サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 猫怪々
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

猫怪々(集英社文庫)

猫怪々 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

加門さんにブレーキを!

2016/12/30 11:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙がとても可愛い。加門さんの愛読者で猫好きだが 子猫への愛ゆえにあらゆる手段をつくす加門さんに若干引いてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/11 20:34

投稿元:ブクログ

猫好き、というか猫バカの本。
読んでるとニヨニヨしちゃいますね。猫は天下の回りもの。なるほどです。

2016/03/15 11:08

投稿元:ブクログ

猫好きによる猫好きのための育描日記。ただしオカルト系。

死にかけていた子猫を拾ってしまった著者が、試行錯誤しながら"のの"と名付けた子猫の病気と戦うという闘病記である。医学よりもオカルトに頼るというスタンスなので、人によっては胡散臭く感じてしまうかもしれない。でもそこは素直に日記と受け取らず、あえてフィクションだと思えば楽しめるんじゃないかな。わたし自身も、書いてあることを頭から信じたわけではないし。否定しているわけでもないけど。大切なのは適切な間合いです。

2015/07/09 23:22

投稿元:ブクログ

何の縁でか子猫を拾った作者が子猫を必死に育てる育猫日記。ネコ好きならよくわかる~と共感できます
でも猫から黒い虫が湧いて出たり、死んでしまった動物たちが寄ってきたり、というところがほかの猫エッセイとは一味違った加門七海さんらしいところです。

2016/02/04 18:08

投稿元:ブクログ

猫と共に暮らす身として全力で頷いてしまった。
自分は零感だが、“抜ける”現象や数々の不思議について「猫ならば仕方ない」「そんな事もあるだろう」くらいに思わせる力が猫にはある。良い事ばかりではないだろうが、より猫に近いチャンネルをお持ちの加門さんが少し羨ましくなる。

2015/01/21 14:57

投稿元:ブクログ

表紙に惹かれて購入した。
怪談体験中心の内容なのかと思っていたが、1冊丸ごと猫への愛で溢れている素敵な本だった。
私も猫を飼っているため、共感出来る部分も多かった。また、成る程!と思うようなこともあって、読んでいて飽きなかった。
猫好きな方におすすめしたい。

2015/08/25 15:36

投稿元:ブクログ

子猫を拾った加門さんの全力っぷりがすごい。
それにしても、こんなにも大変なことになったのはののちゃん(加門さんが拾った子猫)が特別な猫だから?それとも、拾ったのが加門さん(霊感持ち)だから・・・?

「猫のためにここまでするのか」と思う人と、「その気持ち、わかる!」という人に分かれそうだけど、個人的にはいい話だと思いました。

2014/10/21 09:05

投稿元:ブクログ

祝文庫化!

集英社のPR
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-745253-2&mode=1

2014/11/30 15:45

投稿元:ブクログ

これは加門さん版『ノラや』なんだなと思う。
オカルトっぽいけど、いろいろ絡んでるけど、根本にあるのは自分の飼っている猫が可愛くて、可愛くて、たまらないということが綴られている。
思わずクスッ! と笑いながら唯一かつて飼っていた愛犬の幽霊(だと思う。母が入院してメンタルも身体もぼろぼろの時に出てくれた)にあったことがある私には感慨深いものがあったりする。

2015/08/02 17:39

投稿元:ブクログ

オカルトマンガが好きだ。作者が主人公のものもいくつも読んだことがある。だが、活字で読むとどうしてこんなに荒唐無稽で失笑しそうになるんだろう。
猫の名誉のために言う。猫は恨まないし祟らない。もし恨んで祟ることができるなら、日々「呪い殺しにおいで。そうしたらもう一回会える」と願っている私のところにうちの猫は来てくれないのか。
猫の話を読むたび、うちの子は大人しく、控えめで、いたずららしいいたずらもせず、私を慕って思いやってくれ、我慢し、諦めて、それでもそばにいてくれたんだと思う。それが限界にきて出て行ったのか。そうだとしたら、可哀想すぎる。
帰ってきてほしい。償わせてほしい。今度はちゃんと幸せにするから。お願い、帰ってきて。

表紙の絵が素晴らしい。この一点のみでも手元に置く価値があると思う。

2016/02/16 00:32

投稿元:ブクログ

加門七海さんの本が好きでずっと読んでいるが、今回の育猫怪異エッセイには驚いた。良い意味で加門さんが壊れている(笑)。いや、これが育猫の現実なんだろう。私も犬を飼っているのでとても共感できる点が多数。しかし猫ほど犬はミステリアスにはなりにくいけど。いや私には霊感がないだけか。動物愛に溢れた心温まるお話でした。

2016/10/29 17:12

投稿元:ブクログ

可愛くて表紙買いした、オカルト子猫育日記(笑)
かなりぶっ壊れてる気もしますが、わたしも猫の下僕なので分かる部分も多々あります。
中身としては好みは別れるかと思います。
ののちゃんどうぞ健やかに幸せに。

12 件中 1 件~ 12 件を表示