サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

2015/01/29 00:11

投稿元:ブクログ

[購入] 読書を効率的かつ効果的に進める為のメソッドを紹介。数多くの本を素早く読み込み、そして記憶に残すやり方とあるが、読書は人それぞれのスタイルがある為本書で紹介されている方法は必ずしも読者一人一人にはフィットしない。

ただ、「目次から読み始める」「まずはキーワードをさらいながらざっくり読んでみる」等すぐに使えて役立つメソッドも紹介されており、ひとまず一読の価値はある(ただ、後半部はやや冗長なので流し読みで良いかと思われる)。

2014/12/10 15:46

投稿元:ブクログ

2014/12/10

まずは、この本に書かれていることを実践しよう。
積読の本が無性に読みたくなった。

2014/12/27 19:49

投稿元:ブクログ

前半部分1〜3章まではさーっとななめ読み。それでもポイントが太字になっていてわかりやすく頭の中にさーっと入ってくる。4章、5章はじっくり読んでみた。読解力を高める「批判的読書法」は大変参考になった。
お勧め本で紹介されている本も早速読んでみようと思う。

2015/01/02 23:29

投稿元:ブクログ

TSUTAYAにて立ち読みで読破。本を読むと思考力や判断力がつくって。やっぱり読書しよう。今年の目標は、本をたくさん読む、にする!

2015/09/07 18:23

投稿元:ブクログ

私が読書をする理由は、「自分の生き方を決める」ため。まわりを知らず自分の世界だけ見ていたら、自分の独自性に気がつかないし、独自性を発展させることも出来ない。

著者はもともといた印刷業界に危機感を感じ、読書をたくさんすることで先を予想し、自分の分野を切り拓き成功した方です。読書をたくさんすることで、判断力がつき、自分軸が出来、自分の生き方を決めていくことが出来るのですね。そのような方はみんな読書家だと、様々な本にも紹介されていますが、本の力はすごい、こんなに身近にすごいチャンスが転がっているのだから活用しない手はない、と思います。

100冊の本に救われ、1000冊読むと怖いものがなくなる、と書かれていましたが、
1000冊は、一日1冊読んで三年ですね!
先は長いですが、やってみる価値は大だと思いました!

自分が知りたい知識を抽出して流して読む。
何気なく読んでいると出来ないことです。ある程度集中できる環境で、一気に目的を意識しながら読むこと(抽出すること)が大切。
やはりこれもトレーニングなのだと思う。

・全体を把握し細部に進む。
→全体を数回目を通すと良いかも。
・一気に読もうとせず分けて読む。
→「並列読書」と同じ。
・記録する。
など、意識していこうと思う。

知識を残し読書を生かすためにはアウトプットが大切ですが、私はこのレビューがその役割を果たしてくれています。

2015/04/05 10:55

投稿元:ブクログ

読書は目的を持って読み、自分なりにまとめることが大切。
目次から項目を細分化し、キーワードを拾いながら読むことで効率的に吸収する。

そしてアウトプットの重要性。
この本では、章ごとにアウトプットすることを勧めている。
なかなかここまで細かいアウトプットは難しいが、しっかり内容を身につけるには、時間をかけてでも自分なりのまとめを作る方法が適しているのかもしれない。

内容によっては実践してみたい。

2015/04/06 19:49

投稿元:ブクログ

みなさんこんばんは。今日も人生を楽しんでいるノリです。

ご無沙汰しております。

ブログをワードプレスに移行しました!

こちらです
http://nori54.hippy.jp/
書評とコーヒーのことが中心になると思いますが、焙煎とか興味あるかたは是非


今日は、読書術の本を紹介します。
こちらの生活にもだいぶ慣れてきて、読書できるペースだ加速してきたんで手に取った本。
振り返りも含め、もう一度読書術を勉強しました。

本書の目的
◆最近、読書をしてブログにアップするまでが遅くなってきたので、効率的に読書内容を頭にいれる方法を探す



【本の概要】
◆勝間さんも有名になる前に、著者のセミナーに参加してた程の実績のある方
この読み方、活かし方で、リターンは10倍、20倍にもなる!
自分に最高の自己投資をする法。

「どんなに忙しくても本を読む。
これが、これからの時代を生き抜くための“常識”であると、私は思います」
――著者
Amazonの内容紹介から一部引用

読めば読むほど頭がよくなる読書術: 結果を出す人の“インプット”の技術 (知的生きかた文庫)/三笠書房

¥637
Amazon.co.jp



【ポイント】 

■1. なぜその本を読むのか p.48

◆「新聞を速く読むためにはどうすればよいですか?」
ある営業マンからの相談
取引先の社長と話を合わせるために、端から端まで読んでいるとのこと。
社長と話をあわせることならば、社長が好きな話題や趣味をピックアップしてよめばいいのではないでしょうか?本来の目的を見失ってしまってないか?

