サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

暗黒寓話集

暗黒寓話集 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2015/02/08 18:04

投稿元:ブクログ

運命に翻弄されたり、運命によってなんかすごくラッキーなことが起こってなんとか食いつないでいけたりする人々にスポットが当てられている短編集。まさしく寓話。
ちょっと笑える。真面目な顔して何言ってんだって突っ込みたくなるような短編「アイアン・ファミリー」。先祖代々後継ぎがどのような人生を送ったのかを暗記させられる宿命を持っていて、それをデジタルデータ化してしまおうという試み、その原稿が「アイアン・ファミリー」という一編の小説に組み込まれている。あのオチはすごい。
「CAの受難」。凄味のある狂気。昔本当にそういう事件があったんだよな、確か。操縦中にパイロットが狂っちゃうっていう。

2015/02/03 22:48

投稿元:ブクログ

8つの、シュールな短編集。

どれもこれも、最後にどんでん返しもないし
救いもない、シュールなものばかり。
現実ならばこうだろうという内容ですが
もうちょっとこう…小さな幸福が欲しかったです。

とはいえ、それほど暗黒、と言う事もなく。
シュールだけれども、ありそうだと納得したのは
透明人間、の話でした。

2015/07/06 13:20

投稿元:ブクログ

短編8つ。アイアン・ファミリー/死都東京/夢眠谷の秘密/透明人間の夢/名誉死民/南部すたいる/神の見えざる手/CAの受難

妄想8つとでもいうべき?死都東京が斬新だったな、これ、これって、twitterの文字制限の140字ずつで書いてるんじゃないかな? いまどきの人にはおさまりのいい文字数で区切られてるから新鮮な驚きとともに読めた。こういう手法があるのか。
なんだか現代版夢十夜とでもいうべき。
深い感動や胸に刺さるものはないけど、ちょっと日常を忘れて本の異世界に行くには最適。うまい作家さんだなーと改めて。死都~のあのかんじが斬新だと感じるいまの時代のうちに、読んでほしい1冊。

2014/12/26 13:32

投稿元:ブクログ

「名誉死民」と「南部すたいる」がお気に入りです。死後の世界や、自分が利用している沿線のことは想像が膨らむ舞台です。「CAの受難」も消息を断ったマレーシア航空機を連想させ、2014年になんだかしっくり終わっていないニュースを年の瀬に思い出すのでした。

2015/04/10 06:46

投稿元:ブクログ

島田雅彦の短編集。
わが家の先祖の系譜をたどる「アイアン・ファミリー」
死後の世界に行くサラリーマン「死都東京」
不吉なことが起きる「夢眠谷の秘密」
ホームレスに転落寸前の男の夢「透明人間の夢」
ホーム転落を助けてもらった相手が死にどう生きていくのか
考える「名誉死民」
南武線のスタンス「南武すたいる」
貧乏神、雨男「神の見えざる手」
飛行機が墜落し残ったのは日本人、中国人、韓国人「CAの受難」

2015/04/11 22:00

投稿元:ブクログ

「死都東京」も「夢眠谷の秘密」も「南部すたいる」も面白かった。

「CAの受難」はあまりにもタイムリーというか。。。

2015/01/17 22:34

投稿元:ブクログ

アイアンファミリー、始皇帝と徐福からつらなる88代の系譜。死都東京、死者たちが時代を選んで暮す。

同じ電車にたまたま乗り合わせた乗客八人が、本書に収めた八つの寓話のような妄想世界に暮しているのだとしたら、まだまだ世の中は捨てたものではない−もっとダークで、もっと多様であって欲しかったな。

2015/02/07 15:51

投稿元:ブクログ

タイトルと表紙につられて読んだらはまらなかった…そこまでおもしろさわかんないなあと思いつつも惰性で読んでこれはだめだと感じたけれど最後2編はおもしろかった。
「神の見えざる手」がいちばん好きで、中でも「神は美を好む」がよかった。

8 件中 1 件~ 8 件を表示