。

2015/01/20 12:11

投稿元:ブクログ

限界集落株式会社の続編。表紙中央の赤いエプロンがつぐみで,青いエプロンは健太。端に不良の木崎。虎爺は裏面~TODOME株式会社の経営は順調に滑っていったが,優はさらに成長戦略を採りたく,美穂は現状維持を採りたく,多岐川夫妻は別居を始めた。美穂は幕悦駅の近くの商店街・上元にある未亡人が経営するコトカフェに出向し,地域コミュニティー作りに協力している。一方,優の友人・佐藤は,TODOMEとベジタ坊を使い,TODOME・マライアモールを立ち上げ,近隣からの客も呼んでいる。佐藤は,駅前にも第二モールを作る計画を立て,再開発でコンパクトシティを作ろうとしている。コトカフェは年寄りの憩いの場だけでなく,モールで働く主婦から子どもを預かることまで始めた。東京から空いたシェアハウスに移ってきた長谷川健太はアルバイトのつぐみが気になり,働こうとしないハウスの仲間を引き摺り込むほど,地域に溶け込み始めた。美穂の妊娠が判明し,偵察に来ていた優は佐藤の戦略に対抗する参謀となる。料理研究会は移住してきた研究家やツアーディレクターを巻き込み,止村で農業体験をした後,コトカフェ3に立ち寄って,食材を購入するようになるが,佐藤は再開発準備委員会を立ち上げ,モールへの抜け道になっている商店街は歩行者天国と青空市を実現する。役場から出向している金森は佐藤が駅前を外資に売り渡そうとしている計画を嗅ぎつけて,上司の井筒に告げるが,取り合おうとはしない。佐藤の説明の最中に壇上の金森はそんなのは嘘っぱちだぁと叫んでしまった。投票が延期されたのは,大きなテナントであるマライアが引き上げ,出資元の外資系ファンドが契約を楯に,簿価での株の買い取りを役場に求めたらからだった。金森は善根展開する家電量販店の地元出身の社長と連絡を取る~前作の「何だか少し方向性が間違っているような気がするが,大きな金が動かないと元気にはならない。星野リゾートや・・・と思うが,地元の農業は残らないかな。休耕地にユンボを・・・だ。手間と時間を掛けるより,金を・・・。その手を一回しか使わせないには理由があるのだろうが,なぜだか・・・。」という疑問に答えてくれたが,努力が報われない悲劇仕立てにするという手もあるよね。いや!P181の「BMWの・・・,国産の軽のRVを・・・。キーを回し,エンジンをかけると,優は勢いよくアクセルをふかした。」って,今時空吹かしは,ニュートラルに入れておいて発進しようとしたという間違いでしかやらないでしょ。P235「経営活動は,・・・プロダクト・リーダー戦略,オペレーショナル・エクセレンス戦略,そして,カスタマーインティマシー戦略の三つのうち」とぶちまけておいて,後で高級戦略,効率戦略,交流戦略と言い直す必要はないですよね。最初から日本語で良いのであって,優君の悪い癖が又出ちゃったって云う設定かしら? しかし,詳細情報リークなし匿名の内部告発っていのと,何でもお見通しの登場人物って嫌ですね

2015/11/04 00:41

投稿元:ブクログ

前回の記憶が薄くて登場人物の紐付けがちょっと大変でした。
説明してくれてもいいのに。。。

大まかには、モールvs商店街。

地域の活性化には大きな複合施設を誘致して起爆剤にする方法と
地域住民が一丸となって街を盛り上げるやり方がある。

都市部に住む側としては、モールよりも田舎暮らしに憧れるわけだし、
地方に住む側としては、便利な都市部に似た生活に憧れるわけだし。
無い物ねだりなんだけれど、
でも、なんでもぶっ壊して新しくすりゃいいってもんじゃないことを日本は実感したほうがいいと思った。

多岐川優は今回はサブキャラ扱いで、今回は健太が主人公。
この町のお年寄りは本当に楽しそうだなー。

2015/10/03 17:20

投稿元:ブクログ

前作からのつながりを強く持たせてしまったことで、全体感がぼやけてしまい、それによって内容も薄いものになってしまっている。

2015/06/26 22:31

投稿元:ブクログ

前作の「限界集落株式会社」の4年後を描いた続編。前作では、限界集落の再生がテーマだったが、今回の作品では、商店街の再生がテーマとなっている。今回も小説として楽しめるだけではなく、地域活性化へのヒントが豊富な内容となっている。ただ、疑問に思うことも少なくなかった。
本作では、「草の根資本主義」による商店街の再生と、再開発によるコンパクトシティ化を対比させ、後者を悪役として仕立て、勧善懲悪的にストーリーが進んでいく。「草の根資本主義」という考え方自体には共感するが、再開発によるコンパクトシティ化をあまりに悪しざまに描いているのはいかがなものかという気がした。本作のような再開発ならやらないほうがいいが、一概に再開発やコンパクトシティ化が悪いわけではないと思う。また、地域の実情によって既存の商店街を残すことが必ずしも最善でない場合も多いと思う。そのあたりのことが、本作を読むことでミスリーディングされるのではないかという懸念をもった。
また、ストーカーをしていた元不良の木崎が、お年寄りとちょっと交流しただけですぐ改心するなど、ご都合主義的な展開が目立つのもちょっと気になった。

2015/03/03 23:04

投稿元:ブクログ

『これは土の匂いのする経済小説だ!』

前作「限界集落株式会社」で持ち直した止村には、外資(村外全般、と言う意味で)による巨大なTODOME・マライアモールが建ち繁盛する。やがてその外資は止村の目と鼻の先にある上元商店街に目をつけ、再開発を画策し始める。ブラック企業の馬脚を露すマライア、利権に群がるハゲタカ・ファンド。対するはコトカフェ率いる草の根資本主義!?
物語中盤、「これだけ立派な再開発を考えてもらってるのに」「これだけ頑張ってくれてるのに」と無茶苦茶他人事な再開発派の住人の台詞が気になった。でもこれってひとつのカリカチュアで、リアルの私たちもこんなんなってしまってるんじゃないかとか少し背筋がひんやりとした。

にしても、多岐川優がもう谷原章介さんでしか思い浮かばないんですが(笑)!

