サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

殿下に捧げる初恋(ハーレクイン・イマージュ)

殿下に捧げる初恋 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/12/15 14:08

投稿元:ブクログ

護衛隊長の父とともに宮殿で暮らし始めた12歳のときから、
アビーはヴィンチェンツォ皇太子を兄のように慕い、憧れていた。
けれど身分の違いは明らかで、彼はやがて近隣国の王女と結婚し、
彼女は良き友人として密かな恋心を封印した。
やがて28歳になり、アビーは胸に大きな秘密と不安と喜びを抱えていた。
子宝に恵まれぬ皇太子夫妻の代理母として、彼の子を身ごもっているのだ。
不幸にも、皇太子妃は先日、不慮の事故で亡くなってしまったが。
ヴィンチェンツォを励ますためにも、元気な赤ちゃんを産まなければ!
しかし、アビーが宮殿にいられるのは出産までという契約。
愛する皇太子との別れが、刻一刻と近づいていた……。

1 件中 1 件~ 1 件を表示