サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/03/25 15:16

投稿元:ブクログ

少し読んで、混乱したのでやめた。
読もうと思えば最後まで読めたけど。
この人の「途上」な感じを否定したくなるのは私の側の問題。
たぶん私は、不安にさいなまれてる人がまともに生きようとする話なんて読みたくない。

分類としては、元被虐待児の手記。
養護施設で育った著者が、自分の「育ち」をふりかえる。

私はふだん、知らないものを理解するためにこういう語りを読む。
今までにみたものは本でも人でも「過剰適応の努力家・ボーダータイプ」に偏っていたのかもしれない。
これは不安障害よりっぽい。
文章がつたないから書ききれていないだけかもしれないけれど、不安や自己否定の感覚があたりまえすぎて混乱する。

自分が存在しちゃいけないとか、否定されている気分とか、そんなのは普通の感覚ではないの?
この人のいう「ふつうの人」なんているの?
1983生まれなら(特に女性は)自己肯定なんてもってるほうがレアな気がする。
それとも私の目がいく範囲にそういうものしかないからそう思っちゃうんだろうか。


タイトルを最初にみたとき、ジュニア新書なのに「育ちをふりかえる」ってなんだ?と思った。
ジュニア新書の対象であるはずの子供は育ってる最中なんだから、ふりかえる時期じゃないだろうにと。
よく見たら、著者が「自分の」育ちをふりかえる内容だったけど、このタイトルはそぐわないんじゃないかな。副題も陳腐。

漫画みたいなイラストはかわいいけど、フィクションじみていてノンフィクションにのせるには違和感がある。
ジュニア向けだとこういうほうがとっつきやすいんだろうか。うーん。

2015/01/02 08:05

投稿元:ブクログ

タイトルだけを見ても何が書かれているのかわからない。でも、気になったので読んでみたところ、引き込まれました。

児童養護施設で長く暮らした著者が、自分の「育ち」を振り返っています。
母親に「生みたくなかった」と言われたり、友人に上げたプリクラが刻まれて廊下に貼られたり。こんな暗い話しが数多く出てくるのですが、そのような環境下を生きた人物が客観的に自分の人生を振り返っているところにこの本のおもしろさがある。
生きづらいと感じている若者や児童福祉関係者に読んでもらいたい本。

2 件中 1 件~ 2 件を表示