サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

人間関係のヒント

2016/12/05 15:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

職場や家庭で人間関係に悩んだとき、
その解決のヒントが見つかると思います。

私の場合、つい自分の殻に閉じこもりますが、
そんな時、どうすればよいか、
実践的なアドバイスが豊富です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/19 20:06

投稿元:ブクログ

東大卒で女優をやってて、
その後、ニューヨークでMBA 取って、
バリバリキャリアで6回転職して、
最終的にコーチングのコーチになった、
私ってこんなにスゴい人なんですぅ!っていうアピールの本かなと思って、
最初は斜に構えて読んでたけど、
読んでいくにつれて、
迷いながら悩みながら、紆余曲折、
自分探しを諦めなかった方なんだと、
好感が持てた。

ただ、本のタイトルと中身が合っていないのでは?
「やる気をもって生き続けるために」
みたいなタイトルの方が内容と合う気がする。

2015/04/12 18:20

投稿元:ブクログ

人の気持ち…難しいですよね
まず自分の気持ちすら正確に把握出来ないというのに人の気持ちを分かろうなんて所詮無理

悩み事の多くが人間関係だと思うけど、コーチングによってある程度は訓練可能

興味のある題材だったがなかなか読み進めなかった
今はその時期じゃなかったのかな

2017/04/12 07:32

投稿元:ブクログ

再読です。
自分自身を知るためのコミュニケーション
相手とのコミュニケーション
両方に役立ちそうなエクササイズが
沢山紹介されています。
ぜひ、試してみたいと思いました。

2015/01/11 20:25

投稿元:ブクログ

自分、相手、俯瞰思考から未来、全体思考

相性とはつまり価値観のズレ度合いのこと
簡単なチェック
自分はポジティブ、シンプル、認められる

脳は検索エンジン、無意識に答えを探してくれる
→便利すぎる。問いを持つことの意味
また、気にすると増える(悩み、良いことも)

反対から見る=言い換えること

人前で上がる=自意識過剰
相手に意識を向ける

良い聞き手→相手の関心に関心を持つ

自分自身にダメ出し=自分に鞭打つ行為
動機がやりたいではなく、改善したい
→自分の良かったところ、できたところをリストアップ

3割5倍=1.5倍

未来志向とは目的志向
どうなったらいいか?を考える

やる気は短期と長期の2種類

2015/08/22 13:14

投稿元:ブクログ

嫌は相手は嫌な特徴を出し切れるまで書き出してから、そうはいっても良いところは?と考えると出てくる。

相手のafterを考える。その状態になってもらうに考えて進める。

3つのYesを先に取る。そのあとはYesをとりやすい。

心拍数を無理やりあげると緊張は和らぐ。

自己開示度が高く、自分の感じてることを率直に伝えるリーダーほど好感度は高い。

相手の話し方、姿勢、呼吸を合わせる。

いいね!具体的には?他には?

2015/01/14 07:50

投稿元:ブクログ

人の気持ちがわかる人になれたらすごいですよね。
そのまんまな購入動機ですが、半ば衝動買いしました。

「人づきあい」は才能ではなくスキルである。
エグゼクティブ・コーチとして第一線で働く著者が、自身の経験やクライアントの事例から得た感情の整理術を紹介。
身の回りの人との関わり方だけでなく、自分自身の生き方を大切にするためのエッセンスを凝縮した一冊。

書籍の形態をとっていますが、柔らかい文体と平易な内容のおかげで、目の前に著者がいて直接相談をしているような感覚に浸れます。
著者の語る自身の経験や仕事観が現在の自分に近いところがあり、共感した上で反省する箇所が多かったですね。
紹介されているエッセンスを実践するにあたり、簡単なエクササイズも挙げられています。
「挑戦してみようかな」と思える重すぎないエクササイズばかりなので、ひとつふたつやってみることにします。
買ってすぐどうこうという本ではないですが、本棚のいつでも取り出せる箇所に置きたい一冊でした。

2015/12/13 15:22

投稿元:ブクログ

【概要】
アドラー流の感情整理術
アドラーっぽさはそこまで出てないが、読みやすい。
「複数の視点」というキーワードで話が展開されるため、偏った考えではなく腑に落ちてくる。
嫌われる勇気を数回読んだ後に読めば、ここの項目についてのまとまった形で記載がされてある。
入門書とある通り、平易な言葉でアドラーの考えが記載されているため、ぱらっと読んでも十分効果はある。
【評価】
75点
【共有したい内容】
・「自分視点、相手視点、俯瞰視点」
・「相手の立場に立つとは相手の感情を疑似体験すること」
・「相手のBeforeとAfterの感情を想像する」
【悪いところ】
30%くらいは著者特有のエピソードであまり参考にならない。
よく聞くような話も多く、コーチングに寄ってしまっているのも著者の職業から仕方ないが、経営者にとっては経営側の視点といったところは自分で保管する必要がある。
やりたいことを探すという章は当たり前すぎて、全然気づきがない。
【どういう時に役に立つか】
自分視点や今の視点にはまってしまっている時
誰かと誰かがぶつかったときのアフターフォロー
【ターゲット】
入社1.5年目以降
マネジメント層
クライアント参考用
【自由記述】
エピソードとしてなるほど。と思えるものと、全く思えないものの差が大きいが、個人差だろうと許容できるレベル。
そのため、簡単に読めて視点をずらすことの重要性に気づけるの、読むタイミングが適切であれば参考になる。
未来の自分からのアドバイスや、視点を変えることは常々言っていることなので、この本に書いてあるような説明をすればより、わかりやすく伝わるんだろうと参考にはなる。

【合わせて読みたい】
嫌われる勇気

8 件中 1 件~ 8 件を表示