サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

神の時空 3 貴船の沢鬼(講談社ノベルス)

神の時空 3 貴船の沢鬼 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

2015/01/21 12:49

投稿元:ブクログ

神の時空、第3弾です。
前回亡くなってしまった少女はまだ亡くなったまま・・・。
復活させるために訪れた貴船でまたしても事件が。

結局最後まで少女は復活出来なかったのですが、次作で復活の儀式を無事に行う事が出来るのかしら?
まだまだ続きそうな感じで、早くも続きが読みたい。

2016/01/25 14:09

投稿元:ブクログ

貴船の怨霊が解き放たれて、京都が水浸しになっちゃう!? という話。
相変わらずトンデモ日本史ミステリなんだけど、でも面白いんだよなあ。つい読んじゃうw
実際、トンデモ説はおいといても、高田さんの蘊蓄は寺社仏閣参拝に行ったとき、結構役立つし。
なにより巳雨ちゃんとグリ可愛いし♪

2015/05/11 10:05

投稿元:ブクログ

神の時空シリーズ、3作目。

日本古来の神々の話になると、名前がややこしいだけに頭の中が混乱するのだが、このシリーズはまぁまぁ分かり易く説明されてる方かな。途中、付いていけなくなりそうだったけど、最後はスッキリ。
シリーズ全体のストーリーにしても、事件にしても、正直微妙、と思っていたけど、キャラとの繋がりが見え始めて、1,2作目と比べると今回は断然に楽しめた。グリも実は意外とキーパーソン(?)なのかな?気になる締め方で、次作も楽しみになった。

2015/05/07 22:44

投稿元:ブクログ

カンナ以来、作品のクオリティが落ちているのが残念でしたが、このシリーズも3作目に入ってようやく少し盛り返した感じです。
今回は橋姫伝説から貴船へと話が広がり、そこに隠されていた悲しい真実が明らかになりました。なんだかよくわからない^^;、高村皇一味の暗躍があまりなかったせいか、謎解き要素が多くて面白かったです。

2015/09/04 13:41

投稿元:ブクログ

うむ…半分寝ながら読んでいたのであまり記憶がない…

橋姫という存在については全然知りませんでした。百人一首はわりと知っていますが、あくまで遊びとしてのそれで、意味については考えたことありませんでした。
QFDシリーズで、なるほど面白い見方があるのだなあと思って、まあそれだけですが。

ところで私、ニャンゴと鳴く猫なんて見たことないですわ。

2015/03/26 07:48

投稿元:ブクログ

ホラーの部類ではないですよね。
事件と神社、そのつながりが弱い気はするんですが、それぞれ別物として十分に楽しめました。なんといっても貴船ですし。
新登場の方々は今後もストーリーに絡まってくるんでしょうか、そうすると、話は地域が限定されてきちゃうのでしょうか。次回作が楽しみです。
日本の神々は奥が深いですねえ。

2015/10/29 22:56

投稿元:ブクログ

シリーズの中で一番好き。
そして、三作目にしてようやく、
時間軸のおき方納得。
全てあわせると濃密な出来事になり、
これを一本の作品としてみると
最初に息切れしてしまうが、
それぞれ別個の作品として成り立たせてもいるので、
うまく読み進む集中力がきれずにいい。

高田氏の作品にしてはたぶんとっても
めずらしい方々にしゃべってもらっていますよ!!

そして、怒涛の結末は
すぐに次の作品への入り口に。
早く次ぎ読みたい!!

2015/03/12 18:05

投稿元:ブクログ

鞍馬→貴船と行ったことがあるので、そこが舞台だと「あの辺な!」と風景が思い出される。
裕香ちゃんとかキャラ濃いはずなのに、人間はほんと脇役に感じられる。神様がメイン。

そこが好きー。

2016/02/28 13:00

投稿元:ブクログ

このシリーズでは一番楽しめたなぁ。ウンチクと、現実事件と、神々のバランスが良かったのと、キャラがハッキリしてきたからかな?

グリちゃんの正体もきになるところ。
2016.2.28

2015/08/07 21:03

投稿元:ブクログ

神の時空シリーズ第三弾。
QEDシリーズは現実の事件を無理に神々の謎と絡ませていたが、このシリーズは怨霊を甦らせようとする影の組織と争うので、その過程で神々と怨霊の関わりを明らかにして行く。
舞台は貴船神社と鞍馬寺、橋姫、天照、素戔嗚と盛りだくさん。現実の事件も起こるがあまり盛り上がらない。展開は漫画のようだがウンチクは非常に面白い。

2016/05/09 17:20

投稿元:ブクログ

『QED』や『カンナ』などの人気シリーズを持ち、著作累計200万部突破の高田崇史氏が切り開いた、歴史ミステリの新境地『神の時空』シリーズ第3弾! 今回の舞台は京都・貴船神社。丑の刻参りで知られるこの神社で、どんな怨霊が解き放たれるのか。暗躍する高村皇に、辻曲兄妹が挑む!

11 件中 1 件~ 11 件を表示