サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

日本は衰退するのか

日本は衰退するのか みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

深い歴史洞察から日本を考える

2016/06/23 23:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ryou - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦後70年を迎え、21世紀の日本はどのような道を歩むのか。歴史を踏まえ、過去・現在・未来を語る。安全保障のあり方や憲法に関する議論の大前提として、日本という国家のあり方を考えるのには絶好の書である。実に示唆に富む書物である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/03 13:38

投稿元:ブクログ

意外に知られていないが、橋本、小渕時代は実は日本の対外関係は戦後史上最良の状況だった。対米関係は改善され、日米同盟を来世紀まで展開することになった。サッチャーの英国に続いて、シラクが対日関係重視n立場に転じたことから対欧州関係も全面良好に転じた。

中国にとってWTO加盟は文明史的意味を持つ。あの独尊の伝統の根深い中国が国際的関連の中で自らを変える決断をくだした。

小泉は自らの任期中に陸上自衛隊をサマーワから見事に撤収した。しかも対米関係をこじらせることなく、ブッシュから賞賛を浴びていた。
またリスクをとる外交をしてた。首相自らが北朝鮮を報恩して、拉致を認めさせ、問題解決の大筋を共同声明に示す大技は小泉以外の誰にもできなかった。

2015/03/24 00:24

投稿元:ブクログ

著者が毎日新聞等に寄稿したコラムの総集編の形を取っている。そのため、本文の説明で重複する部分はあるが、それゆえ論点が認識しやすく、論理展開も明快なので、わかりやすい。戦後の対米関係を軸に戦後外交論から日本の現在と未来を見つめ直す良著である。ある程度歴史的知識を要求されるが、それらがなくても一読の価値あり。

2016/01/31 18:42

投稿元:ブクログ

悲観的なタイトルとは異なり、歴史家にして防衛大学校長らしい長期的な視野にたって日本のあるべき方向性を論じている。これは日本人として読んでおくべき名著。「挑戦する気迫を失い、衰退宿命論に浸っていることが最大の問題」「静かに意義深い貢献を行っていくべき」「偉業と破滅の双方を持つのが日本の歴史」「情緒と認識の乱れから国は滅ぶ」「敵と似たものになるな」「ゼロットの魂とヘロデ主義」

4 件中 1 件~ 4 件を表示