サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/01/05 22:48

投稿元:ブクログ

今、住んでいるジャカルタのアパートの図書室から借りてきた。休みの後は、一時帰国から戻ってきた日本人が本を置いてくれるので、本棚が充実してくる。

本書は、題名を知った時から読みたいと思っていた。著者の工藤美代子さんは、「神々の国 - ラフカディオ・ハーンの生涯」や「悪名の棺 笹川良一伝」の著書がある一流のノンフィクション作家。まずは、そのような作家が「お化け」という世間話をどのように記述するのか、興味があった。

工藤さんは、幼い頃から霊感があるらしい。本来は、そこにいない人を感じたり、見たりする。本書では、工藤さんの「お化け」体験が淡々と綴られてゆく。わざと、ドラマティックにしないのが良い。何となく、リアリティが湧いてくる。それでも、兄の飼っていた犬の話は、ホロリと来たし、三島由紀夫の首の話は鳥肌が立った。

なお、インドネシアでは、殆どの人が幽霊の存在を信じている。私も赴任から11年目で座敷童子(インドネシア語でトゥユール)を見るようになった。本書に出てくるブラックマジックの話も、インドネシアでは日常の話である。

子供の頃、大人のするお化けの話は良質のエンターテイメントだった。そんなことを思い出させてくれる★3つ。

2015/06/22 14:37

投稿元:ブクログ

醤油味の怪談。怖さでは「なぜオバ」よりは怖いが、ホッコリするお話も多く気楽に読めました。

解説で、角田房代も書いているが、お化け話もいいのだが、工藤さんの人生の方がもっと凄い。自分もそちらに興味を惹かれた。

確か、自伝的な要素の強い作品もあったと記憶しているので、そちらも読んでみたい。

2 件中 1 件~ 2 件を表示