サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

落語は人を救う 笑生十八番伝

落語は人を救う 笑生十八番伝 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/12/09 11:47

投稿元:ブクログ

誰の弟子にもなったことがないしどこの協会にも属していないけど落語家を名乗っている。
落語の世界から見たら完全なる異端児でしょうし落語家を名乗るのも許されない方かもしれないです。
それでもこの本は著者自身の生き様、たくましさが感じられて面白かった。
ただこだわりが強い分、批判めいた文章が多いのはちょっといただけなかったですね。

2014/12/23 08:43

投稿元:ブクログ

わが北海道が誇る落語家、笑生十八番さんの一代記。
いや、おもしろいの何のって夢中で読みましたよ。
十八番さんとは面識があり、岩見沢で2度高座を拝見しましたが、大いに笑わせてもらいました。
本書で、実力は二ツ目より少し上と謙遜していましたが、私には真打です(私は割と落語が好きな方ですが、へたな真打よりよっぽど…あ、いや、何でもないです)。
さて、その十八番さん、こんなに波瀾万丈な半生を送って来たとは、つゆ知りませんでした。
第一章「前座」で、十八番さんが以前、パニック症候群になったことが冒頭で明かされ、一気に引き込まれました。
当時、会社を早期退職してご夫人と花屋を始めましたが、慣れない仕事で多額の借金を背負ったのが原因でした。
症状は深刻で、読みながら思わず顔をしかめました。
借金取りにも追われ、精神的にかなりつらい時間を過ごされたのだろうと同情しました。
わらにもすがる思いだったのでしょう。
古くからの親友に占い師を紹介され、会いに行きます。
十八番さんはお金になる仕事について相談し、片っ端からこれはと思われる職種を挙げては占い師に否定されます(この行はすみませんが、笑いました)。
最後に「わたし、落語やるんですけどね」とやけくそで明かすと、占い師はこう言ったそうです。
「月に三十万円いくよ」
私はこの個所を読んで、「あっ」と声を漏らしました。
といいますのも、十八番さんは忘れているかもしれませんが、岩見沢市幌向の善光寺で行われた「ごく楽寄席」で、舞台裏に行って初めてごあいさつした時、
「これ(落語)で30万もらえるんです」
と話していたからです。
私は半分冗談として受け止めましたが、冗談ではなかったのですね。
占い師から背中を押され、落語を仕事にすることにした十八番さんは、月に30万円稼ぐための方法をシビアに検討、緻密に計算して実践していきます。
このあたりは、ビジネス書としても面白いと感じました。
少し脇道へ逸れますが、夕張出身の直木賞作家、佐々木譲さんは、サラリーマンを辞めてプロの作家になるにあたって、かなり綿密に収入を計算したそうです。
プロとして食っていくからには当然のことでしょう。
趣味を食っていけるだけの仕事にするのは、恐らく楽なことではありません。
もっとも、その根っこにはやる気と才覚がなければいけません。
苦境にあった十八番さんは自殺も考えたそうですが、「借金は六百万円ほどだったので、それで死ぬのだったら俺は六百万円の価値しかない」と思いとどまります。
なにくそ、という十八番さんの矜持が伝わってきます。
読むと、周囲からも相当助けられたようです。
そこは十八番さんの人柄も大きいと感じました。
落語好きの自分としては、十八番さんと落語との関わりについてのエピソードも楽しく読みました。
十八番さんはもともと、昭和の名人のひとり、三遊亭圓生に強く影響を受けたそうです。
ただ、寄席に行って舞台袖でふんぞり返る圓生をたまたま目撃して、ファンを止めたのだとか。
私が敬愛してやまない立川談志につい���の言及もあり、興味が尽きなかったです。
十八番さんの挑戦は、現在進行形です。
十八番さんは北大の落研出身ですが、落語家に弟子入りしたことはなく、すべて独学で落語を覚えました。
それでも落語家として、落語好きが必ずしも多いとはいえない北海道で自前の落語会を持ち、ファンを獲得して現に食っていけている。
まさしく北海道が誇るべき「開拓者」といえましょう。
ただ、十八番さんって落語がなかったら今ごろどうしていたんだろうと考えると、北海道の寒空に裸で投げ出されて子羊のようにプルプルと震えている絵を想像してわら…じゃなかった、ゾッとします。
皆さんもぜっひ読んだらいいと思います。
強く強くお勧めいたします。

2 件中 1 件~ 2 件を表示