サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

国難の正体 世界最終戦争へのカウントダウン 新装版

国難の正体 世界最終戦争へのカウントダウン 新装版 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/03/20 16:03

投稿元:ブクログ

ウェブ上にはネトウヨが出現し、ニュースではヘイトスピーチ問題が取り上げられるようになった。私が歴史認識に目覚めたのは昨年のことだ。20~30冊の本を読んで完全に目から鱗(うろこ)が落ちた。どっさりと。
http://sessendo.blogspot.jp/2015/03/blog-post_20.html

2015/06/27 17:53

投稿元:ブクログ

グローバリズムの正体、それは、ユダヤの基本的思想。共産主義国家も、超金融資本国家も同根だということが理解できる。

真のナショナリズムの国日本、そしてプーチン率いるロシア、ユダヤ国際金融資本のプロパガンダに手を組んで戦わなければならない。

人間の持っている物質的欲望の部分と精神的渇望の部分。ユダヤ金融資本家にも一部の精神的渇望があるとし、日本もロシアも諦めることなく今後も丁寧に戦った行かなければと筆者は締めくくっている

「色心不二」私もバランス感覚を失わず人生を送って行きたいと思いました。

2015/07/04 00:38

投稿元:ブクログ

2015/07/03:読了
 読んだ記憶が...
 この本自体は良い本だけど、最近の情勢を書き入れた
 『国難の正体――日本が生き残るための「世界史」』の
 新装版だった。

2014/11/30 14:56

投稿元:ブクログ

元駐ウクライナ大使による世界政府とも呼ばれる産軍複合体の実相に迫る書。歴史的事件の背景を追いながらその真相と今後日本の歩むべき道筋を提示。

4 件中 1 件~ 4 件を表示