サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.6

評価内訳

15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

アラブの春は春じゃなかった

2015/01/26 21:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タロー - この投稿者のレビュー一覧を見る

アラブの春と言われる2011年のジャスミン革命、その前後のエジプトを中心とした中東の政権交代劇とその影響について、著者のジャーナリスト的ネットワークを駆使した生の空気を伝えている。イスラム国の問題など、欧米やメディアの見方が一方的であることがよく分かったし、革命によるエジプト人の変化などは、革命の意味や日本人の社会に対するあり方に問題提起していて、興味深く考えさせられた。もう少しこの分野に触れてみたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

残り香

2015/12/17 10:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

本のタイトル《ジャスミンの残り香》このアラブの春から時間の経過を比喩的表現としたならば、ぴったりと当てはまった言葉だと感じます。
革命を経験した《生きてる時代に実体験した》著者が、一般民衆の生きた言葉で会話を通じて表した事により、新しい発見や客観視でき、ハマりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/30 13:48

投稿元:ブクログ

エジプトはアラブの巨像である、周辺国でぇしばし、戦争や民衆蜂起が繰り返されてきたが、それまでの数十年間、エジプトだけはずっと眠っていた。

成果という点にこだわるのなら、悪名高いスターリンはもっと評価されてもよいかもしれない。集団化による農民の犠牲や強制収容所の恐怖と引き換えに、スターリン時代のソ連はナチスに一撃を加え、5か年計画で奇跡の工業化を成し遂げ、数千もの学校建設によって識字率を向上させ、スターリンの死後も植民地主義の傀儡に抵抗する数限りない世界各地の戦いに支援を与えた。

2015/01/10 11:39

投稿元:ブクログ

なんとなく物騒なところという認識でしたが、少し頭の中が整理されました。イスラム国の背景も少しわかったようです。しかしそこに生きる人々の現実は厳しいです。

2014/12/30 16:39

投稿元:ブクログ

独裁政権を倒した「革命」後、反革命が蘇って報道に走る。ただ、それだけならよくある平板な悲劇だ。だが、エジプトでのポスト「アラブの春」の展開の特殊性は、反革命の復活劇に民衆が進んで手を貸した点にある。民衆の主観的な意図がどうであれ、それが客観的な流れだ。p60

気がつけば、「春」ははるか後景に退き、人びとの口からは代わりに宗教、そして宗派抗争を案じる言葉がつぶやかれていた。イスラーム主義というこの地域の大命題がエジプトに限らず、「アラブの春」がめぐった先々の国で立ちはだかっていた。p152

そもそも「アラブの春」という一見、美しい命名自体が不吉だったのかもしれない。そこには1956年のハンガリー動乱や、68年のプラハの春のイメージが重ねられていたのではないか。ともに「革命政権」に対しては民衆は血で抗い、そして鎮圧された。p214

2016/01/14 06:34

投稿元:ブクログ

「アラブの春」による革命の高揚とその後の迷走。それの個人史的検証を返す刀で日本の紫陽花革命の拙さに重ねながら「革命精神」とはなにかを探っていく。秀作。

「アラブの春」から5年がすぎようとしているいま、エジプトにしてもリビアにしても、あのとき民衆の熱狂が求めたものとは違う様相となっている。ましてやシリアは完全に戦場となってしまった。暗澹とする行く末。この本は熱狂が過ぎ去った革命後の現場を歩き、光と陰とを見分けようと試みるノンフィクションである。

暴力の荒れ狂う中東からのリポートと古い友人の再会の風景が交錯し、テレビが映し出すアンリアルな「中東」のイメージの内実を映し出していく。

2015/01/04 14:23

投稿元:ブクログ

ジャーナリズム臭と元新左翼活動家臭がプンプン。かつてそういうのが格好いいと思ってた自分が思い出されて、げっそりしてしまった。書かれていることは、興味深くはある。

2016/02/27 22:31

投稿元:ブクログ

「アラブの春」がもたらしたものはなんだったのか、という問いに対しては、民衆一人一人の変化であり、革命とは必ずしも体制の変化ではなく、自分たちの力でいつでも現状を変えることができる、という自信を持つことができるようになること、ともいえるのではないか…というのは大変興味深かった。
文章がちょっと読みづらかったな…抽象的で長々とした表現が多かった。自分の知識が追い付いていないからというのも大きな理由だけれど、それにしても文章が頭に入って来づらかった。

2015/09/06 23:19

投稿元:ブクログ

2002年にイランに行って以来、つとめてイスラムとは何かについて理解しようとしているけれど、未だに確たるものは無い。2014年の開高健賞受賞作品であるこのノンフィクションは、その意味でも出色である。アラブの春とは何だったのか。エジプト、そしてシリアの今の姿を、市井の人を通じて分析するこの一冊はここ数年ではピカイチのイスラムノンフィクション。そして、傍目にはとても成功したとは思えないエジプトの抗議運動から、日本の反原発(そして今なら反安保)デモを浮かび上がらせ、日本人に足りないものを間接的に指摘しているようにも思え、その視点に共感する。
筆者は1960年代産まれだか活動家としての前歴を持ち(つまり革命家としては挫折し)、またトランスジェンダーであることもカミングアウトしている。マイノリティの王道(変な言い方だけど)を歩んできたことでこそ得た目線が、こう言う見方をさせるのかな、ともちょっと思った。

2015/11/21 13:05

投稿元:ブクログ

ルポとしてはエジプト、シリアへ行った部分はいきいきとして面白い。ただ、モルシ→ムルシー、バーレーン→バハレーン、等、「俺、アラビア語わかるからこれが正確な発音だし」みたいな部分が鼻について、読みづらかった。もと記者なら、日本で一般的な表現にしたほうが、読者としては読みやすい。さらに、原発の話は余分で、この本のタイトルをみて本を手にとった読者にとっては白ける。

