サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

中尉

中尉 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/01/12 12:15

投稿元:ブクログ

良い意味で隙がなく、構成がしっかりしている印象を持ちました。なぜ中尉は姿を消したのか、めいめいの推測もむべなるかなと思わせる伏線が至る所に張り巡らされていました。事実は何も書いていません。私は中尉がアジアの解放を夢見て、ゲリラ闘争に身を投じたと思いたいです。このような日本人が実際にいたのですから。

2015/04/07 08:37

投稿元:ブクログ

敗戦色濃厚なビルマ戦線において、農村に発生したペストに対処すべく派遣された軍医の姿を、その護衛として送り込まれた軍曹の目を通して描いている。
戦争小説といえば、敵との戦いが中心となることが多いが、本書で日本軍が戦う相手は、当時敵対していた英国軍ではなく、ビルマ人の武装強盗団。
前線を描いているのではなく、ペストの発生から封じ込めまでの軍および軍医の行動を丹念に描くとともに、軍の支配下にある村の生活、そして、日本軍の敗戦からビルマの独立運動にむかう動きと、そこに戻ってきた支配者としての英国軍の存在、それらいろいろな動きについて、軍曹の目を通して感じ、考える。
淡々と描かれているが、これも真実の戦争小説なのだと思う。

2015/01/20 20:08

投稿元:ブクログ

新聞読書欄からのピックアップ。
大阪万博の年に生まれた世代がどう戦争を描くのか非常に興味が湧いた。
静謐、言い換えれば地味でヒーローも存在しない物語はなんの面白味もなくただただ退屈に尽きるのだが「それこそが戦争」と敢えてそこに踏み込む作風はこれまでになく新鮮。
ビルマ、終戦、残留と言わずと知れたあの物語に挑むような作り込みにもかかわらず「大義」としては水島に及ぶべくもなくましてや尉官の行動としては到底甘受出来るものではなかったことは残念の一言。
しかしながらも読みどころは多く他の作品も読んでみたいと思わせる作家であった

2015/05/20 17:43

投稿元:ブクログ

 孤高の戦争作家、古処誠二さんの新刊である。当初は悲惨さを強調していたが、近年は切り口を変えており、個人を描くことに注力している。本作もまた然り。

 終戦間際のビルマ戦線で、ペスト拡散防止のため、ある部落に派遣された軍医・伊与田中尉。その護衛の任務で同行してきた尾能軍曹は、あまりに軍人らしからぬ中尉の立ち居振る舞いに、我慢がならなかった。どう見ても役職不適格ではないか…。

 そんな本作だが、部落に侵入した武装集団に、伊与田中尉が誘拐されるところから始まる。尾能は任務に失敗したことになる。少なくとも、中尉は軍医として任務を果たし、住人たちから慕われ、感謝されていた。それなのに、尾能には悪びれる様子もない。

 本来なら処分されるはずが、噂通り終戦を迎えた。行方知れずの兵など多すぎて、伊与田の件も問題視されなかったのである。やがて英国の俘虜となっても、尾能はまだ考えていた。伊与田という人物は何者だったのか、本質は何か。

 伊与田を知る者からの評価は、尾能が知る姿とはあまりにもかけ離れていた。伊与田が変わった原因は、直接聞いた。それでも尾能は、そんな推測を認めるわけにはいかなかった。伊与田は誘拐され、殺されたのだ。そうに違いない。

 タイトルこそ『中尉』だが、メインは尾能の心理描写と言ってよい。見た目だけで伊与田を判断していた尾能。彼が苛立つのは、自分自身にか、本質を見せなかった伊与田にか、それとも両方か。彼は生涯、伊与田の幻影に悩まされるのではないか。

 おそらく読者にも、伊与田の本質はわかるまい。もちろん僕にも。第三者を通してしか語られない伊与田の人物像。悲惨な描写が皆無な本作が伝えたかったものは何だろう。人を見た目で判断する愚かしさか。それならば、現代にも通じるテーマだが。

 同じビルマを舞台にした『ニンジアンエ』と読み比べると、興味深いだろう。宣撫班と記者、そして軍医。前線を描くだけが、戦争小説ではない。

4 件中 1 件~ 4 件を表示