サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/08/01 00:58

投稿元:ブクログ

 読了せず。
 地図というのは人が世界をとらえていたか、という推移であり、なんというか……この時代からこんな風に世界を見ていたのか!と驚くところが多々ある。そして驚くところが多いということは情報量が多いということであり、今はちょっと読めないなと。時間を見て読みたい。

2016/10/31 08:39

投稿元:ブクログ

古代ギリシアの地図から宝の地図、地下鉄路線図、絵本やゲーム中の架空の地図、さらにはグーグル・マップまで、およそ地図と名のつくものについての歴史と、その作成者達の物語が詰まっている。
デジタルの地図は確かに便利だが、人間から地図を読む能力を急速に奪っているのではないか、というするどい考察には、同感だ。

2015/06/04 21:41

投稿元:ブクログ

☆3つ

ここのところづっと小説ばかり読んでいたような気がする。しかし過日沢木耕太郎の『キャパへの追走』を読んで、「お、ノンフィクションも面白いのだなあ。なんと言ってもホントに起きたこと有った事を書いているから、ある意味為になるしなぁ」と思た。

この『オンザマップ』もノンフィクション。そしてかなり読みでが有った。セリフなどほとんど無いので字がびっしりと詰まっている。時々地図の写真が載るのだけれど、これがまた粗悪な写真である。デジタル処理された画像を使っているのだろうが、その画質がともかく悪い。まるで無断でNETから複写したものをこそぉーりと載せている様に思える。ぼんやりとぼやけているのが多くて、興味津々の筈の本文中に出てくる地名なんてこの地図からは全く読み取れない。これはかなりのフラストレーションになる。そのせいで☆は3つに減る。この地図がしっかりした解像度で載せられていればモンクなく☆4つであった。すまぬ。

2016/02/16 17:12

投稿元:ブクログ

 地図には描かれた当時の人々の価値観が色濃く反映されている。古代や中世ヨーロッパの地図を見ると想像上の怪物が描かれていて、未知なる世界への好奇心と恐れを抱いているのが浮きぼりになる。

 訳者によると、著者は無類の地図好きで、「丹念にリサーチした事実に、生き生きしとした個人的体験を織り交ぜて語る手法には定評がある」ノンフィクション作家兼ジャーナリスト。

 著書で描き出された地図は、古代、中世、旅行ガイド、地球儀、カーナビ、ビデオゲーム、脳の地図などさまざまだ。ところどころに図版が載っていて見ているだけで楽しくなる。

 400ページを超える厚い本になっているが、地図という途方もないテーマにしてはよくまとまっているので読みやすい。

2015/05/06 15:48

投稿元:ブクログ

・1290年に作製された「マッパ・ムンディ」。ヘレフォード大聖堂。
・アフリカの地図…西欧先進国による勢力地図。
・コング山脈のでっちあげ、地図による隠蔽、「文明化」の名の下での支配と搾取。
・19世紀から、地図やガイドブックの一般化。
 ベデガーのガイドブックはナチスに採用され、敵軍の士気を阻喪させようと、
 ガイドブックで星がついた場所を次々と破壊していった。(P.283-)
 フォースターは『眺めのいい部屋』で、ガイドブックは旅行者の自然な感情の動きをさまたげる、という。
・映画『カサブランカ』における地図。(P.295-)
・デジタルマップ普及で、想像力等の「心の喪失」につながる。

5 件中 1 件~ 5 件を表示