サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

なでし子物語(ポプラ文庫)

なでし子物語 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

成長の物語

2016/04/20 20:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kisuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく泣けて泣けて、涙をふきながら読みました。
主人公は母親に放棄されて祖父に引き取られます。そこで出会った少年や家庭教師など、様々な人と関わるなかで、彼女も他の人達も成長していきます。最初は意地悪をしていた子達と、仲良くなれたところも良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/16 20:54

投稿元:ブクログ

家族のことや友達のことでうまくいかない少年と少女と”おあんさん”、とりまく人々。劇的に何かが変わるのではなくて、じわじわと変わっていくお話だと思う。
2015/9/16

2015/01/01 15:48

投稿元:ブクログ

自立と自律。やらまいか。燿子と立海、照子に青井先生。寂しい辛い人生も心持ち一つで前向きになれる。かおをあげてうつくしく生きて行きたい。

2015/05/07 20:41

投稿元:ブクログ

子どもたち(立海と耀子)へ向けられる大人たち(照子、青井、耀子のおじいちゃん)の眼差しが何ともあたたかく、ほっとする物語。
「どうして?」ではなく、「どうしたら?」と考えて前に進むようにと青井が耀子を諭すところは、離れてしまっても境遇に負けることなく、強く生きていって欲しいという耀子への想いが伝わってじ〜んとしてしまった。
常夏荘の様子の描写も美しく、映像化されたら素敵だろうなぁと思った。

2015/04/11 02:01

投稿元:ブクログ

途中までずいぶんことばがずっしりしていた。だんだんきれいなことが増えてきて、こんないいものあったんだな、みたいな。発見。すきです。
と、思ったら四十九日のレシピの人だったのね。懐かしい。あの本も好きだった。

2016/03/16 00:25

投稿元:ブクログ

子供が主人公で感傷的な作品なので、あまり好みではなかったな。
ただ、最後の方で龍一郎が新婚旅行先で語るシーンは良かったです。

2015/01/31 17:44

投稿元:ブクログ

「自立と自律」の物語

自立 自分の力で立つということ
   うつむかずに顔をあげて生きるということ

自律 自らを律すること
   美しく生きるということ

母親に見捨てられた7歳の少女耀子と
大金持ちの一人っきりの跡取りという重圧に
苦しむ少年立海と
過去の思い出だけに生きている未亡人照子が
出会いそれぞれ心を癒しあい、一歩踏み出す物語

耀子は母親に見捨てられて会った事もない
父方の祖父に引き取られ、祖父が働きながら
居住している常夏荘に住む事になる。
そして、同じころ東京から身体の静養をするために
常夏荘に来た子供の立海とともに遊びともに
勉強することになる。

しつけもされず、なにもしらなかった耀子が
教養を身につけ洗練され元気になっていく様子や
ひとりぼっちで戦っていた立海が耀子に心を開いて
元気になっていく様子が読んでいてワクワクドキドキ
して大変に心地よい。
常夏荘のおあんさんこと、照子さんも過去の
思い出の中に生きながらも二人の子供に出会って
過去から一歩踏み出すような気がする。

人は孤独でもそれでも誰かと繋がっている
そしてこれから先も繋がることが出来る。
すごく希望のある、そしてガッツの湧く
素敵な物語だった。

どうして?、ではなくどうしたら?と問いかけるとか
やらまいか!と自分を鼓舞する
など考えさせられ元気の出る言葉がたくさん出てきた。
何度も読み返したいので
図書館で借りたけれども購入しようと思う。

2015/01/11 23:19

投稿元:ブクログ

居場所のない少年少女の話。

どんな環境だろうとも
人に恵まれることがなによりなんだろうな。
逃げ場とか心落ち着ける場所があるだけで
どれだけ救われることか。

2015/01/24 21:46

投稿元:ブクログ

やらまいか、自力と自律。
どうして?、ではなくどうしたら?言葉一つで人は変われる。
全ては自分次第。
涙を止められなかった。

2014/12/05 10:26

投稿元:ブクログ

もっと面白いウェブサイト多分あなたはそれを愛する
http://newyouie.citylife-new.com/
http://kobe.areablog.jp/blog/1000101643/pc.html

2015/06/05 09:50

投稿元:ブクログ

小泉今日子さん「この物語を読みながら私は何度も涙ぐんでしまう。」 いじめに遭っている少女・耀子、居所のない思いを抱え過去の思い出の中にだけ生きている未亡人・照子、生い立ちゆえの重圧やいじめに苦しむ少年・立海。三人の出会いが、それぞれの人生を少しずつ動かし始める。言葉にならない祈りを掬い取る、温かく、強く、やさしい物語。

11 件中 1 件~ 11 件を表示