サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

ぐっとくる題名 増補版(中公文庫)

ぐっとくる題名 増補版 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2015/02/01 21:45

投稿元:ブクログ

【引用】

・ 題名において、整合性がとれていることと、心に響くことは必ずしも両立しないのだ。(p17)

・現代に生きる我々は皆ある意味で、古語と現代語のバイリンガルなのである。ときに頭で翻訳しながら、ときに実感として古語を読むことができる。(p60)

・パロディとは、元とのギャップで楽しませるものだが、差がすぐに分かってしまうのではつまらない。 逆にずっと分からなくても成功とはいえない。まずぱっとみてパロディと分かって、そのあとだんだんと二者の落差が(薬のように)効いてくる。(p72)

・パロディというのは二次創作なので、面白さとひきかえに安っぽくなりがち。パロディでなおかつ品をも保つのは稀有なことだと思う。(p74)

・(「隠し砦の三悪人」に対して)どこまで明かして、どこから言わないか、さじ加減に優れた題名といえる。(p79)

・(「11人いる!」に対して)ミステリーの幕開けを告げ、緊張の針がマックスまで振れた瞬間が、この題には凝縮された。(p81)

・(「幸せではないが、もういい」に対して)この題名をみると笑ってしまうのはなぜだろう。これにも僕はポジティブなものを感じてしまうのだ。「幸せではない」のに。
 「もういい」という台詞は、諦めなのかもしれない。だけどふっきったことを示す「もういい」もある。(p107)

2014/11/11 21:05

投稿元:ブクログ

文庫化して改めて買いました。
「増補版」、と書いてあるのが魅力で。

題名には正直、あまり関心がありませんでした。
好きな作家の本なら、題名関係なく買ってしまうし。
でも確かに、本屋に行ってフラフラと本を眺めてる時、ぐっとくる題名だとついつい手に取ってしまうかも。
そこでまた、読書の幅が広がったりするから、題名ってやっぱり重要。

個人的に「残りのマークだのパンサーだの」がツボでした。

2014/11/03 10:40

投稿元:ブクログ

本や映画のタイトルにもいろいろな工夫や苦労があるものだ、という読み物。
著者曰く「とっちらかった」本文もそれなりにおもしろく読んだが、いちばん興味深かったのは<ボーナストラック>の「我々には「言葉」が足りない」と、文庫版あとがきだったので、この増補文庫版を手にとってよかったと思う。

2014/11/24 22:15

投稿元:ブクログ

題名は私にはかなり重要なポイントで、特に小説や映画のタイトルというのは、それだけで購買力や観たいという欲求をプラスアルファする魔の手のようなものである。そこに目をつけた本書のタイトルに「ぐっと」きました。
以前、「テレビくん、どうも」という番組で、作家の長部日出雄さんが「松本清張の小説はタイトルが巧い。物語の内容に私は負けないが、タイトルの付け方に歴然とした差がある」という発言をされたのを思い出した。

2014/11/11 13:01

投稿元:ブクログ

本来、内容を端的にあらわすことを目的としてつけられる、題名。その題名が、ときにその本来の目的を超えて自己主張してくることがある。著者はそういう「記憶に残る」「素敵な」題名を総称して「ぐっとくる題名」と呼び、その仕組みと効能を解明する。とりわけ、長い題名でヒットしたB'zと岡村靖幸の曲名を比較しつつ解明した章などおもしろかった。印象に残ることばと出会うとつねにノートしておくという小西康陽は、「名前があって中身がある」とどこかで語っていたけれど、作家である著者もきっとそういうタイプなのだろう。

2014/11/30 09:13

投稿元:ブクログ

スター・ウォーズ・エピソード6の原題は当初revenge だったように記憶している。邦題はそれにならって「復讐」と付けらけたのだが、公開時にはreturnに変更されていたのではなかったか。そこだけ気になった。

6 件中 1 件~ 6 件を表示