サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

愛して愛して愛してよ(メディアワークス文庫)

愛して愛して愛してよ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/03/12 19:27

投稿元:ブクログ

どこまでも愛されたがった主人公。
でもものすごく卑屈な性格で、感情移入がしにくかった。
生まれ育った環境やハンディキャップがそうさせたのか…?
すべて彼女の思い込みでできているような世界観。まぁ視点が主人公の視点だからそうなのかもしれないけれど。

求める愛は純粋なものだったのかもだけど、いつもどこかで歪んでしまう。
同情の気持ちも浮かばなかったなー、卑屈なのって良くないね。

2014/12/10 19:53

投稿元:ブクログ

【わたしは吠えた。泣きたかったんだと思う。】
 地方のなんでもない町に生まれた少女、尾崎愛。
 人見知りで口下手なため、不遇な学生生活を送りながらも、作家になることを夢見て東京で暮らし始める彼女は、愛を求めて、波瀾万丈の人生を経験することになる。

愛って、どこにあるんだろう?

愛って、なんだろう?

2016/02/17 17:47

投稿元:ブクログ

この本のタイトルを友達に見られた時、馬鹿にされてとても恥ずかしかったですが、読んでいる内に様々な 愛 について触れることができたと思います。
小説への愛
恋愛感情の愛
家族からの愛
友人への愛
などが私の中では読み取れました。
しかし、なかなかハッピーエンドにいかない主人公が最後にだんだんと愛について知ることができ、私も愛について考えさせられました。

3 件中 1 件~ 3 件を表示