サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

ふたりのねこ

ふたりのねこ みんなのレビュー

絵本

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

表紙に惹かれて

2016/09/10 16:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ページをめくると、どんどん世界にひきこまれた。ふとしたきっかけで出会って、一緒にいるうちにお互いの存在が大きくなっていく。でも、やってくる別れ・・・。どこか自分に重ね、さびしい気持ちになったけれど、お互いしあわせになってほしいと思わずにいられない本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少し悲しい話

2016/02/27 15:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:笹山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

頭だけがリアルな動物たちの絵がシュールで洒落ています。
作者は猫が大好きなんだろうなと思える絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切ない

2016/04/30 17:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

ボロボロになったぬいぐりみのにゃんこを捨て猫のねこが見つけて、一緒ににゃんこの飼い主を見つける事に。ねこはにゃんこは本当は捨てられたのではないかと思います。そして愛情がわき離れたくないとも思います。最後はお互いにとって良かったのかもしれないけれど切なかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好き

2016/03/21 06:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっとゾクっとするようなお話です。イラシトも頭だけリアルで、どこか人間チックな雰囲気もあり絵本ですか?という感じ。好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/26 21:18

投稿元:ブクログ

初ヒグチユウコさん。
ちょびを9/1に見送ってからというもの、
猫を目で追う日々。

そんなときに見かけた書き込まれた黒い猫の絵。
彼女の描く絵はただ可愛いでなく、
どこかぞわぞわするような暗い部分や
怖い部分を残していて惹きこまれる。

大人の絵本。

2015/02/14 18:46

投稿元:ブクログ

ヒグチさんのイラストは気持ち悪くて(褒め言葉)
素敵で好きだし、色彩も美しいけど、
「絵本」というには
話と展開が難しくて場面数も多いので
大人向けかな。

2015/01/02 18:40

投稿元:ブクログ

絵本ですが、ヒグチユウコさんの絵がとてもアーティスティックなので、カテゴリをアートにしました。
愛おしく切ない想いがギュッと詰まった絵本です。
読了後、帯の「ねこに いいたかった。ありがとうって。」という文句が胸にぐっと刺さります。

2015/12/04 11:06

投稿元:ブクログ

本屋さんで立ち読んだら、うっかり泣きそうになりました。やはり動物ものにはてんで弱い私。

大きいねこと小さいねこのお話ですが、なんと大きい方は普通の生きているねこなのに、小さい方はぬいぐるみです。
2匹のねこの友情と愛のお話です。
愛は決して距離や時間に左右されるものではないのだなと再認識させてくれます。壊れやすいけれど、一度出来上がったら、何にも壊せない強固な感情。

大きいねこの一人称が「あたし」なのが気に入らないという個人的な嗜好の問題で、星はマイナス1つ。

2015/01/16 16:40

投稿元:ブクログ

キャラ的な劇画というか。クセになる絵です。細かな心の動きが伝わってきて、うんうん、と読み進めていたのですが、「そことばすのー⁈」という展開でちょっとびっくり。もちろん、狙いなのでしょうけれどもね。うーん、びっくり…

2015/04/03 15:30

投稿元:ブクログ

◆書店で綺麗な表紙にうっかり、手にとって、試し読みして思わず涙がこぼれそうに。その日は買わずに帰ったのだけれど、後日どうしてもほしくなって書店を何軒も探したのだけれど見つからず、ネットで注文。◆ねこは元気になっただろうし、ぼくもおうちに帰れた。ふたりはしばしの間だったけれど、「たしかに かぞくだった」…元通りでハッピーエンドのはずなのに、どうしてこんなに寂しくてたまらないんだろう。

2016/02/13 22:58

投稿元:ブクログ

イラストの可愛さとタイトルに惹かれて手に取った絵本。

本屋で立ち読みしてたら涙が止まらなくなり、慌てて購入してもう一度家でじっくりと読み直して、また涙。

あったかいような切ないような、現実の野良猫と人間の理不尽な関係も窺わせる、なんとも猫飼いの心に訴えてくる作品でした。

11 件中 1 件~ 11 件を表示