◆読書も同じで、読む前に「自分は一体何の為にこの本を読むのか?」という目的意識をはっきりもつこと。
これが多読のコツです。

◆読書目的を決める4つのステップ
1:目次を見て、自分がどんな知識やノウハウを得たいのかメモ(複数でもいい)
2:どんな情報が得られるのか想像してみる
話を聞くときの心構え、相づちの仕方、質問への返し方など
3:2の情報をどのように役立てたいのかを書き出す
その情報を得ることによるメリットを書くことで、モチベーションも高まる
4:読了後の自分のイメージを書き出します。
お客様と話をするときに熱心に耳を傾けて満足してもらえる
会議で自分の意見がスラスラと述べられるようになる
などなるべくリアルに想像するのがポイント。

■2. 多読に必要な能力 p.69

◆想起力:思い出す力
基になるのが知識。
その知識が多ければ多いほど、思い出せる情報も多くなる。
本を読むときにこの想起力があれば、過去の知識と、新しく本から得ようとする知識を結びつけられるので、すんなりと内容を理解できる。
記憶を思い出す日記が訓練に最適。

◆集中力
読書するときにダラダラ読んでいるようでは、なかなか多読できない。
脳はいったんエネルギーが���れると、エネルギーを充填するために長時間休ませなければなりません。適度に休みを入れる方が、脳の回復も早いのです。

◆予測力
これは本を選ぶ際にも使います。
タイトルや目次を読んだだけで、自分に必要な情報が載っているかどうかを予測する。
それができれば、ピンポントで自分に必要な情報が得られます。
目次やタイトルだけを見て、初級、中級、上級と分類することは良い訓練になる。

■3. 既有知識により読書スピードが加速する p.89

◆自分の読書レベルは「既有知識」の量によってほぼ決まります。既有知識とは、すでに持っている知識、すでにしていること。

◆小学校の教科書なら、ほど全ての人がすらすらと読めるはずです。それは、すでに習って知っている情報ばかりだから。
では、大学の教科書がどうか。。

◆一冊分の既有知識があると、同じジャンルの本を読むときに知っている部分は読み飛ばし、知らない情報だけ抽出して新たな既有知識とできるのです。

■4. 頭の中で「インデックス」をつける p.118

◆商談の時の雑談に使おうと新聞の着る抜きをスクラップしていても、肝心な時に「あれ、なんだっけ」と思い出せないことはありませんか?

◆覚えたのに思い出せないのは、記憶の「かたち」が悪いのでしょう。
インターネットで気になる情報を探すときには、検索機能がついて、キーワードに誓い情報をずらずらと検索してくれます。

◆頭の中で検索機能(インデックス)をつけるには、記憶するときに使う状況を設定すること。
す。

■5. 熟考力をつける「批判的読書法」 p.138
1:テーマを決める
2:目次を読む
3:パラパラヨミをしながら本の内容や著者の考えをまとめる
4:本を読みながら疑問点を書き留める
5:同意できる点、同意できない点を書き留める
6:本の内容や著者の考えについてコメントする
7:自分の考えを箇条書きにする
8:キーワードや重要語彙リストを作る

園 善博さん、良い本をありがとうございました。

─────────────────────────────

【感想】

【大学生が小学生の教科書を超特急で読んでいるイメージ】

◆著者が仰っている、「既有知識によって読書スピードが加速する」にはかなりの共感しました。
今でこそぼくは一週間に2~3冊くらいの本を読めるようになったんですが、これは昔の自分からは想像もつかないくらいの進歩です。
というのも、浪人生をやっていた19歳まで一冊も本を読了したことがありませんでした。
背景は以前の記事に書いたので省略するとして、
著者の「大学生が小学生の教科書を超特急で読んでいる例えは、とてもイメージしやすかった。

◆そういや、英語の文章読解も近い感覚がありました。
浪人の時
英語の先生にこう言われてました
「英語だけ勉強しててもダメ。文章のバックグランドまで理解できるまで読み込む」

例えば、
経済関連の文章やったら、その文章から経済用語や経済の仕組みなどをちょっと��じってみる。

◆こんな感じで知識を積み重ねていくと、
ある日、同じ分野の文章に出会った時に、
頭の中で文脈のパズルがパツンパツンと繋がっていく感覚がありました。
実際、英語の偏差値35位あがったんちゃうかな?