2014/12/02 23:56

投稿元:ブクログ

時系列も場面もあちこち飛ぶし横文字多いしで非常に分かり辛い本だった。しかし、終章だけは読む価値があった。革命の本質とは何か、何が重要なのかが分かった気がした。

2015/04/06 13:29

投稿元:ブクログ

[春よ、いずこへ]世界中の耳目と賞賛を集めながらも、のちの政治的混乱などから今ではその季節は終わりを告げたと捉えられることが多い「アラブの春」。革命は徒労だったのか、という問いに対し、中東各地を取材し、生の声を聞いた記者が綴ったルポルタージュです。著者は、カイロ支局での勤務をはじめとして、長年にわたり中東地域に関わり続けてきた田原牧。第12回開高健ノンフィクション賞受賞作です。


自身も活動家であったことが影響してか、カイロを 始めとする都市を訪ね歩いた末に著者が導きだす「革命とは?」との問いへの回答には興味深い示唆がありました。また、特にアラブの春以降の中東情勢が簡潔にまとめられていますので、複雑と見なされることの多いこの地域について知る一歩としても役立つ作品だと思います。


因果関係をはっきりとさせないままに行われる日本とアラブの比較、その比較の土台となるアラブの春に関する思索に関して、その枠組みからチュニジアがほとんど抜け落ちていることなど、欠点もないわけではありませんが、そういった諸点を含めて、日本人のある知識層が持つアラブ感の一端を如実に示す一冊でもあるように思います。少し穿った見方かもしれませんが、まがりなりにも中東やアラブに関わる人間として、思わず考えさせられるところが少なくありませんでした。

〜革命が理想郷を保証できないのであれば、人びとによって最も大切なものは権力の獲得やシステムづくりよりも、ある体制がいつどのように堕落しようと、その事態に警鐘を鳴らし、いつでもそれを覆せるという自負を持続することではないのか。個々人がそうした精神を備えていることこそ、社会の生命線になるのではないか。〜

なぜこの本に「ジャスミン」と銘打ったのだろうか☆5つ

2015/01/06 21:21

投稿元:ブクログ

この本を読んで分かったことは、自分はイスラム教について、また中東についてあまりにも素養がないことでした。難しい固有名詞がたくさん出てきて、読み通すのは苦しかった。

2014/12/29 00:06

投稿元:ブクログ

イスラーム国というキーワードを読み解くためには、中東の現状を把握しなければならないと思い立ち、本書を手にした。アメリカの中東戦略の徒花とでもいうべきアルカイダがテロを起こし、イスラーム国樹立に至ったのが2014年。9・11のアルカイダのテロに大義などないが、同様に報復したアメリカのイラク戦争にも大義はない。
イスラームは神という絶対的な他への完全なる服従によって、我執からの解放、すなわち絶対的な自由を獲得しようとする思想、だという。そこで異物の排除が生まれる。それはタクフィール(背教宣告)というイスラム教で定められた猛毒(虐殺)さえも容認される。民衆に牙を向ける運動の過激化はイスラムに限ったことではなく、クメール・ルージュやセンデロ・ルミノソ、ひと昔の日本の新左翼セクトの恐怖支配との類似性に救いのなさを感じざるを得ない。

2015/01/22 13:49

投稿元:ブクログ

あまりにもアラブの国々、イスラム教についてわからないので、なんとかもう少し理解を深めたいと思っている。
少し前に内田先生と今話題の?中田考さんの対談本「一神教と国家」を読んだ。
これからも、関心を持っていきたい。

わかりやすく書かれていると思うが、わりと読みづらかった。著者の経歴も気になった。東京新聞も最近気になっていたところだし。

スンナ派とシーア派の区別だけでも、高校時代からどっちがどっちか混乱しているのに、スンナ派の中も分かれていて・・・ちょっと覚え書きとして書いておきたい。

スンナ派は四大法学派に代表される伝統主義とサラフィーヤに分かれている。
伝統主義というのは著名なイスラーム法学者による教義の解釈を権威あるものとして認め、それを伝承していく潮流。
サラフィーヤはそうした伝統主義が初期のイスラーム精神を歪曲させたとみなし、教団そのものともいえるイスラーム共同体(ウンマ)が成立した当時の預言者ムハンマドと教友たちの純粋な精神の回復を目指している。
キリスト教にたとえると、前者はカソリック、後者はプロテスタントに近い。
サラフィーヤにも、大まかに三通りの傾向がある。一つは現実政治から距離を置いて宗教的戒律を厳格に守ることに固執するワッハーブ主義(サウディアラビアの国教)に代表される流れ、二つ目は政治には積極的に関わるが、あくまで今ある国民国家の枠組みを前提とする同胞団系の潮流だ。三つ目が最もラディカルで、民族や国境とは無縁だったウンマを早期に解決するためにイスラーム圏での近代国境を廃止し、共同体の歴史的な運営方法であるカリフ制を最高させようという勢力。
166ページ

アラブの春とは直接関係ないが、個人的に引用しておきたい部分。原発は反対と思うが、きちっとと言葉にできなかった。この部分を読んだとき、「そうだそうだ、私も自分の言葉でこういうふうにまとめたかった」と思ったところを引用しておく。

”原発が許されない根幹の理由は、そのシステムが被爆労働者という人柱を生み出し、過疎地へ危険を押し付けるという何重もの差別を不可欠とし、さらに放射性廃棄物という始末に負えない毒物を将来の世代に丸投げするという非倫理性にこそある。” ー 93ページ

15 件中 1 件~ 15 件を表示