サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

中村修二劇場

中村修二劇場 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/01/22 21:49

投稿元:ブクログ

青色LED裁判で技術者の待遇や地位向上に貢献したことは意義のあることだと思います。ただ、苦難の末、発明し、ノーベル賞を受賞しながら、いまだにヒール的な存在になっているのは可哀想な気がします。本当は日本が好きだからこそ、日本の将来を憂いていることには少なからず共感できました。

2015/01/05 20:38

投稿元:ブクログ

祝ノーベル賞便乗本。日本の会社勤めで発明の対価が高いのは製薬メーカ。大手メーカは社内発明に対して見返りが薄い。日本の司法制度にも問題あり。米国の大学だと個人と大学で50%づつ対価を受け取れるというところもある。社会インフラとして、優秀な頭脳を日本に留めておくのが難しい状況になっている。

2015/02/09 20:40

投稿元:ブクログ

理系の娘が、青色LEDの発明が、成功した記事を読み、『凄い!これは、凄い事だよ!』と、言った時、何が凄いのか、理解出来なかった私である。

その後、あれよあれよと、電球から、信号機から、、、我々は、その恩恵を受けることになるとは、、、思わなかった、、、

この発明家の中村修二氏が、受けた報酬が、又何と、少なかった事を知らされる。
そして、ヒール的に、会社を提訴至るには、なかなか大変な動力が、必要であったと、この本からも、察せられる。

初めの青色LEDを研究するにあったって、大本命の材料とされていた、セレン化亜鉛を避けて、一部の大学でしか行っていなかった、窒素ガリウムを選んだ所も流石である。
難しい方から、つき進んで言ったから、ノーベル賞も授与されることになったのであろう。
江崎玲於奈氏が、「マーべリックな研究者」と例えたのも、理解出来る。

しかし、最初にアメリカに行ったのに論文を書く暇も無く、機械を作るために、溶接に明け暮れた為に、論文の提出が出来なかったせいで、つまはじきにされるのは、屈辱であった事だろう。
その後も、研究成果が、出ないと、周りの物からは、異端者のように言われ続けて、良く、神経がもったものだと、思う。

日亜化学との裁判も、和解となったが、提訴した時の100分の1と言う結果に終わってしまった。

しかし、ノーベル賞と言う、権威は、ついてきたのである。
1014年のインタビューでは、『ノーベル賞は、通過点に過ぎない』と、、、、
これから、どんどんアメリカでも、活躍して欲しいけれど、もう、日本には帰って来て、発明はしてくれないのかな?と、、、、
少し、残念に思う。

2014/11/18 17:39

投稿元:ブクログ

改めて読むと、青色LEDの量産開発は偉業と思う。この開発は、大企業の環境からは生み出せないし、中村教授のマインドがないと生み出せなかった。サラリーマンエンジニアが、忘れているベンチャー精神を彷彿させてくれる。

2014/12/11 22:21

投稿元:ブクログ

本のタイトルと表紙デザインが良い。中身は本人のインタビューと、日経の技術系の雑誌に載った過去の記事の再掲が中心だが、ノーベル賞受賞直後のインタビューも載っているので、青色LEDの誕生からノーベル賞受賞までを時系列で俯瞰できる。

5 件中 1 件~ 5 件を表示