サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

助左衛門四代記 改版(新潮文庫)

助左衛門四代記 改版 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

やっぱり

2015/11/15 09:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:usako - この投稿者のレビュー一覧を見る

おもしろい。
戦前の家制度に押さえつけられているように見えて、その中で自分を見失わず
しなやかにしっかりと自分の人生を生きる女性を描かせたら、有吉さんの右に出るものはいないのでは。
星四つか五つか迷うところですが、香華、紀の川、芝桜に比べると、少し散逸か?
ということで、星四つかな?
でも、面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/04 18:46

投稿元:ブクログ

紀州の豪農垣内家の盛衰というか隆盛を四代250年に渡って描いた大河小説。
温暖な紀州を背景に徳川から明治へと苦闘はしつつも飢饉や戦争といった悲惨な事態はほぼ起こらず、木ノ本という箱庭の中で繰り返される四代記。傑作。

2015/01/22 13:58

投稿元:ブクログ

2015年3冊目。
星4つか5つか迷うところ。
間違いなく面白いんだけど、有吉さんならこのくらい当然だよね、という気もする。
他の人なら間違いなく★5つなんだけど。
でも、やっぱり本当に有吉さんは面白い。名作。

2016/09/29 12:10

投稿元:ブクログ

7代目まで祟りが続くっていう話は本当だったけど、最後の終わり方は悲しかった。それにしても有吉さんの和歌山を舞台にした作品、何世代にも渡る家系の話、やっぱりおもしろいなぁ。男の人の力もあるけど妻の内助の功が素晴らしい。紀州徳川家の話も勉強になった。

2015/09/30 00:30

投稿元:ブクログ

解説にあるように有吉さんの小説を読むたび「どんなふうに史料を読み込み、それをどう消化して、物語を生み為したのか」と思う。まるで実際に見てきたかのような「真のにおい」を感じる描写に驚く。「女が居てへんだら家というのは成立ちませんで」っていう一文はまさに金言!この小説の内容そのものだなと思う。

2017/02/09 14:26

投稿元:ブクログ

垣内家当主代々助左衛門の歴史を描く。

久しぶりに読む有吉佐和子さんは、やはり素晴らしい。
四代の助左衛門の歴史を描いているのに400ページ程しかない。こんな少ないページで描ききれるのかと不安になるが、そこが有吉佐和子さんにかかると見事に描ききってしまう。
それぞれの助左衛門の人生が、劇的すぎず何もなさすぎない絶妙な加減に抑えてある。普通なら、あれもこれもと欲張って書いて読者を食傷気味にさせてしまう。しかし、有吉佐和子さんの盛りすぎない書き方が、リアリティを産み、作品のドラマ性も併せ持たせることに成功している。

有吉佐和子さんは魅力的な人物描写も特徴だ。
特に女性の描き方が素晴らしい。
有吉作品に出てくる女性は、言い訳や責任転嫁をしない。自分の人生に責任を持つ女性が多く、好ましい。
何かあるとすぐに言い訳したり、誰かのせいにするひとがわたしは苦手なので、有吉作品の女性たちは本当に気持ちがいい。

「助左衛門四代記」であるので四人の妻(実際は後妻もいるので五人)が出てくる。
妻たちそれぞれが個性的なことは勿論、耐え忍ぶ女性の強さ、感情を表出させずに生きる強かさなどの隠された感情を、仕草などを描いて表すことがとても上手い。

やはり有吉佐和子さんは名作家だと読むたびに思う。
今回も読みながら唸らされ、最後まで愉しめる作品だった。

6 件中 1 件~ 6 件を表示