サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/12/28 16:17

投稿元:ブクログ

福音派が政治、国際関係への関与を強めていることはアメリカの宗教と政治における重要な展開である。

国際社会において追及すべきは自国の利益であるというリアリストのパラダイムは冷戦時代を通して政治に大きな栄光を及ぼしたが、建国以来アメリカ国民の国際問題への関心を掻き立ててきたものはそれだけでは説明できない。

冷戦終結後、アメリカを支配していたリアリズムの魅力が褪せると同時に、当時の国際関係分析の定説であった世俗化もまた信用性を失った。

2015/09/15 22:20

投稿元:ブクログ

まずは、P310にある解説「アメリカのプロテスタント教会」から読み始めたほうが分り易い。宗教改革までさかのぼり福音派について説明してくれている。

欧州各地から各々の宗派の人々がアメリカに移民してきていることに驚き、また、「政教分離」とは「教会と国家」の分離であって「政治と宗教」ではない。宗教の自由活動を保障されてたことにも驚く。

1961年まではキリスト教徒じゃないと公職に就けなかったアメリカ。宗教と政治が密接にかかわっていたわけである。
「多様性を維持し、同時に統合しなければならない中心に神を置くことがアメリアの宿命なのだ」という説明には頷くばかりである。

「福音派・エヴァンジェリカルズ」欧米各国の中でアメリカにだけ現れた得意な動き。
聖書を基盤とした倫理原則・倫理観そのものに国と市民が従い、自らの行いのよし悪しを判断することととして考えられていた。
政府をエンジンとするならば、道徳はその燃料であり、外交において道徳原則は灯台として機能する。道徳規範は外交政策の実行を説得し動機づける。
神の下にアメリカがある。
アメリカは特別。世界のリーダー…となるわけだ。

2 件中 1 件~ 2 件を表示