サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

Missハーバー・マスター(角川文庫)

Missハーバー・マスター みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍

主人公が最高

2015/08/31 19:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

喜多嶋隆さんの描く世界や主人公が大好きでほとんど読みつくしています。読んでいるとその情景が浮かんできて映像を見ているような気になります。今回の主人公の女性もまさしく理想・・・というか憧れる一人です。生き方もかっこよいけど、考え方や人への接し方・・・まさしく喜多嶋ワールドだなと思いました。爽やかな気持ちで読み終わるのですが、同時に終わっちゃった・・・と少しさみしくなるのは私だけでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/30 04:27

投稿元:ブクログ

この人の本の舞台は、およそ、葉山〜鎌倉あたり、またはハワイ。この本も葉山を舞台にしているので、近所に住む身としては親近感がわく、具体的にあそこだなというのがわかる。内容的には、いつものように女性を応援するストーリー、ヘミングウェイの「持つと持たぬと」へのオマージュかな。

2014/11/27 17:28

投稿元:ブクログ

逗葉マリーナで<ハーバー・マスター>を務める夏佳。
女性でありながら、社長の角田にスカウトされてやってきたた彼女を快く思わない人間も少なからずいる。
が。彼女にとっては、仕事は仕事だ。自分のなすべきことをやるだけ。ハーバー内で起こる全ての出来事に責任を持って、毅然と対処していく日々を過ごしていた。
そんな彼女にあるベテランオーナーの親族が、ある相談を持ちかけてきた。

2014年11月27日読了。
まさに、喜多嶋さんにしか書けない作品。
久々に辛口の喜多嶋節炸裂で、爽快な気分になりました。
喜多嶋さんが常日頃から作品のテーマにしている<生きる流儀>。
その核心にしっかりと踏み込んだ作品に仕上がっています。
ちょっと迷ったり、立ち止まったり。
誰でも、生きていく中で何度もそういう場面に遭遇するはず。
そういう時に何を大切にするか。
それをしっかりと考えさせてくれる1冊です。

3 件中 1 件~ 3 件を表示