サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/12/20 23:01

投稿元:ブクログ

 うーん。うーん。
 これは「今書かれたもの」として読む内容としてはなかなか厳しいものがありますね。内容が「00年代前半エロゲーシナリオ」の構成に近しいものを感じる。
 何がいいたいかっていうと、若干おっさん臭いんですよね。懐古主義的に読むにはいいんですけど。
 
 内容的には、家庭教師という閉鎖空間で教え子と教師のいけない関係というありがちパターンに複数プレイでただれた関係という真っ当なところをついているんですが、爛れている割には、ぎりぎりで爛れきらないんですよ。エロシーンに突入する割には挿入しない寸止めプレイで中盤まで進んでいき「処女喪失」というテーマをストーリー化して話の締めに使うという。
 
 この著者、処女厨なんですかね。
 なんか、前作も寸止めで一切挿入しないとかあったんですけど、もうそういうのいいです。
 
 この本のあるべき姿は、主人公と従妹ならびに教え子2人をさっさと結ばせて、従妹を含めた教え子3人との爛れた関係である「キャッキャウフフな夏休み」を主題に置くべきであって、それをエピローグのような一文で「夏休みはまだ続きそうだ」みたいな締め方で終わるのは、ちょっと待ってくれよって思ったんですよ。
 
 というのも、現代ライトノベルがあんなに寸止めエロシーンが乱発している中で、直接的な寸止めとはいえ官能小説派生のライトノベルですら寸止めってどうなんですかね。処女喪失までの道筋を引っ張るっていうシナリオの作り方って昔のエロゲーの作り方であって、今のジュブナイルポルノの立ち位置とは違うんじゃないかなーって、読みながらつらつらと考えてはいました。
 
 いや、だってもう、そういう焦らされ方するんだったら、ラノベが十分エロいからラノベでいいじゃないですかー。
 というわけで、この本は予想以上にプロローグ的内容でした。キャッキャウフフのストーリーは、この本のシナリオの後にある。そういう意味ではものすごく掠められた気分。本のシナリオ全体で寸止めされた気分なんで、モヤモヤ感は半端ないです。前作もそんな感じだった気がする。
 できれば、ちゃんと1冊できちんと書き上げるようにプロットを描き切って欲しいとは思いました。

1 件中 1 件~ 1 件を表示