サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

最後の1分

最後の1分 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

最後の1分

2015/08/25 10:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Carmilla - この投稿者のレビュー一覧を見る

イギリスのとある都市で起こった、大規模な爆発事件(もちろんフィクション)を題材に、たまたま現場に居合わせた犠牲者・重傷者・奇跡的に難を逃れた人たちが、事件1分発生前に感じたこと・考えたこと・とった行動を淡々と綴っていくサスペンス。彼らの思考と行動は「1秒」毎に区切って明記されるが、1秒で実際にこれだけの思考・行動ができるのかな?と思われるところも多々あるのは事実。巻末に犠牲者リストがでているので、本文を読みながら「こいつは最終的に助かったのかどうか?」を気にしながら読み進めるのも一つの方法。レビューサイトにもあるけど、この作品を映像化するのは、かなり特殊な技法と場面転換の技法を多用することになるだろう。不満なのは、この爆発事件の犯人と動機が明らかにされないことだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/27 22:16

投稿元:ブクログ

 同時多発爆発事故(事件か事故かは不明)が起きることになる、クリスマスを目前に控えた、昔ながらの個人経営の商店が立ち並ぶ、近くに飛行場のある小さな街の、その爆発から1分前からの出来事を、1秒を1章単位でカウント・ダウンして描いていく、といった異色の作品。
 事故の中間報告を掲載したホームページのアドレスまで載っているが、そのホームページの記載内容も含めて、全てはフィクションである。
 街の人々の生活と同時に飛行機の中での不審者についても平行して語られる。
 この不審者のエピソードものちに重要になってくるのだが、ネタバレになるので割愛。
 ただ、ネタバレ、とはいっても、読者は既にここに描かれている人々が1分後に殆ど全員死んでしまうことが判っている。
 そう考えれば、これほど無慈悲で残酷な本も珍しいのではないか。
 ここでは休暇旅行を楽しみにしている女性、お腹の中から蹴ってくるこれから生まれてくるであろう赤ん坊をいつくしむ母親、バスの中で大騒ぎする子供たち、母親の井戸端会議を尻目に拙い歌を披露する幼い子供、娘に会うことを心待ちにしている老人、不倫をしている男とその妻、そしてその愛人、認知症の老婆、物乞いの男、久しぶりに再会することになる恋人たち、そういった人々のことが語られている。
 なんの変哲もない日常がそこにある。
 そこには、僕自身に重なるような人物もいるし、あなた自身に重なるような人物もいるかもしれない。
 あるいは自分の母親、父親、兄弟、姉妹、友人、それらに重なるような人物がいるかもしれない。
 読者はそんな登場人物たちが、1分後には悲惨な状況で死んでしまうと判っていても、助けることもできなければ、「逃げろ!」と警告を発することも出来ない。
 ただただ死に向かってのカウント・ダウンを数えることしか出来ない。
 どんな人生を歩んでいようが、どんなに幸せだろうが、どんなにうしろめたいことをしていようが、どんなに夢や希望を抱いていようが、死はそんな個人の都合にはかまうことなく「一括」で処理されてしまう。
 そうか、爆弾テロや自爆テロって、こういうことなのだろうな、と思わずにはいられなくなる。
 偶然が重なり助かった人や、娘を亡くしながら助かった母親(ただし瀕死の重傷を負う)等もいるが、10名の12~13歳の子供たち、5名の2~3歳の幼児たちを含め、全65名が死んでしまうことになる。
 そんな子供たちや幼児たちも含め、登場人物が多数出てくるので、それぞれに深く人物を描くことは出来ていないが、それでもこれだけの登場人物をそれぞれにきちんと描き分けることは出来ていると思う。
 また、それぞれの人物の描き方が、終焉を迎えるにつれてどんどんと短くなり、終わり近くの章では、次々に視点が移り変わっていくのだが、それにより、より緊迫感が増してくる。
 自爆テロなどのニュースでは「被害者は○○人です」と簡単に纏められて報道されることが多いが(特に海外での事故など)、実際にはそんなに簡単に語れることではないんだよな、と改めて思い知らされる。
 読み終った後に、実に色々と考えさせられた作品だった。
 星五つは、読み物とし��、というよりも、この特異な読書体験に対して。