なかなか読書が続かへんねんな~て人は、
自分がおもろいとおもう漫画とかから始めて、知識を増やしていって、徐々にステップアップしていけば、いつのまにか本の虫になっていくんやないかと思います。

【多読には捨てる勇気も大切】

◆せっかく買ったんだから端から端まで読まなきゃ!!
せっかく借りたんだから、全部頭にいれなきゃ!!
とかとか こういう考え方では多読はできないと思います。

◆自分が何か目的を持って1冊の本を読んで、
何かすごいノウハウ、素敵な価値観や習慣、言葉に出会えたに出会えただけで、ものすごい進歩やと思ってます。
先人達が苦労して苦労して見つけてくれた生きるコツを、たかだか1000円くらいで学べちゃうんですから。
やっぱり読書ってすごいですよね。改めて。

◆時間を掛けて読んで、結局なにもせずに終わるより、
なにか1つでもいいから目的をもって、そこに合う部分を集中して読んで、他は思い切って流し読みする。
その中で見つけた良いことをすぐ実践して、自分に合わなかったらはい!次!次!
みたいな思い切って絞って読む勇気も必要かなと思いました。

じ~くり、一ヶ月掛けて、涙を流しながら読む読書も素敵やとは思いますよ。
使い分けられることが大切やな。

【目次】
はじめに
1章:読めば読むほど脳が働く読書術
2章:頭のいい人が実践している「多読のコツ」
3章:本を早く、効率的に読む方法
4章:記憶術ー本と対話しながら読む!
5章:「本当の考える力」をつける批判的読書法




【編集後記】
「読書目的を立てて、変化後の自分をリアルにイメージする」

読書一つにここまでやる!!?
これって週間目標設定並のパワーやん!!

て思ったけど、ただ、何となく読んで、

「あ~おもしろかった。けど、何かいてあったけ まあ、いいか」

で終わらせたくないし、ここまで真剣に読むことが大切なのかなと気が引き締まりました。

2015/08/02 20:06

投稿元:ブクログ

批判的に読むために、「多読」として同テーマの違う著者の本を読むのが良いとされていた。

また目次から内容やキーワードを想像するのが重要らしい。そうすることで、キーワードのまわりに出てくる文章がさっと頭に入るし、それ以外のところは良い意味で削ぎ落とせるとのこと。

机に向かってノートを広げて読むというのは、続けるのが難しそうだと感じた。

2014/12/19 11:58

投稿元:ブクログ

内容は同じことを繰り返しているので、すぐに読み終えれた。
読書の時間確保に困っている人、本を読みたいけど実行に移せない人にはかなりオススメ。(私は後者でした。)

2015/02/25 14:26

投稿元:ブクログ

これを読んでもっと本を読みたくなった。
多読をすることによって得た自分や他者の経験を踏まえて、多読を勧めていた。
脳科学的な読書のよさなどが書いてあったら、なお良かったのではないか。
本を読みたいけど、本を読むことでどうなるの?という初歩的な疑問を抱いている方がいたら、読書の習慣をつけるための心の持ちようを得るために、この本を手にとってみてはいいのではないだろうか。

2015/03/12 22:46

投稿元:ブクログ

勉強法としても取り入れられそうな手法が多く紹介されていました。
この本で紹介されているパラパラ読みはとても有用です。多くの資料をさばく必要があるときに、積極的に使っていきたい手法になりました。
また、孔子が憎む人のタイプが4つ紹介されていますが、大部分は自分にも当てはまる内容でした。
今は仕事のスキルを磨くことばかり、人間性を磨くことの大切さについても考えさせられました。

2015/05/26 20:53

投稿元:ブクログ

迷ったら買う。図書館より実費で買う方が、お金を出したんだから吸収しようという集中力が生まれる。成功者たちの考え方をたったの1000円台の自己投資で知れるのはすごい。本はくまなく全部読む必要はないと。(2015/1/20)

12 件中 1 件~ 12 件を表示