サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

STAP細胞に群がった悪いヤツら

STAP細胞に群がった悪いヤツら みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本

良く、まとめている。

2015/06/24 18:08

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M マサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

スタップ細胞報道に、飽々し、メディアの報道が、馬鹿馬鹿しく見えていたので、興味は有ったのだが、メジャー報道の情報を全く受け付ける事が出来なかったが、時期が立てば、この手の著書が出るだろうなと、期待していました、あの騒動の真髄に興味のある方には、お勧めです、私は、科学者では、無いのですが、科学や医療の社会は、客観的に見ていると、一部の特殊な組織で、一般市民には非常に解りずらく、影響力のある人物が、正しと言えば、例え間違った理論でも、世の中を動かす事が出来る、エピローグで武田靖氏にインタビューしている、工学と理学の違いと、「もの作り」と「なぜ?」出きるのか?の科学の基本的な「なぜ?」の重要性を学んでいない、ここに1つのポイントを伺わせている、冷静に科学や医学の歴史を覗くと、錬金術にまみれた、それらは、胡散臭い物が多い事に気が付く、それは、原発、薬剤医療、錬金術組織の捏造の代表だろう、そこに群がる、利権組織、そこには、真実の科学は望めないでしょう、理研は山中伸弥先生を、越える事は、出来ないでしょう、解体すべき、非常に、良くまとめて要る著書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/28 22:00

投稿元:ブクログ

報道の背景にこのような事情があったのかと、だけどありがちなことだとも思いました。なんにしても、小保方さんのキャラクターは、いい悪いは別にして得難いものだったと思います。不思議な存在感がありました。

2015/02/01 15:49

投稿元:ブクログ

STAP事件をその背景、特にインサイダー取引や国からの予算の奪い合いといったことを中心に描いている.でもSTAP細胞そのものが無かったんだから群がった奴らなんか別にどうでもいいんじゃない?それと気持ちはわかるが書き方にジャーナリストとしての品格を疑いたくなるところもある.

2015/02/01 15:51

投稿元:ブクログ

物事の捉え方には、いろいろある。研究倫理は個人だけの問題ではない。組織が金が絡むと、複雑になるという典型的な事例。タイトルにも示されているとおり。
他にもこの件を記した著もあるので、幅広い見地で検証する必要があるだろう。

2016/04/09 00:53

投稿元:ブクログ

結局、誰が得したんだろう。

この本が真実であれば、
なぜ、すぐわかるようなウソをつくの?

少なくとも彼女自身は、
信じていたんだろう。
そうじゃないと、哀しすぎる。
実験ノートが2冊とか、ありえんし。
言うに言えない秘密があるんだろうと
思いたい。

お金だけじゃないんじゃないかな。
本当の目的は‥‥。

2016.04

2015/02/26 23:37

投稿元:ブクログ

原子力産業が、科学分野における、金を生み出す基幹産業たり得なくなった現在、それに取って代わる次世代の錬金術マシーンのエンジン役が再生医療!結果を出す、すなわちビジネスに結びつく研究しか認められない、財政支出が出来ない仕組みが事件の温床としか思えない。基礎研究や人材育成に投資できない、技術研究研鑽をイメージできない、技術大国を創った先人の努力を知らない、残念な世間が産み出したヒロインが彼女であろう。

2015/02/07 21:31

投稿元:ブクログ

書かれているほど悪意があったかは別にして、断片的に見ていたSTAP騒動の流れが分かる一冊。知り合いベースでは、カネにもの凄く興味持っている研究者はいないんだけどね。カネにうるさい知り合いの医者はいるけど(笑)。

2015/03/14 21:12

投稿元:ブクログ

STAP細胞が再現できていないことによって、そもそもこの騒ぎは一体なんだったのか?疑問は深まるばかりである。表面に現れた事実は事実であるが、その解釈はひとつとは限らない。しかし、事実かどうかは断定できないものの、これはひとつの解釈である。真実を知る人々は沈黙を守るばかりであり闇は深いように感じるが、小保方さんは、なぜ、すぐにバレるような嘘をつくのだろうか?研究者生命をかけてつくような嘘ではないと思うのだが・・。まだまだ分からないことだらけである。

2014/12/18 06:00

投稿元:ブクログ

何となくきな臭いと思いつつも、専門分野の権威ある人が自信を持って説明してたら、その知識がない多くの人は「そ、そうなんだ…」となってしまう。ザルみたいなチェックでなく、しっかり監視してほしい。

2015/01/16 20:01

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB17397726

2014/12/29 20:41

投稿元:ブクログ

『新潮45』連載時からつまみ読みしていた。STAP細胞騒動を取り巻くバイオ工学人脈を辿ることで今回の研究不正がおきることになった背景を探っている。

2016/01/17 09:04

投稿元:ブクログ

ジャーナリストによる告発本。しかし、文章がひどい。思い込みの部分を排除して、最低限の事実関係が掴めればよいかと思って読み進めたが、文章がひどすぎて、どこまでを信用してよいか分からない。関係者もひどいと思ったが文章もひどい。

2015/01/29 05:35

投稿元:ブクログ

特捜部や国税当局が関心を持ちそうな,社会的・法律的・制度的な腐敗が背後にありそうなことを描いている。その主張の当否や論拠の有無は,もちろん一読者には分からないのだが,どこまでもうさんくさい事件(本人も,それから周りがどうしてあれを通したのか,も)がなぜ起きてしまったのかと思うと,これくらいの闇があってもまるで不思議じゃないと思った。文章的には,小保方になりきって書く場面は遊びすぎを感じたけど(笑)

13 件中 1 件~ 13 件を表示