サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/11/17 21:39

投稿元:ブクログ

【購入】イタリア人ジャーナリストによるデュラスのインタビュー集。時期はおそらく1988年頃、デュラス74歳。インドシナの幼年時代からヤン・アンドレアの出会いまでに言及されている貴重な内容。
ブランショの『明かしえぬ共同体』にデュラスの『死の病い』についての言及があるがそれデュラス本人も読んでいたということがインタビューからも分かる。
ちょっとこれ、吃驚することが書いてありますよ…!

2014/10/09 19:59

投稿元:ブクログ

生誕100年だから、、、

河出書房新社のPR(版元ドットコム)
http://www.hanmoto.com/jpokinkan/bd/9784309206660.html

2015/03/21 18:59

投稿元:ブクログ

これほんとうにインタビュー?と言いたくなるような込み入った話で、デュラスってどういう人だったんだろうという素朴な疑問から、彼女の作品にあまりあかるくない自分のような読者が本書を手に取ると、耳慣れない固有名詞に面食らうことしきりでした。

2014/12/28 14:48

投稿元:ブクログ

「母親とは、絶対的な意味で、ひとりの人間が出会うもっとも見知らぬ人間、もっとも予測不可能でとらえられない人物です。」
「忘れるという行為そのものが絶対的に必要なのです。もしわたしたちの身に降りかかることの八0パーセントが押しこめられていなければ、生きるのは耐えがたくなるでしょう。真の記憶とは忘却、空虚です。」

2014/11/19 13:02

投稿元:ブクログ

1987年のインタビュー集。デュラスが自らの生涯と作品をほぼ網羅する形で率直に語り、作家の作家自身による解説書ともいえる貴重な一冊。創作秘話や交友関係のエピソードなども満載。

5 件中 1 件~ 5 件を表示