サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

棺姫のチャイカ 11(富士見ファンタジア文庫)

棺姫のチャイカ 11 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/12/29 06:18

投稿元:ブクログ

個人的にはいいエンディングだったけど、大団円ではないなぁ、と。
わりと絶望しか見えない方向での終わり方だったのですっきりしたエンドには奇跡がいくつか必要かな、と。
いや、こういうエンドも嫌いじゃないけどな。もやもやするものが残るのは確か。

最終巻ではないらしいので、後日譚か何かで締めるかもしれんけど。

まあ、二次捜索のきっかけの最たるものかねぇ。

2014/12/29 10:23

投稿元:ブクログ

※アニメ終盤は録画済み未視聴の状態です。
本編完結。あと1冊あるそうですが最終評価はその後という形になるでしょうか。本編最終巻ということもあり内容については多くを語りませんが、あとがきが感慨深かったです。「ラノベ業界の『売れ筋』の変遷」を読者側ではありますがまた見てきた者としてアニメが好評であったのはこの路線でまだまだいけるんじゃんと嬉しかったです。
「結局のところ、周りを見て分析し、時流に乗ることも間違いではないけれど、『自分のやりたいもの、自分の得意なもの、自分の実績のあるもの』で勝負を仕掛けるのも、また、間違いではない――という事でしょう」これはあとがきの言葉ですが、チャイカの物語に流れるものそのものとも思えます。
榊先生の作品は説教臭いと評されることもありますが今後ともそうした作品が読めればよいなと思います。

2016/12/28 13:05

投稿元:ブクログ

 神は何のために斃されなければならないか?。
 それは神が悪だからだろうか?。
 では、どんな悪を体現したら斃されなければならないのか?。彼が自由を害するから?、平等を阻害するから?。平和を擾乱するから?。いや全知全能であるがゆえにだろうか?。
 そもそも、神が斃されるべき理由とは果たして何なのだろう。

 神にならんとする者、いや神そのものの眼前。彼を殺しに立つトール、そして白いチャイカは、何を想い、何を願いそのような行動を採るのか。

 先の問いの答えが、本作から導かれたわけではないが、その問いを再想起させられた本編最終巻である。

3 件中 1 件~ 3 件を表示