サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

ドファララ門

ドファララ門 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/09/28 11:01

投稿元:ブクログ

「ドバラダ門」と対になり、今度は山下氏の母方の祖先を辿る。
山下氏の親族の話ではあるのだが、明治以来の音楽を中心とする芸術の受容過程、東京から九州に赴任した会社員の家族が経験した文化が垣間見られて面白い。
山下氏が子供の時から触れていたピアノの由来も興味深い。
さらに、母親および多数の親族の出身校としての東京女学館の性格も知ることができた。母親の出身校の近隣男子校生とう立場は、少々複雑そうだが。

2015/02/13 22:19

投稿元:ブクログ

図書館で借りて読みました。洋輔さんの本なので、もちろん面白いのですけれど、貸出期間までに読み終われずに、いったん返却しました。スミマセン。。。

2015/03/25 09:43

投稿元:ブクログ

ブログに掲載しました。
http://boketen.seesaa.net/article/415931607.html
むかし山下は、年老いたバンドマンたちはどうなるのだろうというエッセイをかいていたなあ。体力勝負、若さゆえの音楽とも見えるフリージャズを、いつまでやっていけるのだろうか、ヨイヨイ、ヨボヨボになってもやっているのだろうかと心配していた。
あれから45年たった今も、山下洋輔は現役のジャズピアニストであり、クラシックとジャズの垣根をこえる存在になっている。
演奏も文章もばりばりの現役。音楽の天才たちに限界というものは無いのか。

3 件中 1 件~ 3 件を表示