2015/11/05 12:45

投稿元:ブクログ

読み進むページの間に
あちこちで、起こっている
自爆テロで亡くなった人々が見える気がした。
スイッチをOffにされたように
一瞬で命が消えてしまう怖さ、あっけなさ
誰にも明日は約束されていない事を
改めて実感した一冊でした。

2015/04/14 00:00

投稿元:ブクログ

http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/opac/opac_details.cgi?amode=11&bibid=TB10070874

2015/01/15 13:58

投稿元:ブクログ

街で起こった爆発事件の「最後の1分」の人々の描写。

いや、面白かった。
各章の頭に配置されたカウントダウンする時計のアイコン。
はじめは共感できるように丁寧だった人物描写が、章が進むに従い表面上だけのものになり、否が応にも増す緊迫感。
混乱に輪をかけて最後に全て吹き飛ばした上でのエピローグ。
実験的な小説だと思うけど、これちょっとありだ。

2014/11/20 12:01

投稿元:ブクログ

爆発事故が起きる1分前、偶々そこに居合わせた人々の60秒間を、カウントダウン形式で描いたユニークな長編小説。ジャンルとしてはサスペンスになるのだろうか。
秒針が進む時計のアイコンが章ごとに配され、物語の緊迫感を高めている。また、爆発の瞬間が近づくにつれ、個人個人の描写が減って視点が次々と変わるところもスピード感を高めている。
肝心の爆発の瞬間を文章で表現していないことについては賛否両論あるだろうが、個人的には面白い試みだと思う(書いて欲しかった気持ちもあるが)。図版や被害者リストの使い方も効果的で良かった。
一瞬の時間を切り取り細かな描写を重ねる手法は、『中二階』のニコルソン・ベイカーを思い出した。
ユニークな本だけに読書を選びそうだが、好きな人は好きだろう。

2016/10/07 01:42

投稿元:ブクログ

爆発事故の1分前から1秒ずつカウントダウンしていく。1秒ごとに切り取られる町の風景が、あまりに雑然としていて、本当に普段の生活を切り取っているような、落ち着かない気持ちにさせる。面白い試みだけど、最後まで慣れなかった。
子どもの未来が根こそぎ奪われるのは、たとえ小説の世界であっても胸が痛む。

2016/06/26 18:52

投稿元:ブクログ

爆発事故までの1分間を1秒刻みの群像劇で描いていく倒叙型心理サスペンス。災害に巻き込まれる時というのは本当に予兆もなく巻き込まれるという恐ろしさが伝わってくる文章で、事故の瞬間までは、原因の手掛かりは提示されるものの平凡な日常風景で、スリルを感じました。

2015/03/26 00:34

投稿元:ブクログ

とにかく登場人物が多いので、章毎に前のページを繰ってどんな人物か確かめながら読み進んでいた。人物の置かれた状況、性格を書き分ける腕前は見事だ。こんな狭い空間にこれだけそれぞれパニックを抱えた人が集まるって、あり得ることだよなあ。

2014/11/13 13:21

投稿元:ブクログ

クリスマスを控えたある日、ヒースウィックの町で連続爆発事件が起きた。主な原因は事故発生から半年を経ても明らかになっていない。クリスマスに娘が会いに来るのを楽しみにしている老人、一世一代の大葬儀を控えた葬儀会社の経営者、次期選挙を控えた不倫中の政治家、就職活動中の冴えない若者、そして……。ひとりひとりの登場人物たちの人生の一コマが、一分というものすごく限られた時間のなかに凝縮し、見事に描かれた野心作。

10 件中 1 件~ 10 件を表示