サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

hontoレビュー

あの子が欲しい

あの子が欲しい みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー21件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (8件)
  • 星 1 (0件)
21 件中 1 件~ 15 件を表示

2015/04/06 14:19

投稿元:ブクログ

リーマンショックの就職氷河期に就活していた身としては、思うことが多々ある。とりあえず志帆子にはあまり好感が持てない。人事担当のバリキャリ女性社員の典型。

『集団見合いの心理戦』
「うちを希望している有象無象の若いのを、退路を断った上でピックアップしていくのって、ちょっと神の気分じゃないですか」

就活なんて、ハッキリ言って茶番だと私は思う。企業側も学生側も、表面上は健全なフリをしつつ、裏では色々画策している。企業からすれば、採用活動=営業活動の一環で、ネット上にサクラを仕込むのはふつうのこと。学生も学生で、コピー&ペーストの受け答えで、第一志望でなくてもそこそこ納得のできる企業を見つけられれば良い。

「それってどうなの?」と思われそうなことがふつうに横行しているのが新卒の就活。こんな茶番で心を傷めてしまう学生がいるという現実。もっと良いやり方を、日本社会全体で考えなくてはいけないと思う。

2016/04/29 00:09

投稿元:ブクログ

新卒採用プロジェクトのリーダー志帆子の奮闘。

ちょうど娘が就活を終えたばかり。
こんな感じなんだなと、ちょっと他人事に感じました。
娘はこんなに、ネットに左右されてなかったけどな~と感じてます。
実際はどうなんでしょうか。

スパイのように、ネットの世界を見張るなんて.怖いですね。
学生はもちろん、企業も必死ということ?
ある意味社会勉強になった気がします。

流行りの猫カフェのシーンも、ちょっと怖かったです。

サラサラと読み終えましたが、あまり好みではなかったかも。

2015/03/13 20:29

投稿元:ブクログ

 これを就職面接の受け入れ側の本だと思うと肩透かしを食うが、一人の女性のある日常がたまたま就職面接の受け入れだと思えば、そうだろうなぁと思う。
 サスペンスやはらはらは無いけれど、(それを寂しく思うこともあるけど)でも、女性の日常としては、この物語としては、とても自然であるように感じた。
 ただ、エンターテイメント小説を読み慣れた身としては、やはりちょっと物足りないかなぁと思ったことも確かである。毒されてる。

2016/06/19 21:25

投稿元:ブクログ

就活する側ではなく、選ぶ企業側の内幕を一人の女性の視点から描いた作品です。たいへんだなあ今の就職って、とのんびりと他人事のように思ったりしつつ、猫カフェはなにも悪くない!とズレたことも思ったりしましたが。

神みたいじゃない、と同居人の男からいわれ女性はそれと知らず傷つきますが、まさに神のように数多の就活生を選別して好きなようにランクを付けている彼女の姿は、けれどけして神々しいわけではなく、どこまでも俗物のように感じるわけで。神のように万能感を感じている、という人間ほど愚かしいものはないでしょう…

癒しのもとの猫カフェの生理的に嫌すぎる女性のインパクトが妙にキツくてそれに引きずられた感はありますが…。

あの仰々しく、かかわる誰もが何かの演劇を演じているようなうそ寒さを感じる「就活」がかたちを変えないのは、選ぶ側が万能感を選んで楽しんでいることと、選ばれる側が手順さえ従順にこなせば良い慣習だから楽さを感じていること。この双方の都合が絶妙によい形に収まっているから、なんでしょうかね。

2015/03/18 20:39

投稿元:ブクログ

全く新し味無し。普通過ぎるというか、新卒採用ってこんなもんなの?
うちは新卒採用しないから比較しても無駄だけど、もっと生活、人生かかっている感が溢れる。
もっと、苦しいよ。応募者も採用者も。

