サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

キャラクターたちの過去

2016/12/17 17:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄色い刀 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒュウゴや、バルサとタンダの過去など本編には書かれていないキャラクターたちの過去がたくさん読めてとてもおもしろかったです。守り人ファンは絶対読んでほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

謎解きは本編の後に…

2016/04/26 06:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:絶滅危惧種 - この投稿者のレビュー一覧を見る

先でも良いのでしょう。どうしても気になる人は、最終章の帰還編のちょっと前かバルサとチャグムが別れた辺りに読み出すと良いでしょう。

ガイド的な一冊、『守り人のすべて』で存在を知りましたが、作者曰く『文体が違うから出版したくなかった』そうです。読書音痴なのか、端っから物語に引き込まれていたのか、私には文体の違いなど分かるはずもなく、最後までさらりと読み終えてしまいました。

ヒューゴの背景、思想の根底にあるものが見えてきて、本編でも感じた違和感が何となくすっきりしましたが、そうなってくると、彼と組んでいた呪術師ソドク?の背景を知りたくなってきたのは言うまでもありません。

人に歴史ありという言葉の通り、一つの物語の中には語られない沢山の人の関わり(歴史)が在るもんだと、改めて感じた次第です。

ところで、ヒューゴの奴は故郷に帰るのだろうか?今はその先を勝手に妄想するまでです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/28 15:14

投稿元:ブクログ

図書館で。
新ではないヨゴ帝国出身の密偵さんの過去話。
教育ってのは洗脳と一緒ですね。育てられた環境で是として教えられたことを人は往々にして正しいと思い込むわけですがその常識が根本からひっくり返った時に何を思いどういう行動に出るのか。彼は世の中の裏の裏まで知るような仕事に就いた訳ですが何ともなあ…。切ない話です。
自分の世界だけしか知らず、近視眼的にその日その日を精一杯生きるという生き方も別に不幸な訳ではないんだけどな。という訳で色々考えさせられました。

バルサの短編は15歳のバルサの失敗話というか父娘の情の強い話。そういえばバルサも実の息子ではないけれどもチャグムが息子のようなものだしある意味似た者父娘なんだろうなあ…

2016/07/12 18:53

投稿元:ブクログ

「天と地の守り人」を読んでいるときに、登場人物のヒュウゴが魅力的だと思った。アニメにするならどんなビジュアルでどの声をあてるのがいいんだろう、などと考えながら読んでいた。

魅力のある人物だと思ったヒュウゴの物語。「天と地〜」で重要な位置にいた彼。ヨゴ人である彼が、どんな人生を歩んであそこにいたのか、それがわかる話。

もう一度「天と地〜」を読み返したくなった。

2016/08/13 16:43

投稿元:ブクログ

シリーズの途中から重要な役割で出てくるヒョウゴという男の過去と成り立ちを語った炎路の旅人は面白く読んだ。蒼路の旅人のすぐ後に読めたら、もっと楽しめたような気がする。少し残念。
十五の我にはバルサの若き日の回想の物語。ジグロとの関係性や当時の境遇をうかがい知ることができる物語。

2015/09/19 06:08

投稿元:ブクログ

本人視点の旨味を活かした戦闘/喧嘩シーンがいい。人を殴る、切ることがどう自分に返ってくるかを描く話は少ない。
児童書は特に、本当は大事なそういうことを甘く描きがちだけれど、さすが上橋菜穂子、スイスアーミーナイフを持ち歩く現実主義者である。

2014/10/11 15:25

投稿元:ブクログ

祝ペーパーバック化!

偕成社のPR
http://www.kaiseisha.co.jp/books.html?page=shop.product_details&flypage=flypage.tpl&product_id=6633
(単行本)
http://www.kaiseisha.co.jp/books.html?page=shop.product_details&flypage=flypage.tpl&product_id=6233

2016/04/05 11:48

投稿元:ブクログ

番外編!チャグムを影から救うことになる、敵国の猛者。
実は国を奪われた元ヨザ皇国の青年の少年期からのスピンオフ。個々のキャラクターにも力あるこの作家さんの力を感じる一冊。

2016/12/13 16:46

投稿元:ブクログ

◆タルシュ国の密偵アラユタン・ヒュウゴの少年時代を描く「炎路の旅人」と、女用心棒バルサの少女時代を描いた「十五の我には」の中編2編を収録。

『蒼路の旅人』『天と地の守り人』で暗躍した謎多きタルシュの密偵、アラユタン・ヒュウゴ。ヒュウゴはなぜ家族を殺した国の王子に仕えることになったのか。女用心棒バルサは、養父ジグロとの放浪の旅の中で、どうやって成長していったのか。やがて、新ヨゴ国の皇子チャグムを助けるふたりの10代の頃の物語。


(^^)<Comment

9 件中 1 件~ 9 件を表示