サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/03/28 21:55

投稿元:ブクログ

MLB創設から1世紀、名プレーヤーたちが残した伝説の数々。全米に散らばる彼らの足跡を、サンスポの名物記者・田代学が徹底取材。貴重なカラー写真も500点以上掲載。

写真が多く、文章も読んでいて楽しいものだった。大リーグのことは結構知っているつもりだったが、例えばサイヤング賞のサイヤングはどんな投手だったか、多くの名選手の家が記念館などになっているのにサイヤングが晩年を過ごした家は廃屋になっている…など、興味深い記述にあふれていた。
(B)

2015/02/22 12:35

投稿元:ブクログ

★2015年2月22日読了『はるかなる野球大国をたずねて MLB伝説の聖地をめぐる旅』田代学著 東京書籍 評価A

サンケイスポーツの米国駐在13年の大リーグ取材キャップの著作。さすがに気合いが入っていて、その内容は読み応えがあった。

単に選手の記録や自伝を断片的に語るのではなく、記者らしく自分が足を運んで取材した各選手の故郷や記念館の今の話をまとめているのが良い。

また、野球ではなく、米国の文化としてベースボールを描いている。有名な殿堂入り選手だけでなく、審判、博物館を支える一般の人々、マスコミの記者、大リーグ機構のオーナーなど多彩なリーソースを取材、多層的にベースボールをとらえ直して、アメリカという国の今を描いていて、読んでいて私自身の米国駐在時の印象が蘇ってくるような、そこにある雰囲気が秀逸である。さすがに長年駐在していた人らしい内容です。

第二章の1988年の映画フィールド・オブ・ドリームスの撮影現場が、その当時の一時的な現場としてではなく、まさに映画にあったように、多くの人が訪れる場所となっていたことにはちょっと感動しました。このケヴィン・コスナー主演の野球映画には、私も多分に思い入れがあり、DVDも持っているし、超字幕何とかでも再購入して、英語のセリフを再チェックして見ている作品だったから、余計に興味深く読みました。今後、その場所は、大きな野球公園として生まれ変わるようですが、是非訪れてみたいですねえ。アイオワ州ダイアーズビル(シカゴから西へ300KM)

第一章 レジェンドたちの夢の跡
サイ・ヤング、タイ・カップ、ジョー・ジャクソン、ベーブ・ルース、レフティ・オドール、テッド・ウィリアムス、ジャッキー・ロビンソン、ヨギ・ベラ、ミッキー・マントル、ハンク・アーロン、ロベルト・クレメンテ、ロジャー・マリス、ノーラン・ライアン、ビッグレッドマシン、カル・リプケン

第二章MLB劇場へようこそ
殿堂入り式典、カナダ野球殿堂博物館、フェンウェイ・パーク、モニュメント・パーク、リグリー・フィールド、リック・ウッドフィールド、『フィールド・オブ・ドリームズ』の撮影地、ウィンターミーティング、カール・ストッツ・フィールド、ルイビル・スラッガー社の厚情と博物館、スタイナースポーツ社、ソルトリバー・フィールズ、大リーグ機構事務局、ジャイアンツの歴代本拠地、建築設計事務所プピュラス、MLBネットワーク、ニグロリーグ博物館

第三章 インタビューズ
バド・セリグ MLBコミッショナー
バーニー・ウィリアムス 元ヤンキース
フランク・ジョ~ブ 医師 プロ野球選手の肘再生手術で有名だった。
ブルース・フローミング 尊敬され続ける大リーグ名審判
ジョージ・キング ニューヨークポスト紙記者
フィル・ニークロ 元ブレーブス ナックルボールに捧げた人生

大リーグで働く女性たち

2 件中 1 件~ 2 件を表示