サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/07/20 00:59

投稿元:ブクログ

「リバース・イノベーション2.0」という大層なものではなく、勃興する中国の工業製品の紹介という方が適切。
一応、リバース・イノベーション2.0の特徴として、
・最先端ではなく”最適な”技術
・社会ネットワークによる大衆のイノベーション
・独自ではなく、グローバルリソースからの価値創造
・技術と社会の両輪のイノベーション
とあるが、”2.0”とまで言ってしまうのは違和感がある。リバース・イノベーションを前面に出したいのであれば、『リバース・イノベーション大国中国』といった方が内容に合致する。最適な技術が必要、なんていうのはどこのどんな場合でも当てはまるし中国特有でも、現代特有のものでもないし。

そう理解して読めば、Huawei、ZTE、小米などの事例紹介としては悪い本ではない。タイトルが残念。

1 件中 1 件~ 1 件を表示