サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

劇画暮らし(角川文庫)

劇画暮らし みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/11/09 16:33

投稿元:ブクログ

「劇画」の名付け親、辰巳ヨシヒロの自伝。映画『TATSUMI マンガに革命を起こした男』公開記念で文庫化。

2015/03/08 12:05

投稿元:ブクログ

デフォルメやユーモアなんかくそ食らえ
手塚治を尊敬しながらも手塚の子にならず
「劇画」を命名し劇画一筋に生きた辰巳ヨシロウ
戦後まんがのときわ荘ではない漫画史

2014/12/17 08:44

投稿元:ブクログ

ブログに掲載しました。
http://boketen.seesaa.net/article/410397052.html
「劇画」の創案者が、手塚治虫の信奉者だったとは
劇画というのは、手塚治虫的なマンガ表現に反旗をひるがえす者たちが名乗りをあげたものだと思っていた。
本書の冒頭で、その思い込みがあっさりくつがえされる。
第1章のタイトルが「手塚治虫に会った」であり、まだ中学生の辰巳ヨシヒロが毎日新聞社に投稿したマンガの縁で憧れの手塚治虫に会えた感激が、みずみずしく描かれている。
これは、藤子不二雄「まんが道」などで、高校生になった二人(藤本弘・安孫子素雄)が手塚治虫に会った時の感激が描かれているのとまったく同じ。
つまり、トキワ荘グループも、劇画工房集団も、同じ手塚治虫というルーツから生み出されたというわけだ。

3 件中 1 件~ 3 件を表示