2015/04/24 23:47

投稿元:ブクログ

新進のIT企業で新卒採用担当となった女性の駆け引きや虚勢やの日々。同棲する元部下に「神の気分か」と揶揄されながらも競合他社との熾烈な人材確保競争を勝ち抜かなければならない使命の苛酷は想像に難くないが、その点を考慮しても主人公の「主人公としての」未熟さや魅力のなさはそのままこの作品の魅力のなさに直結してしまっている。採用活動上の戦略的な執念と猫カフェのとある猫への生理的な執着を対比させる構成は少し面白い。

2016/01/17 19:45

投稿元:ブクログ

就活を描いた本として読み始めて、確かに採用担当者の話なんだけど、途中から雲行きが怪しくなっていく。あの子ってそっちかーい。
なかなかに気持ち悪く、読後感は良くはない。
でもまぁ人間ってこうやって堕ちていくよな、じわじわと。こわいね。

2015/04/04 15:34

投稿元:ブクログ

帯に書かれている「リアルぶりが半端じゃない」というのが、実際を知らないので判断つかないが、そこまで就職活動の裏ばかり描かれていたわけじゃなかった。

猫カフェで「猫を盗む」と思いついた時は、なぜかそれはやらないで欲しいと強く思った。

青田買いを断られた内定者のオチが気持ちよく、読後感が良かった。

2015/05/22 22:56

投稿元:ブクログ

IT企業で採用を担当するヒロインのお仕事小説。ブラック企業とネットに書き込まれ、汚名を返上すべく奮闘しつつ優秀な人材を確保しようと頑張るヒロインの私生活も同時に描かれていて面白かったです。はぁーとヒロインと一緒にため息をついてしまいそうでした。

2015/10/04 17:17

投稿元:ブクログ

採用担当者の話です。就活ってする方も大変ですけど、取る側もこんなに大変なんですね・・・優秀な学生だと、企業が絶対にほしいと思ってあの手この手で取ろうとしてくるんですね。凄い!今はネットで情報収集をしたりしますが、工作員?がいて、それも企業の宣伝に使われてると思うと、100%信用はできないです。

2015/04/13 10:39

投稿元:ブクログ

最近の就職は大変なんだな~とは思ってました。
娘、息子が続けて就職活動してましたから。
就職活動を採用する側から描いた一種のお仕事小説です。
ネットの氾濫により想像以上に大変みたいです。
誹謗中傷、ネット操作・ネット炎上、2チャンネル、等することがテンコ盛り。
それに主人公の恋愛と、何故か猫カフェの話が挟まり面白い展開になっています。
発表時の原題は「ザビエルが欲しい」。
これはこれで有りですね。オチが就活とは何の関係も無い、とぼけた情景なのがいいです。

2016/01/14 21:40

投稿元:ブクログ

さらーっとすぐ読めました。

が、読後は悪い。私の未来像かもしれない。

猫好き兼サラリーマン女性への同族嫌悪。

2015/02/15 22:12

投稿元:ブクログ

就活エンターテインメントを読みたいと思って読んだら、まさかの(自分にとっては)ホラーだった。表紙もちょっと怖いよ・・・。

2015/09/17 10:20

投稿元:ブクログ

採用担当者と就活生たちの戦い。

去年の派手な会社PRが裏目になり、ネットで散々叩かれた汚名を返上するために
結成された志帆子率いる採用チーム。

就活にこなれてきている学生たちに辟易しながら
他企業にまだ見ぬ優秀な人材を取られまいと
次々と新しい作戦を繰り出していく駆け引き。

小説家になり退職した居候の元部下セキ。
従順な新入社員たち、猫カフェでみつけた猫と常連。

欲求に正直になれる情熱は、
行きすぎかもしれないけど淡白な現代で結構重要かもね。

最後がちょっと雑な終わり方のような気がしたw)^o^(

2015/08/12 00:05

投稿元:ブクログ

就活の企業側の話。嫌だなこんな採用方法。掲示板を操作したり、内定承諾書を無理やり書かせるために芝居したり。人として悪。でもこれの一部は現実なのか?

21 件中 1 件~ 15 件を表示