サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

それでも前へ進む

それでも前へ進む みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

波乱万丈

2015/10/27 01:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

壮絶な人生を送っている作家の一人といっていい。まさに波乱万丈。それでも直木賞を獲り、終盤の人生が良くなったのは、運なのか、実力なのか。この手のエッセイも良いが、いちばん気に入っているのは「少年譜」に収められている「親方と神様」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/03 16:28

投稿元:ブクログ

【第一部】車窓にうつる記憶
が、ほとんどで。すでにどこかで読んだ記憶がぁ。
な、感じでしたが。
【第二部】それでも前へすすむ
は、力強かったです‼︎

三浦哲夫の『忍ぶ川』
読みたくなりましたぁ。

2016/06/03 18:35

投稿元:ブクログ

梅雨の夕暮れ
初冬に地面に落ちた葉のかさかさ音のような読後感

たまにはこういう本も、悪くないな

2015/09/27 09:51

投稿元:ブクログ

運命が人の行く末を決めるのではなく、人との出会い、己以外の情愛がその人に何かを与える。母の愛情をたっぷりと受けたことが、当人の感性になっていることを感じる「きらめく棚田」が良かった。

2015/02/12 16:22

投稿元:ブクログ

新幹線の各座席におかれている冊子
“トランヴェール”の書籍化です~
新幹線に乗ると必ず読みます~

先日初めて読んだ“Bun2”にしても
“トランヴェール”にしても
フリーペーパーの域を超えてる冊子~☆

車窓から外を眺めている
伊集院さんは何を思っているのでしょうか

夏目雅子さんの闘病と別れ

忘れずに
心に残しておくことが
供養であり
自分の再生なんだと思わされます

扉や、エッセイ毎のスケッチも
車窓からの景色を
暖かく見つめてます


長岡や秋田など
馴染みの土地が出てきたので
買い求めた一冊です
読んだ後は父へ~

2015/03/01 13:02

投稿元:ブクログ

励まされた、思いの外。
人生を歩んでいったなかでいろいろな発見がある。
辛いとき、逃げたいとき、結局1人で乗り切るしかない。

辛くても立ち向かうしかない。
そう思った。

2014/12/31 11:53

投稿元:ブクログ

日本経済新聞社


小サイズに変更

中サイズに変更

大サイズに変更

印刷


文芸評論家 縄田一男

2014/12/28付日本経済新聞 朝刊



(1)あしあと 勝目梓著
(文芸春秋・1700円)
(2)桜色の魂 長田渚左著
(集英社・1800円)
(3)それでも前へ進む 伊集院静著
(講談社・1200円)





 (1)は、作者の作家生活40周年記念の短篇(ぺん)集。官能小説の極北という見方もあるが、“官能”の2文字を取っても堂々たる小説、文芸作品で、私が今年読んだ現代小説のベスト1。


 (2)は1990年から取材をはじめ、ようやく刊行の運びとなった著者の新たな代表作。親日家として知られる体操選手チャスラフスカの激動と謎の生涯を可能な限り再現。未読の方のために詳述出来ないが、特に日本刀のくだりは興味深い。


 (3)は「トランヴェール」連載のエッセイと東日本大震災後の日本人への提言として語り下ろした「それでも前へ進む」の2部構成。後者の毅然たることばの数々が読者の胸を打つ。


このページを閉じる



NIKKEI Copyright © 2014 Nikkei Inc. All rights reserved.

本サービスに関する知的財産権その他一切の権利は、日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。また、本サービスに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

2015/02/05 19:30

投稿元:ブクログ

2部構成の生きて行く上でのこころの持ち方がさりげなく語りかけられている。自然な風景を見つめる作者の視線の先には、自然な風景と共に心の風景がそれぞれの読者に読み取れるような語り口がとても良い。

8 件中 1 件~ 8 件を表示