サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2014/12/21 17:17

投稿元:ブクログ

伝統工芸の津軽塗の職人の娘を主人公にした、
お仕事小説です…。お仕事小説は数あれど…、
忠実なまでの、王道の設定に、お話でしたね。

地方の伝統工芸にチャレンジする娘さんに、
ものづくりのお仕事小説、といぅ設定は…、
大好物のジャンルなので、面白かったですよ!

でも…、ふと考えてみると…、意外と、
伝統工芸を題材にした作品の記憶がなぃので、
そぅいう意味では、新鮮な感じもしました…。

作者と主人公が、等身大に近ぃからなのか?、
起承転結のあるお話も、読みやすかったけど、
何となく、起伏が少なぃ印象も感じたかも…。

でも…、舞台の青森感はよく感じれたけど…、
作中の津軽弁は、結構、読みづらかったです。
それでも、心地よぃ作風でよかったですよ…。

評価は…、ほんのちびっとだけ、甘めかな…。

2015/05/15 17:07

投稿元:ブクログ

主人公の美也子はバイトをやめたことをきっかけに家業の津軽塗を手伝うことに。クレーマーに近いお客さんがいろいろなものの修理を持ち込んでくるがそのたびに彼女は成長していく。4月には新しい職場にいく人もいると思うが、仕事・仲間とはなにか、生きていくのに必要なこととは何かと考えさせられる。

2015/06/20 12:22

投稿元:ブクログ

最初の方は古臭い伝統工芸に夢中で夫として、家長として不適格な父親、それについにキレる母親、田舎でさぞ生きにくいと思われるオカマの弟、そして何をやってもオドオド自信のない主人公という家族の話になんだか暗くて嫌だなぁと思ったけど、読み進むうちに姉弟(妹?)のお互いの思いやりや、不器用な父親の愛情、近所や周りの人のそれぞれ辛い気持ちも抱えながらの温かさにじんわり胸が温かくなった。
弟が彼と結婚してオランダへ渡ってからは、斜陽産業ともいうべき津軽塗の良さを知ってもらい、再生させるために一心不乱に展覧会の出品作りに打ち込む。
まぁ上手く行きすぎって感じもなくは無いけど、こちらも息を詰めて応援したくなる、読後感のいい本でした。
津軽塗の何かが欲しくなった。
東北へ行ってみたいな。^ - ^

2016/05/02 00:18

投稿元:ブクログ

才能より何よりやるかやらないか。
続けるか続けないか。

自分のことは自分が一番見えていないこともある。どんな人でも周りにいる人も自分の世界の登場人物で、自分にとってありがたい人、自分ひとりで生きてる気になっちゃいけないね。

2015/06/16 19:25

投稿元:ブクログ

賞をとったという作品だけあって、ものづくりの素晴らしさは大変良く伝わってきます。
ただ、主人公の周りに、沢山の哀しいエピソードがあるわりには、主人公がそれら全てを素通りし(受け入れ)すぎているように思います。主人公はまだ若い設定なので、そんな風になるのもしょうがないと思うので、エピソードの数がもっと絞られていたら、主人公の内面がもっとよくわかったかも…と期待します。
また、努力しても出来ない彼女が「やれば出来る」人達に囲まれて、どんな思いをしてきたかというくだりはものすごく共感できたし感動したので、だからこそ、後半、なぜかとんとん拍子にことが上手く運びすぎるのが違和感がありました。
でも、作者の方がものすごい努力をして、とても心をこめてこの作品を書いたことは、良く伝わってくるので、良い作品だと思います。

2016/11/28 22:24

投稿元:ブクログ

舞台は青森。主人公・美也子、22歳。
スーパーのレジ係をやめ、稼業である津軽塗の手伝いをすることに──。
職人としての腕はいいが、頑固で呑兵衛な父。
そんな父に愛想を尽かして出て行った母。
楽天的なオネエの弟。
この弟(妹?)がとてもいい味で、主人公の美也子よりも気に入ってしまった。

驚いたのは津軽塗の工程。
塗り・乾燥・研ぎを繰り返し、完成まで四十八工程、二か月近くかかるらしい。
唐塗り・七々子塗り、紋紗塗など色々あって、
その写真も載っていて興味深かったです。

正直言うと、漆器ってお手入れを考えるとつい億劫で、滅多に使わないんですよね。
どんな器も、日常に使ってこそ。
しまいっぱなしの漆器、出してあげなくては…。

最後は上手くいきすぎた感はあるけれど
「ジャパン・ディグニティ」ぜひ継承していってほしい。

すごく耳に残っているのが、登場人物たちの方言。
方言って温かい感じがして好きなんですが、
津軽弁はさすがに手ごわい(笑)。

6 件中 1 件~ 6 件を表示