サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

hontoレビュー

アルピニズムと死 僕が登り続けてこられた理由

アルピニズムと死 僕が登り続けてこられた理由 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

もっとも難しいゲーム

2015/05/04 19:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きらら - この投稿者のレビュー一覧を見る

登山はしないけれど、なぜか山の本は好きだ。
サッカーはしないけれどサッカー観戦が好き、などというのと似ているかもしれない。

「山での死は決して美しくない。でも山に死がなかったら、単なる娯楽になり、人生をかけるに値しない」

うーん、すごい言葉だね。そしてさらに、こんなのはどうだ。

「山登りはとても不思議で難しいゲームだ」

山の弱点を突き、山の裏をかき、自分のすべてをかけて攻略する。
カッコいい、という言葉ではうまく表せないけれども、カッコいい。
それでいて、ときには緊張し、おびえ、迷う、普通の人間なんだからますます魅了される。

彼の奥さんがまたすごい登山家で、もしかしてもっと肝は座っているのかも。
いやはや。すごい夫婦です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/20 22:50

投稿元:ブクログ

かつて「天国に一番近いクライマーと呼ばれていた山野井さんはなぜ死なずにいまも生き延びているのか?」について本人がかたった本。
以前、バフィン島遠征の直後の講演会で話をうかがったことがあるが、「もうやめたらいいのにといわれるけど、やめられないんですよね、こんな楽しい事」と朴訥にかたっていたのが印象的だった。
「僕は危険を好み、何度もそれを克服してきました。しかし吹雪の一の倉沢に出かけるような危険な領域には踏み込まないように注意はしてきたのです。破天荒の格好よさを少しは理解できますが、胸の奥に見え隠れする狂熱的な熱を抑えながら計算高く慎重に山を選び、状況を見極めてきたのです。限界のように思えていた一線を超えた瞬間は表現できないほどの喜びがありますが、大幅に限界を超えてまで生還できる甘い世界ではないことをしってるつもりです」132
ここに彼が危険のギリギリでクライミングをし続けながら生き延びてきた答えがある。
そして自分も含めた現代の登山状況への懸念の表明も。楽しむだけの登山が増え、タレントがショーのように山に登り。そういうのを非難するつもりはないが、それだけでいいのか?「どこまでやれるのか?」というアルピニズムは必要ではないか?
自分なりのアルピニズムに山の仕事も向かいあっていきたいと思われるアドレナリンがでる本。

2017/04/11 07:25

投稿元:ブクログ

奥多摩に、有名なクライマーの山野井さんが暮らしているという話は何度も聞いていたけど、出会ったこともなくこの本で初めて彼の書いた文章に出会い、それもそのはずと得心したところがありました。アルピニズム、、奥多摩にはじめてきた人たちも楽しめるレンタサイクルツアーに照準を絞って活動していた自分と真逆のところに、自分の限界を知りたくて取り組む世界を最高に楽しんでいるこんな人もいる。その一冊が奥トレの読了本交換で手に入るってのもなにかの縁かもしれないですね。そういう楽しみ、忘れてたかもと思いました。

2017/05/21 11:21

投稿元:ブクログ

「天国に一番近い男」山野井泰史氏の自伝。
後輩でもあり友人でもある野田賢氏の死をきっかけに、今までの経験をプロアマ関係なく後世に伝えることを目的に書かれた本。

自分の体験を当時のインタビュー記事や自分の記憶で振り返りながら語っていく。

その中で印象に残ったところを2つ。

1、2002年に凍傷でかなりのダメージを受けて指の力が入らなくなり、懸垂ができなくなる。
そんな状況で山野井氏は「一瞬で子供のような弱い体になってしまったので、一般の人が嘆く体の衰えを感じることがなく、徐々に進歩していると感じることができる人生を再び歩めているのは、もしかすると幸運なのかもしれません。」(要約)

ポジティブすぎて笑えてくる。

2、自宅近くの奥多摩湖のコースをトレーニング中にクマに襲われ大怪我(右手と顔合計90針)。三か月後にはオーストラリアでクライミング。
熊除けの鈴をうるさく鳴らしながら登る登山者をバカにすることをやめて、見通しの悪い森に足を踏み入れるときに警戒するようになるが、襲ってきたクマが子連れだったので、子熊が成長した姿をいつか見たいらしい。

クレイジーだね!

