サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/10/29 11:54

投稿元:ブクログ

読み始めてから、はや10ヶ月以上経過してるという……。
色々あったなぁという近況報告はさておき。

前巻の包丁さんのうわさと比べると、ちょっと読みにくいかなぁという印象。
今回のは、一応包丁さんの1人稲が語ってる(書いてる本?)というものなのですが、そうなってるかと言われるとそうなってなさそうな感じですね。
まぁまぁ……稲主観であるならば、椿がどうなって、葵がどうして死んだのかがわからないですからね。だからまぁ、稲が語る物語と考えると読みづらいです。
とはいえ、妹から聞いたことのあらすじを語るような口調で物語がずっと書かれても読みにくいですからね。なんとも言えない読みづらさではありました。

内容としては、そうですね。
包丁さんの誕生物語は、一般的によくある悲しい生まれ方でした。
しなければ、誰も助からない。
椿が最後に壊れた感情で、『どうして力を持って生まれたのか』
そう嘆いている場面が、とても悲しい。
人を癒す力なのに、どうして人を殺す力になってしまったのか。
それは、包丁さんになってもかわらない。

それは包丁さんのうわさもそうでしたが、結局人の業。
憎しみや、妬み、復讐、人であるからこその悲しみなのかな。
生まれることも、使うことも、人のつながりや、場所で変わってしまう。
優しい世界というのは、ほんとうにただ一瞬でもあれば、幸せなんだなって、稲姉妹が再会した時に思いました。

稲の椿への感情は複雑ですね。
しなければよかったのか。
でも、そうするとやはりはやり病で全滅してた可能性もある。
「もしも」は「もしも」。
一番のもしもは、おそらくはやり病なんてこなければということになるのでしょう。

結局、殺されてしまった彼はなんのために死んだのか。
あの人は何の儀式を完成させたのか。
次回作とかがあるなら、そこらへんも知りたいですね。

包丁さんたちは救いはないけれど、救われた生命も彼女たちのおかげである。
また呼ばれなければ、彼女たちはあの世界で人として生き続けられる。
あの時、殺されてしまった彼だけは……。

1 件中 1 件~ 1 件を表示