サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

あかり

あかり みんなのレビュー

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.4

評価内訳

19 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

静かで暖かな一冊

2016/10/03 20:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤ちゃんの幸せを願って母が作ったロウソク。一歳の誕生日、嵐の夜、つらい時・・・火を灯し、そしてロウソクはどんどん小さくなっていきます。
成長した女の子は今度は新しい家族のために。そして、最後は自分の為に。
母親が願った幸せな人生を象徴する灯りとなります。
静かで暖かな絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ろうそくに感情移入

2016/09/10 01:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

一人の女性の人生に寄り添ったろうそくの物語です。
赤ん坊からおばあさんになるまで、
人生の節目節目に大切に火を灯してもらい、
最後の火が消えるまでが綴られています。
ぼんやりとした炎に照らされた絵から、
温かな雰囲気が伝わってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

優しいあかり

2016/04/27 12:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

女の子が生まれた時にあかりが灯されたろうそく。それはお母さんが作ってくれたろうそく。あかりの優しい気持ちに心が温まります。最後は胸がきゅっとなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心があたたかくなる本です。

2016/01/04 22:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マンえもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

7歳の子供が自分のお小遣いで購入しました。子供なりの感性で何かを感じているようです。大人でも感動することができる本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

印象に残る絵本だと思いました。

2015/10/31 11:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

色合いが全体的にほの暗いのですが、雰囲気があり、とても温かく、優しい絵本でした。女の子が好きな絵本かも、と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テーマに調和した絵と文章

2015/11/23 19:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「あかり」というタイトル通り、ろうそくがテーマ。新しいろうそくが初めて照らしたのは、生まれたての赤ちゃんの顔…という魅力的な場面から始まるこの絵本は、やわらかなタッチで描かれた絵と平易な文章が特徴。平易というのは決して悪い意味ではなく、物語をやさしく、やわらかくつむぐ原動力になっている。
家族の愛情、あかりの大切さが自然と伝わってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なぜロウソクなのか。

2016/10/09 16:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんとなく暗い中にも静かなあたたかさを感じる。ロウソクだから。しかし、全体的に暗い印象で、話は予想通りの展開で終わるので、つまらなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/30 16:15

投稿元:ブクログ

挿絵も文章も控えめで派手な展開はないのに、心にじんわりと染みてくる作品というのは確かにあるものだ。
読んだあとからも、じっくりかみしめてしまう一冊。
その咀嚼さえも、幸せな時間になる一冊。
それはタイトル通り「あかり」のように、胸の奥を照らしてくれる。

子どもの誕生を祈って、母親が手作りしたろうそく。
はじめは生まれたての赤ちゃんを照らし、その次は一歳の誕生日。
ずっと飾っておきたいけれど、大切な夜につけることにしたのだ。
少しずつ成長していく女の子。
少しずつ小さくなっていくろうそく。
初めは幸せな夜を照らすものだったのが、だんだん辛い時に寄り添うあかりになっていく。
そして女の子が家を出て行く時が来る。
ろうそくが最後に照らし出したものは・・

色鉛筆とパステルで丹念に描かれた絵は、それだけでも説得力があり、光だけでなく闇もひとを育むのだと教えてくれるよう。
愛情(愛、ではない)というものを、静かに静かに語るろうそくの姿。
まるで、親の、子に注ぐ愛情を見るかのようだ。
一度は忘れられて片隅に追いやられ、再び探し求めて喜び合う場面では、じわぁっと胸が熱くなる。

ひとりの女の子の人生を、そっと照らし出すろうそく。
優しく暖かいそのあかりが、いつまでも胸に残る。
人生の大事な一場面で、このお話の中のあかりのようなものが、きっとひとを突き動かしていくのだろう。

約12分。高学年以上。大人にもぜひ。

2016/04/14 14:35

投稿元:ブクログ

暖かみのある絵。静かな文章。

自分の生きている意味に迷いがあるとき。
自分の存在の意味が分からなくなったとき。

それでも、生きていける。そういう本。

2014/12/22 22:25

投稿元:ブクログ

一人の赤ちゃんが生まれた時、初めて火をともしたロウソク。

少女の成長と共に時には寄り添い、離れ…。

やがて老いた老女に再び火を灯されたロウソクは…。

大人に読んでほしい絵本。

2015/02/23 19:53

投稿元:ブクログ

お母さんが女の子の幸せを祈っておおきなろうそくをつくります。そのろうそくを女の子はいろいろな節目に灯します。
彼女の心にそっとよりそうそのぬくもりのある灯がとてもすてきです。

2016/08/05 16:23

投稿元:ブクログ

女の子の誕生を祝って、作られたろうそく。
優しいあかりが、見守る日々。
ラストにジーンとしました。

2015/10/04 18:48

投稿元:ブクログ

ひとりの 人生に 寄り添う 一本ろうそく…嬉しさを照らし、寂しさを照らし…人生を照らして 一生を終える…ステキな ろうそく♪

2016/12/20 22:49

投稿元:ブクログ

ろうそくと女の子の一生をシンクロさせた物語。
地味ながら柔らかい絵が、ろうそくの明かりの温かさを感じさせる。

2015/12/22 10:48

投稿元:ブクログ

光村教育図書の絵本は最近非常にクオリティが高い。

楽しいとか、笑えるとか、単純な絵本に逃げない姿勢は素晴らしい。

この絵本は絵がとにかく素晴らしい。
中高生くらいに読んであげたい。

19 件中 1 件~ 15 件を表示