2015/02/06 06:53

投稿元:ブクログ

過疎化が進んだ限界集落の農村を蘇らせていく話。
独立前に祖父の住んでいた田舎の村に帰ってきたキャリアの優と、村で農業に精を出す美穂がぶつかりながらも農営組織を軌道に乗せていく。

真面目な問題を取扱っているが読み口は爽やか。
テンポ良く読めた。

2015/01/28 15:34

投稿元:ブクログ

今、転勤になった鳥栖はここまでの田舎ではないけど、根っこでは東京から来た自分とここまでのすれ違いがあるんだろうなぁ。
人の心が一番大切。

2016/05/13 15:31

投稿元:ブクログ

『限界集落株式会社』第2弾
前回が農業編なら、今回は商業編。
モラトリアムな若者…というか、「人間シャッター街」みたいな若者が、そんなに急にやる気を出すかどうかは疑問だが…
健太とつぐみを見守りつつ、はらはらしながらも面白く読み終えた。
農業編よりは少し街中が舞台になっている。
都市部でも、個人の商店街はシャッター通りと化しているので、やや身近な話ではあった。
個人商店はお年寄りの社交の場でもあるのだろうなとあらためて感じた。
この人の描くお年寄りは、元気で明るくて良い。

2015/08/01 22:02

投稿元:ブクログ

有川さんの「三匹のおっさん」の読後感
を 思いました
これぞ エンタテイメト
そのまんま 物語に入り込んで
最後まで
気分を良くしてくれる
そんな 一冊でした

巻末の「参考文献」も
なかなか興味深いものがあります

2015/01/22 22:59

投稿元:ブクログ

こんなにうまく行くはずがない、そうは思っても、
こんな風にうまく行くことを望む心がこの本を喜ぶ。

気持ちのいい本です。

2015/03/08 00:46

投稿元:ブクログ

2015年14冊目「脱・限界集落株式会社」読了。

限界集落株式会社が面白かったので、続きの本書を読んだ。一作目の農業思考とはちょっと視点は違うけど、相変わらず面白い内容だったので一気読み。一作目と登場人物も繋がっているので、両作品とも併せておすすめ。

自分もリタイヤしたら考えたいと思う田舎暮らし…まあそれは数十年後のお話。

2015/01/28 18:00

投稿元:ブクログ

限界集落株式会社の続編ですが…、
舞台は、前作の隣町に移っており、
田舎の駅前のシャッター商店街の、
再生vs再開発が主軸となります。

前作では、うまくいき過ぎるご都合主義に、
多少しらけ気味な面も散見されましたが…、
本作では、再生側、再開発側ともに、
無理のなぃ展開で、面白みを満喫できました。

作者さんの意図はわかりませんが、
作中で、再開発側の計画の骨子が、
コンパクトシティ構想といぅのは、
結構、いぃとこ突いてるな~と…。

地方都市のコンパクトシティ構想は、
軒並み、うまくいっていませんが…、
それは、ある意味当然のことでして、
本来のターゲットは「限界集落」…。

日本の金融資産1500兆円の80%を、
老齢世帯が保有しており、特に…、

限界集落の老齢世帯が保有する、
休耕地(ストック)を買い上げてキャッシュ化し、
これを、市場でフローさせるといぅのが、
コンパクトシティ構想の裏にある財政政策ですが、

さらに、老齢世帯が保有する土地を買い上げた後、
コンパクトシティに押し込み、その使用料として、
あの手この手で買い上げたキャッシュを回収する、
その仕組みが、偶然にも?うまく描けていたかな。

一方で、再生側の頑張りは、とても清々しく、
カウンターパート(悪役)である再開発側が、
とてもよく活きており、とても読了感のよぃ、
エンターテインメント小説でした!!

2015/04/23 21:58

投稿元:ブクログ

今度は「限界集落株式会社」で成功した止村から数キロ離れた幕悦町にある上元商店街の再生物語(^^)止村の時と同様、最後に一発逆転が用意されていて、スカッとした気持ちになれる♪こんなにトントン拍子に上手くいくなら、我が町もなんとかしてほしいなぁ~(^^;)うのばあさんと虎之助じいさんの活躍が最高(゜∇^d)!!

2016/03/06 15:35

投稿元:ブクログ

限界集落株式会社で止村の再興を果たした、その後の物語。
近くにショッピングモールが出来て、そちらは賑わいを見せるようになった。
しかし駅前商店街に賑わいは戻らない。そこへ駅前再開発の話が持ち上がった。賛成派が大勢を占める中で反対派はどう動くか。
ドキドキ、ハラハラは無く、最後はハッピーエンド。

35 件中 1 件~ 15 件を表示