2016/05/26 19:37

投稿元:ブクログ

山は、死と隣り合わせにあることを改めて認識させられた。生きて帰ってきた人と、戻ってこられなかった人との違いは、いったい何なのだろう。この書で触れられた人たちはみんな経験があり、スキルを持ち、状況判断がきちんとできる人たちだ。油断とか不注意とか、ひとことではきっと語れない。山はなんて怖く、そしてなんて素晴らしいのか。

2014/12/31 09:07

投稿元:ブクログ

自分が登山家になりたいとも思わないが、登山家だったら、間違いなくもう死んでいる。思いつきで行動し、確認はおろそか、著者とは真逆にいるのではと思う。また、著者の極限に挑戦しているからなのだろうか、年齢を積むことでの考え方の違いも見られる。若い時の登山から、指を失ってからの考え方の変化、それでも挑戦する心は失わず、できることを模索する。自分はそんな極限に挑戦する人生は歩んでおらず、でも挑戦することは忘れてはいけないのだと、年末最後の読書で思う。

2014/12/10 08:01

投稿元:ブクログ

- ペルー、アンデスでの最高の旅から9ヶ月後、まるで駆け抜けるように彼はいなくなってしまったのです -

まちゃるが山で死んで半年。いや、もっと経つかね。
彼のペルーでの大登攀の記録の一部が紹介されています。泣いたり笑ったり、ビビったり、あいかわらず忙しいやつだ。

関係者は必読!

2016/11/17 00:27

投稿元:ブクログ

読後は率直に「世の中にはすごい人がいるもんだなぁ…」という気持ちがわきました。
登山家の本を読んでみたいなーと思って検索したところ、「天国に一番近いクライマー」「世界最強のソロクライマー」と紹介されていた山野井泰史さん。
単独または少人数で、酸素ボンベを使用せずに難しいルートから挑戦し続ける世界的なクライマーです。

2002年、チベット高原ギャチュン・カン北壁登頂に成功した際に雪崩に巻き込まれ、凍傷で手足を計10本失います。
その北壁下降時の描写が極めて冷静なことに驚きました。
標高7,000m付近で雪崩に遭遇。眼球が凍り始めてしまい、視力を失ってしまう。次に手をかける場所を確認することができないーー。
そのような状況で生きて帰るための手段が、手袋を外し、手の感覚を頼りにピストンを打ち込んでいくことだったのです。手の指を失う結果になったのも、山野井さんにとってはその時取れる手段を冷静に選択した結果だったのです。
ほぼ日刊イトイ新聞でのインタビューを読むと、失っても日常生活に支障が少ない指はどれか…と、失う順番まで考えていたとのこと。
実際にはやはり生活に支障が出てしまったそうですが、極限状態で自分にとって現状で最も最適な手段を選びとる精神力は、一体どうやって身に着けるのだろうかと嘆息してしまいました。

自分が日常生活で日々追われている選択肢なんて、もっと気楽に構えてもよいのかも、と思える本。
成功しても指を失う、失敗したら死ーーそんな選択を突き付けられることはまず無いのですから。

その後、山野井さんは自宅近くの奥多摩からリハビリを始めて、2013年アンデスのプスカントゥルパ東峰南東壁の初登攀に成功しています。…すごい。

参考:http://www.1101.com/yamanoi/index.html
(ほぼ日刊イトイ新聞「ぼくは「想像」が得意 クライマー・山野井泰史さん、その発想」,2013.10.21-10.23)

2015/06/30 21:30

投稿元:ブクログ

日本のトップクライマーが、指をほとんど失うに至る側から見ると無謀なクライミング人生を振り返り、多くの同業者が死んでいく中で何故自分が生き残ったのかを考察する。
自然に対峙する緊張感の中でのみ、生きている実感を味わえる性格のようで中学生の時より死んでもおかしくないような無理な事をしていて、それが今の今まで指をなくそうが続いている。が、著者自身は他の人よりも慎重だと言っている。本を読んだ限りではたまたま運が良かったようにも見えるが素人なのでよくわからない。

2015/01/03 11:29

投稿元:ブクログ

スゴすぎる。どうしてそこまでするんだろう…結局はまだ理解できなかった。ギャチュン・カンはさらりと書いてるが、下山後の写真は衝撃的。クマの話も恐怖。安全で楽しむだけの登山をしたいんだけど、それでも急登や長い下山道は苦しいんだよね。

2015/02/10 12:54

投稿元:ブクログ

役に立つような種類の本ではないけど、無類におもしろい。一つの対象へ情熱を冷ますことなく持ち続けている作者に嫉妬。

2016/03/03 21:01

投稿元:ブクログ

沢木耕太郎の「凍」を読んでから何となく気になってる人。

ギャチュン・カンの登頂以降、
どうクライミングと取り組まれているのかが
少しでも知ることができてよかった。

12 件中 1 件~ 12 件を表示