サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 羅針
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

羅針(文春文庫)

羅針 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

羅針

2016/02/29 20:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kenken - この投稿者のレビュー一覧を見る

漁船で働く父と、離れて暮らす家族、中でも一人息子との
関係を軸に、物語は進んでいく。家族小説でもありながら
印象的なのは海での場面。特に南氷洋での捕鯨船での
場面はその実態を初めて知り、その過酷さはそれだけ
でも読む価値ありです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/16 11:33

投稿元:ブクログ

高度成長期。クジラを追う話。まさに「昭和の男」
とてもよく書かれている。
作者の取材力の高さがうかがえる作品。

2014/12/23 16:59

投稿元:ブクログ

昭和37年。三等機関士の関本源蔵は妻子を陸地に残して北洋漁業に出立した。航海の途中で大時化に襲われた源蔵は、戦時中にサイパンで別れた父親と、アメリカの潜水艦に撃沈された船に乗っていた幼い友のことを思い出した-生還は果たせるのか?生きて働くことの意味を激しく問う「昭和の海の男」の物語。

2016/03/09 18:23

投稿元:ブクログ

戦時中に父とサイパンで生き分かれ、もう1艘の引揚げ船はアメリカの潜水艦に撃破されて友を失い、
母と幼い兄妹のために船乗りになることを決意した主人公
順調に出世を重ね、妻の実家近くに家を建て、子供たちも成長していくが、
父として思秋期の息子との付合い方に悩む。
北洋漁業で同乗している同郷の青年を息子に照らし、大時化に見舞われていく中で
生きて働くことの意味を深く考える「後に続く者への羅針として」

2014/12/28 12:05

投稿元:ブクログ

201412/どのジャンルでもしっかり面白く、どのジャンルでも男性描写に味がある(その分女性キャラは薄いけど、男の世界を描いているのでそれはそれでアリ)。安定のページターナー。テーマや物語中の時系列のわりに頁数少ないので、後半の脱出劇や息子との関係とかあっさりに感じてしまうけど、却ってスピード感があっていいのかも。

2015/03/17 22:57

投稿元:ブクログ

遠洋航海の機関士を主人公とし、一家の主として遠洋航海とどう向き合うか、そして子どもに関われないツラさが描かれる。家族のように共に過ごし、南氷洋で捕鯨をする船員同士の絆の強さと、それに反比例するように伝えたくても子どもとの関わりが減っていく生き方。
その中で、父から継がれたもの、そして息子に継がれる意志が伝わってくる。

2016/02/29 20:06

投稿元:ブクログ

船乗りについての描写や説明はさすが楡周平と言ったところ。文章も重すぎず軽すぎず読みやすい。
自分自身生きていればなんとでもなると思っているので共感出来た。不自由なことによって自由になるというのもまさに自分が思っていることだった。

話全体を通してすごく納得する部分が多かった。明日もとにかく生きていこうと思う。


船乗りに全く興味はなかったが、一度船乗りになってみたいと思ってしまったあたり、楡周平の文章力を再認識できた。

7 件中 1 件~ 7 件を表示