サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ブラックモアの真実 1

ブラックモアの真実 1 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

歴史検証インタビューらしいが

2016/08/29 14:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:気まぐれネット購入者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

リッチーの本を出版すれば、ある程度の売り上げが計算できる。そんな理由から出版されたかのような一冊と悪評の本書。どうやら、月刊重金属専門誌の東大卒編集長が元凶らしい。
 ネットで散々な酷評を受ける広瀬氏。雑誌を読んでいる範囲では少々辛口の嫌味な評論家という部分も否定できない。しかし、ここまで酷評を受ける必要はないであろうという印象も受ける。
 思うに、禁反言という言葉がある。この世界では、リッチーという神様をリスペクトする必要がある。いくら歳をとったからといってリッチーのこれまでの成果が否定される訳ではない。ましてや、この世界で専門誌を発行する以上は神様を冒涜することは許されない。先人に相応の敬意を払えないとは甚だ失礼な人間だという話ではないでしょうか。
 しかも、本書は、そのリッチーに関する記述が少ないというオチもあります。まして、三部冊にする意味があるのかという批判は甘受しなくてはいけないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/23 19:16

投稿元:ブクログ

酒井康時代のB!誌は無かったかの様な編集。

もちろん現編集長である広瀬氏が全てを担って作った総集編なのだから。

ML誌から酒井康時代のB!誌も含めてのブラックモア本が読みたかった。

それが出来るのは酒井康版 「目撃証言」 なのかもね。

2 件中 1 件~ 2 件を表示