サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2016/12/14 01:28

投稿元:ブクログ

津田塾大学の三砂ちづるが主催する「多文化・国際協力コース国際ウェルネスユニット」のゼミ生たちの問いかけに、日本思想史に関する多くの著作のある渡辺京二が答えるという本です。

三砂のゼミ生たちが押し着せのテーマではなく、自分と世界との接点となるようなテーマに取り組んでいることが印象的でした。そうした彼女たちの姿勢が、大文字の「思想」ではなく、日本人の生活の陰影をたどることでその中に息づいている細やかな「思想」を追求した渡辺の学問的態度と響き合うところがあったのではないかという気がします。

2015/01/26 09:02

投稿元:ブクログ

私は女学生ではなく中年のおっさんだけど、かなりの共感を持って読み進めた。半ばは女学生に、半ばは渡辺先生に。
学生たちが津田塾の、しかも三砂ちづるゼミの学生ということで、相当に「意識高い成分」が濃いとは思われる。彼女たちのもつ生きづらさの正体を、歴史家が穏やかに諭すようにときほぐしていく。
渡辺京二は「何々すべきだ」なんて話し方はしない。「何々しとったらええんですよ」という。
渡辺によれば、学生たちの生きづらさの根っこにあるのは、人間は自由で自立していて夢をもって生きるべき、というドグマ(本人はそんな言い方はしていなくて、評者である私の要約)。趣旨は『逝きし世の面影』にも色濃く出ていたと思うが、庶民は「分をわきまえ」ぼちぼち生きとったらええんです、「ふつう」のレベルを上げすぎているから下げなさい、という。
学生たちは理想が実現されていない現実社会を「異常事態」ととらえていて、それは、自己実現という面でも、社会正義という面でも強い思いなんだということが伺える。渡辺翁はそれに対して異常ではない、正常でもないが通常だ、という。
ふむ。沁みるお言葉。

それから、表立って話されてはいないけれど、読んでいて興味深かったのは渡辺の歴史観。歴史には「編纂」という言葉に出てくるように「編む」というクリエイティブな工程があって、そこには個人も参加できるんだよ、といっている。公定の歴史の他に、あなたの歴史を編みなさい、と。とても感動した。

ちなみに、言葉遣いはかなり違うけれど、読みながら頭の片隅から離れなかったのはお笑い芸人の言葉でした。

アメトーーク!! 腹立つ芸人で小籔が語る「夢は叶わない」が正論すぎて話題 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/m/odai/2139558078819992401

2014/10/23 18:17

投稿元:ブクログ

祝文庫化!

文藝春秋のPR(版元ドットコム)
http://www.hanmoto.com/jpokinkan/bd/9784167902605.html
亜紀書房のPR(単行本)
http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=487

2015/08/10 04:30

投稿元:ブクログ

期待して読んでみたけど、意外と深いなぁと思う部分は少なかった。いや、自分の興味のある部分が意外と少なかったと言ったほうが正確。けっこうページ数はあるので、途中からはだらだらと読んでしまった。

2015/02/03 08:47

投稿元:ブクログ

「逝きし世の面影」をゼミで読んだ学生たちが熊本を訪問。ゼミ生の発表に対する渡辺氏のコメント集が本になっている。「故郷がどこかわからない」との学生の発表に対して、渡辺氏の「逝き・・・」を書いた意図の説明、「日本人の意識で書いたのではないのよ。あの頃やってきた外国人になって、日本を見たのよ。面白いなぁ、日本の国は。」が興味深い。常に日本を外から見るということは大切だと思う。またフランス語でドイツ人の悪口をいう言葉が発達している!紹介は愉しい。その両国が今は親密なのだから。「学校なんてたいしたところじゃない」の学生はフーコーの「学校教育は権力への服従」との視点への学生の戸惑い、「やりがいのある仕事」の学生は純粋な学生が悩みをぶつけているが、渡辺氏の応答は洒脱な雰囲気での会話。大学教育としてのこのような対話はユニークで意義深い。

2014/12/11 16:34

投稿元:ブクログ

【『逝きし世の面影』の著者が贈る、目からウロコの人生指南!】子育ての不安から、やりがいのある仕事と自己実現まで――若い世代の不安に向き合い、近代に固有の呪縛を解く、画期的一冊!

2015/03/02 15:59

投稿元:ブクログ

大人になったら何かすごいこととか、社会のためになることをしないといけないと思い込んでいたし、学校でもそう言われてきたが、この本を読んで普通に人生を自分のために楽しめばいい、ということを知った。当たり前のことだけど、現代社会で忘れられがちなことに改めて気づく一冊だった。大学生になる前に読めてよかった。

7 件中 1 件~ 7 件を表示